FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
日本ダービー/◎ゴールデンチケット (2009/05/30)
【競馬は強い馬が勝つ】


【勝った馬が強い馬】


競馬の格言とはなんと便利なものかと思ってしまいますが…(笑)


皐月賞はまさに前者

強い馬が強い競馬をして勝った
アンライバルドの強さは認めています
しかし、今回の日本ダービーでの◎ではありません



【勝った馬が強い馬】
NHKマイルCのジョーカプチーノです

キングカメハメハの持つレースレコードを0.1秒更新する1.32.4の勝ち時計

じゃあキングカメハメハよりジョーカプチーノが強いのかと言えば



『やってみないとわからない』としか言い様がない



競馬は時計だけで決まるものではないという見本のようなレースでした



アンライバルドとジョーカプチーノ


2頭は何故G1を勝てたのか?


答えは簡単


【あの日、一番強かったから勝てた】


ただ速いだけでは勝てない

ただ強いだけでも勝てない


その馬の持ち味を存分に引き出せた上に[運]が向いたから勝てたと思っている


実力の拮抗したメンバーで勝ちを引き寄せるには天運も必要です



76回目の日本ダービーで天運を味方につけて一番強い馬と呼ばれるのは、どの馬か?



ワシは今回の日本ダービーで◎はアンライバルドでもジョーカプチーノでもなく
ゴールデンチケットを指名します



本来ならNHKマイルCで◎を打ち、阪神競馬場のターフビジョンに向かって吠えまくったジョーカプチーノに再度◎を打たねばならないところですが…


今回の日本ダービーは心情的なものより自分の競馬観に忠実でありたい


NHKマイルCでのジョーカプチーノは
【人気薄の先行馬】というカードを持っていた


NHKマイルCで切り札を使ったジョーカプチーノは今回はノーマークではありません


巷間言われている距離の心配はしていない

【マイル戦で強い馬が一番強い】


ただ、今回のジョーカプチーノは多少なりともマークされる立場
【人気薄の先行馬】カードはもう使えない


今回のジョーカプチーノは頭で買うには躊躇してしまう



皐月賞を勝ったアンライバルドは強かった
四角から内の馬を潰しなが走ってたように見えました
競艇で言うところの
【絞り込みマクリ】


決まり手は鮮やかですが、あの追い込み三騎を呼び込んだのは誰か?


1000m通過59.1秒
ハロンラップに12秒台後半がひとつも無い厳しいワンペースの流れを演出したのはどの馬か?



皐月賞のビデオを見直せば見直すほどアンライバルド、トライアンフマーチの末脚とともに四角回って坂の下まで踏ん張ったゴールデンチケットに目が奪われる


ワンペースラップで5F通過が59.1のハイラップを刻んで普通なら四角でリーチザクラウンとアーリーロブストと共に馬群に呑み込まれる激流を坂下まで踏ん張っていた


共に四角で隣にいたリーチザクラウンは13着、アーリーロブストは16着
跡形も無く潰れました


勝ったアンライバルドから1.6差は負け過ぎの感はありますが、潰れて当然の先行勢の中ではキラリと光る脚を見せてくれた


日本ダービーであの逃げ方はしないでしょうし、2400ならどこかで息が入る
毎日杯では控える競馬もできている


皐月賞は惨敗に見えるが4着馬からは0.9差
あんな逃げ方してあそこに踏み止まれるのはスピードと共にスタミナがあってこそ


次走の兵庫CSでスーニの追撃を振り切れるのは当たり前
その兵庫CSから中2週ながら中間で坂路52.1の猛稽古
調教後に発表された馬体重は前走比プラス17kgの496kg
全然使い減りしていない

乾いたスポンジが水を吸い込むように、今のゴールデンチケットは充実一途


管理する森調教師といえば調教助手時代に故・戸山調教師の元でミホノブルボンを鍛え上げた人物

昨年は後先考えずに皐月賞だけに狙いを絞って鍛えたキャプテントゥーレが皐月賞を勝った
騎乗していたのは川田


森=川田=社台RHのトリオは昨年の忘れ物を取り返しに来た


忘れた物はキャプテントゥーレで取り損ねた
日本ダービー


サンデーサイレンスの肌に父・キングカメハメハの馬がダートだけしか走らないと決め付けるのは早計


昇級初戦で格上挑戦の毎日杯でアイアンルックに捕まえられたが自身34.3の上がりで次走で青葉賞を勝つアプレザンレーヴの追撃を振り切った


レースのたびに強い相手との競馬を経験して成長してきた
叩いて、叩いて、鍛え上げる戸山イズムの延長線上に今日のゴールデンチケットがある


ミホノブルボンの日本ダービーは雨でした


歴史は繰り返す


金曜から降った雨は天運がゴールデンチケットにあることを感じさせてくれる
東京競馬場は土曜日不良でスタート
天気予報では日差しが回復するのは日曜日の昼あたりか?

