FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
スプリンターズS/◎サンカルロ (2010/10/02)
馬によって多少の違いはあれど消長の激しい短距離路線は余程能力が飛び抜けていない限り第一線で活躍できる時期は限られている


ざっと見渡したところ外国馬は7歳と8歳
昨年の春秋のスプリント王ローレルゲレイロは6歳
高松宮記念勝ちのキンシャサノキセキは7歳
ビービーガルダンは6歳歳


競争馬が成長曲線の上限を迎えるのは4、5歳と言われているが、今年のスプリンターズSに5歳馬は出ていない


そろそろ短距離路線も世代交代の時期に来ているんじゃないだろうか?



高松宮記念で◎を打ったサンカルロをもう一度狙ってみる

期待した高松宮記念では四角16番手から追い込むも勝ち馬から0.1差の4着で馬券圏内に届かず

サンカルロ絡みの馬券を握りしめながら吉田豊を呪いました

今回は熨斗つけて返してもらう


平坦小回りの中京から舞台は変わって直線で坂が待つ中山

何が何でもハナ切りたいヘッドライナーがいてローレルゲレイロも今度はハナにこだわる
加えてウルトラファンタジーも行きたいクチ


ハイペースは必至


サンカルロは高松宮記念後の凡走続きで程良いくらいに人気を落としている
千二経験は1戦のみですがG1で0.1差なら問題無いでしょう

馬主の社台RHは08年にはG1を4勝していますが、それ以来G1勝ちから遠ざかっている

同系列馬主のキンシャサノキセキは秋使い出しのセントウルSを使えなかったのは誤算ですし、馬主の吉田和美氏は今年既に天皇賞と高松宮記念を勝っている


競馬というのは馬主による賞金分捕り合戦ですが、ディープインパクト級の馬でも持たない限り、あれもこれも勝てる訳はないし、勝っちゃいけないもの


ワシの馬券セオリーからキンシャサノキセキの頭は買わない、買えない。


キンシャサノキセキの頭が無いなら勝つのは4歳馬と決め打ちします


4歳馬はワンカラットとサンカルロですが、常々書いているようにG1とは狙って勝つものと思っている


サンカルロ陣営は高松宮記念が終わった瞬間から秋の狙いをスプリンターズSに絞ったはず

千六よりも千四
千四よりも千二
高松宮記念の結果を見ればサンカルロがベストパフォーマンスを発揮できるのは千二戦

秋の出だしを京成杯AHでひと叩きして距離短縮で挑むのは大久保洋師の青写真どおり


ワンカラットは夏に使い過ぎた感じがします
セントウルSを使わずキーンランドCを使ったのはサマースプリントシリーズを勝ちに行ったため

余力で勝てるほどG1ってのは甘くないと思うのだが?


セントウルS組から狙えるのは、枠に恵まれ最高の競馬が出来て勝ったダッシャーゴーゴーよりも直線で前が詰まりながらも中を割って2着したグリーンバーディ


ビービーガルダンとローレルゲレイロは買わない
ビービーガルダン安藤勝は土曜札幌で領家厩舎のオールアズワンでひと仕事終えている

ローレルゲレイロは馬自身がピークを終えた


先行馬総崩れを願って、◎サンカルロの相手は3頭に絞る


◎サンカルロ
△グリーンバーディ
△キンシャサノキセキ
△ワンカラット


三連単軸1頭流しマルチ
03⇔06.08.14(18点)
スポンサーサイト
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.