FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
高松宮記念考察 (2006/03/25)
いよいよ本格的に春のG1シリーズが始まります


第1弾は 『電撃の6ハロンIN桶狭間』


高松宮記念です

今年の登録馬、はっきり言ってショボイです(笑)

デュランダルやアドマイヤマックスが引退して短距離路線は主役不在で混沌としています


シンボリグランかラインクラフトが1番人気になるんでしょうが…

ラインクラフトは春の最大目標はヴィクトリアマイルでしょう、ここで仕上げて来るかどうかは疑問です。

では、シンボリグラン?

イマイチ信頼置けないんですよね

CBC賞勝ち馬ですから人気にはなるんですが…

昔からそうなんだけど、前哨戦を出遅れて直線だけで鬼脚使って着順をまとめた馬ってのは本番で人気になりがちなんですが、記憶の中ではそういう馬が見事に本番で勝つと言うと、そうでもないような気がします

たいていは再び追い込み届かずとか、ひどいのによっちゃ意味不明の敗戦喫します。

4歳牡馬の短距離路線のレベルも低いですから押し出されて人気になるであろうここは安心して◎は打てません。



昨秋のスプリンターズS以降の短距離重賞戦は猫の目のように連対馬が変わってます

スワンS    コスモサンビーム  (11) サイドワインダー(1)
CBC賞    シンボリグラン   (3) カネツテンビー(12) 
シルクロードS タマモホットプレイ (4) マイネルアルビオン(7)
阪急杯     ブルーショットガン (11) コスモシンドラー(3)
オーシャンS  ネイティヴハート  (14) コパノフウジン(6)

( )は人気です、引退したサイドワインダー以外は全て1、2番人気が飛んで波乱になっています


とてもじゃないが路線の馬は中心視できません


狙うべきは別路線から挑んで来る馬

ラインクラフト   (阪神牝S4着)3ヶ月休養
プリサイスマシーン (南部杯4着)5ヶ月半休養
リミットレスビッド (フェブラリーS11着)
トウショウギア   (フェブラリーS16着)

今年の高松宮記念の勝ち馬はこの中から出ると思われます。

スポンサーサイト
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.