雨で緩んだ馬場を走らされる外枠の差し馬たちには厳しい馬場設定が予想される

反対に内を行ける先行馬には乾き始めると内側から乾きだす東京コース特有の恩恵にあずかれる


天はどちらに味方する?



オマエは本気で日本ダービーでダート馬買うのか?と笑われそうですが


76回目を数えるダービーですが、一昨年ついにJRA史上初の牝馬のダービー馬が誕生した


過去に何頭もの牝馬が日本ダービーに挑戦しては跳ね返され

いつしか
『牝馬は日本ダービーを勝てない、勝てるわけがない』という説が幅を利かすようになっていた


『牝馬は勝てない、勝てるわけがない』という重い扉を遂にウオッカが開いた



昨年の日本ダービーで888.052票の単勝馬券に夢を託されたのは3番人気に推されたダート4戦4勝馬のサクセスブロッケン


過去に何十頭もの[ダート馬]が跳ね返されてきた重い扉にサクセスブロッケンが挑み3番人気に支持された


ダートのOP戦しか勝ったことのない全4戦ダートのサクセスブロッケンが3番人気に支持されて
芝重賞の毎日杯で34.3の上がりを計時した重賞2着馬が買えないってのは可笑しいじゃないか


ゴールデンチケットの[下拵え]減点材料は

・近三走にダート戦出走経験あり

この1点


人気馬ならば斬る
昨年の3番人気したサクセスブロッケンは1円たりとも買わなかった

しかし、狙った馬が人気薄なら買ってみる


ワシはゴールデンチケットがダートオンリーの馬だとは思っていないが、[ダート馬]のレッテルを貼られた馬を買うなら去年ではなく、今年のタイミングで買うべきだと思う


皐月賞のゴールデンチケットがNZTのジョーカプチーノと被って見える

ハイペースを自ら刻んで潰れた
ジョーカプチーノは1200しか勝っていないからと軽視された

今また、ゴールデンチケットはダートにしか勝ち鞍が無いからと軽視されているが、ダートにしか勝ち鞍が無い馬でも日本ダービーを勝った例はある

長い間、芦毛馬は日本ダービーを勝てないとレッテル貼られていた時代
ワシが競馬を覚えて3年目ですが、1989年の第57回日本ダービーで芝未勝利のウイナーズサークルが日本ダービーを勝った


当時のワシは競馬の初心者らしくマスコミに踊らされ先入観に凝り固まった硬直した予想しかできていなかった
買ったのは【関西の秘密兵器】と言われていた若草S勝ちのロングシンホニー


今なら逆立ちしても買わないね(笑)


マスコミにデカデカと【秘密兵器】なんて書かれた時点でアウトでしょ


秘密兵器ってのは誰も知らないから秘密なんであって、土日のスポーツ紙の一面飾る馬が秘密兵器なわけがない


ワシは週中でスポーツ紙は一切見ないことにしている
余計な先入観を排除するためです

信じるべきはマスコミの与太話ではなく自分自身の眼だと思ってる


自分で感じたことを信じないで他人が言ったこと、書いたことを信じるのか?
それで馬券外して納得できるのか?


競馬の予想でいけないのは先入観と固定観念を持って馬柱を見ること


芦毛が日本ダービーを勝てるか?

キャリア3戦の馬が日本ダービー勝てるか?

マイネルが天皇賞を勝つのか?


