負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプリンターズS/◎グランプリエンゼル (2009/10/04)
週中まではシーニックブラストで仕方ないと思ってましたが、絞り込めば絞るほどにアラが見えてきた


豪州の年度代表馬にしてスプリント部門のワールドサラブレッドランキングの1位

強い馬であることは間違いない
短距離戦線で頭抜けた馬が不在の日本勢は勝負にならないんじゃないかと思う


サイレントウィットネス、テイクオーバーターゲットの再現を見せられる恐れがある

グローバルスプリントシリーズは三カ国で優勝すれば100万ドルのボーナスが出るとか?


世界で一番強い馬が前日前売りで単勝3番人気6.9倍は美味しいと思う


美味しそうに見えるが飛びつけないのは
騎手・ザーラ



誰やねんオマエ(笑)

ガチの勝負なら主戦のアーノルドでしょうに

ザーラは本日はスプリンターズS1鞍騎乗

どんだけ上手い騎手か知らないが、テン乗りでトリッキーな中山1200コースでいきなり勝っちゃいますか?


不肖ダルマ最近は馬もですが騎手も重視してます

私事ですが昨日阪神競馬場で
ききょうS
ラブグランデー渡辺
3着

シリウスS
エプソムアーロン角田
4着

12R
スプラッシュエンド岩田
2着


騎手の腕の差というものを痛感させられたところでございます


ザーラと心中する気にはなりません


競馬がスポーツなら、直線1200戦ならば
ザーラ・シーニックブラストでいい


ギャンブルとしての馬券となると7番アタマの馬券はリスキーです


勝たれればあきらめる

シーニックブラストは馬群に沈むと決め打ちします



昨年の2、3、5着馬が出てきているが前年の同一レースで負けている馬の単勝は買わない主義です
ビービーガルダン
キンシャサノキセキ
アポロドルチェの単勝は買わない

セントウルSで鮮やかな勝ち方をしたアルティマトゥーレがあっさりの場面も考えられたが、1枠を引いた時点で評価落としました

セントウルSは外枠スタートで内の馬を見ながらの余裕があったが、今回の内枠は危険がいっぱい

先行すれば目標にされるし、控えれば前が壁になりかねない
松岡は人気薄なら大胆な騎乗が魅力ですが、1番人気背負ったスプリンターズSで1枠なら嫌ってみたい


狙い目は3歳牝馬のグランプリエンゼル
斤量考えると手が出し辛いところですが、それを差し引いても買いたくなるのは調教です

30日の坂路で50.8の猛時計
グリーンチャンネルの追い切りビデオ見てグランプリエンゼルへの評価が一変しました

もちろん調教駆けしたからといってレースでもそのまま結果が出るわけでもないが、素人目に観ても充実しているのがわかる

スリープレスナイトが脱落して混沌としている短距離戦線に新星が現れるとしたら3歳馬

前年スリープレスナイトに負けた馬から買うより未知の魅力に賭けてみたい

熊沢で勝負するんか?との声が聞こえてきそうですが、グランプリエンゼルは熊沢が騎乗して(3・0・1・0)

前走は実質4着ながら2着モルトグランデの失格により繰り上がり3着

1番人気背負いながら結果として複勝圏を外してない強運もある

G1を勝つにはただ強いだけでは勝てないってのは歴史が証明している

高松宮以降の1200重賞で1番人気を背負って1着になったのは札幌スプリントでのグランプリエンゼルのみ


2戦連続で重賞1番人気の馬が複勝圏内から外れていないのに単勝で4番人気なら勝負に出る価値がある



◎グランプリエンゼル
○ビービーガルダン
▲アルティマトゥーレ
△アポロドルチェ
注キンシャサノキセキ
スポンサーサイト

しぇばさん

ども、
ローレルゲレイロ強かったですね
セントウルの結果から中山の坂で止まると思って軽視してしまいました
高松宮以降のレースにばかり気を取られて、スリープレスナイトに勝った馬のことを忘れてました
終わってみれば至極順当な結果でしたね

たっぷり夏休みして競馬から離れてたら予想の勘が錆び付いてます(笑)
(ダルマ)
2009/10/06 | URL |(trip@-)
編集


◎アルティマ
☆ビービー
☆グランプリ
☆プレミアム
☆カノヤ

で、いきました。

シーニックはもう結構なお金もらってると聞いたのと騎手で切りました。

ローレルゲレイロが強いということがよく分かりました。

今さら遅い(笑)

やっぱり毎週やってないと分かんないですねー。
(しぇば)
2009/10/06 | URL |(trip@-)
編集


回顧 グランプリエンゼルはパドックで汗びっしょりでしたが気配は悪くなかった
好スタートして良いポジションにいたが2Fあたりで内のキンシャサノキセキに進路を横切られて位置取りが下がってしまった
短距離戦で致命的な不利を受けてしまいました
前が残る馬場で四角10番手では話にならない
真っ向勝負で負けたわけではないので次走も要注意

勝ち馬ローレルゲレイロにはびっくり
藤田の気迫逃げ
G1はやっぱり格が大事

◎を迷ったビービーガルダンは100点満点の競馬でしたが1cmのハナ差負け
結果論ですが前年敗退馬の単勝買わないで正解

アルティマトゥーレとシーニックブラストは読み通り


今日は三浦(キンシャサノキセキ)にやられた
(ダルマ)
2009/10/04 | URL |(trip@-)
編集

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2017. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。