ハイ、鮮やかに勝ちました


牝馬も日本ダービーを勝ちました
外国人騎手も勝った、NHKマイルからの臨戦馬も勝った
逃げ馬もアイネスフウジン、サニーブライアンが勝っている


競馬の予想(特にG1)で必要なのは柔軟な思考と研ぎ澄まされた感性



1番人気に応えてアンライバルドが勝つかも知れない


しかし、ワシは大一番の前週のG1、オークスの返し馬で穴党期待の伏兵馬を放馬させるような間の抜けた騎手に日本ダービーの馬券は託せない


ワイドサファイアの手綱を離した瞬間、岩田から日本ダービーがスルリと逃げた気がします

新馬戦でブエナビスタに勝ったことで雪ダルマ式に人気になっているが、皐月賞では一旦抜け出してから2着馬のトライアンフマーチに0.2差まで詰められている
強い馬には間違いないが、無敗馬ではない

牝馬が二冠制覇したからと言って牡馬も二冠制覇できる保証なんて何にも無い


アンライバルドが四つ脚なら
ゴールデンチケットも四つ脚


競馬は走ってみないとわからない




馬主の面からもサンデーRの独り勝ちは気に入らない
本家の社台RHは今年ここまで

フェアリーS
オーシャンC
ダービー卿CT
ニュージーランドTの、僅かに4重賞勝ちでしかない


片やサンデーRは重賞9勝、うちG1は3勝(2着2回)



【クラブ競馬】と言いながら、あまりに格差が付き過ぎです


ここまで来たら日本ダービー1発で帳尻合わせをするしか無いように思える



ワシが裁判員ならば、ゴールデンチケットは物的証拠は無いが状況証拠は真っ黒けの有罪です



不肖ダルマ



揺るがぬ確信を持ってゴールデンチケットを買います


サクセスブロッケンが挑んで開かなかった扉をゴールデンチケットがこじ開けると信じて日本ダービーの馬券を買う


○ジョーカプチーノ
東京マイルG1をフロックで勝てるはずがない
自身の走りで叩き出した1.32.4は掛け値なしの値打ちがある
土曜正午現在関西は晴天
日曜日には東京も晴れるでしょう
内から乾く東京コースを味方に藤岡康太が再度波乱を呼んでくれる

▲アイアンルック
2回阪神初日の内伸び開幕週毎日杯で大外から33.5秒の脚でゴールデンチケットを差し切った末脚を評価
マイルCは不利が無くてもジョーカプチーノを捕まえることはできなかったでしょうが、Cコース変わりでも芝刈りされた馬場なら届く

△アンライバルド
岩田は勝てないと決め打ち

大負けすることは無いだろう、ゴール前を賑わすのは間違いない
友道厩舎は土曜に金鯱賞勝ち

注アプレザンレーヴ
底は見せていない
ロジユニヴァースと同居なら買わねばならない
日本の競馬は枠が走る

×トライアンフマーチ
皐月賞の上がり最速を評価
武幸四郎が小細工無しにアンライバルドを負かしてほしい



馬券はゴールデンチケットがんばれ単複馬券

本線馬券は馬連ワイド
14=9(本線)
14=17・18・2・16
三連単、三連複は適宜
スポンサーサイト




うがやさん アントニオバローズ◎お見事でした

土砂降りになったので希望が膨らんだのですが、ダービーは甘くなかった

ワシはまだまだ勉強不足です
(ダルマ)
2009/05/31 | URL |(trip@-)
編集


(^・ω・^) よかった(?)ゴールデンチケット買うのは僕だけじゃなかった!
毎日杯で素質馬アイアンルックの2着していますし、なによりダービーは2年連続で人気薄の母父サンデーが馬券に絡んでいます
今年でいうとゴールデンチケットとセイウンワンダーです

こんな美味しい馬券はないですよね!
(犬彦うがや)
2009/05/31 | URL |(trip@-)
編集


knf2さん 先入観と固定観念を排除して検討したか結果がゴールデンチケットです

他人が見たら無謀な穴馬ですが、全く展望が拓けない馬だとも思ってません

いや、ワシから見ればこれほど魅力的な穴馬はいないと思います

牡馬クラッシックは1番人気が簡単に吹っ飛ぶ流れに乗ってみます

外しても悔いが残らない予想ができたと思ってます
(ダルマ)
2009/05/31 | URL |(trip@-)
編集


ゴールデンチケットへの見解、サスガですm(__)m

乗っからせていただきますm(__)m
(knf2)
2009/05/30 | URL |(trip@-)
編集

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.