FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ダービー考察(2) (2009/05/28)
×1ヶ馬については予想上で展開します


ここでは今年の日本ダービー予想への骨格を整えておく


今年ここまでのG1勝ちは

フェブラリーS
サクセスブロッケン
(高島哲氏)

高松宮記念
ローレルゲレイロ
(ローレルR)

桜花賞
ブエナビスタ
(サンデーR)

皐月賞
アンライバルド
(サンデーR)

天皇賞
マイネルキッツ
(ラフィアン)

NHKマイルC
ジョーカプチーノ
(上田けい子氏)

ヴィクトリアマイル
ウオッカ
(谷水雄三氏)

オークス
ブエナビスタ
(サンデーR)


個人馬主が3勝
クラブ馬主が5勝


今年もJRAは
《クラブ競馬》ですな


5勝中三歳クラッシックはサンデーRの独り勝ち

勝ち馬だけじゃない
2着馬もクラブ馬のオンパレード


高松宮記念
スリープレスナイト
(サンデーR)

桜花賞
レッドディザイア
(東京HR)

皐月賞
トライアンフマーチ
(キャロットF)

天皇賞
アルナスライン
(サンデーR)

NHKマイルC
レッドスパーダ
(東京HR)

オークス
レッドディザイア
(東京HR)


今年のG1は8レース終了してクラブ馬(共同馬主)が
5勝、2着6回
三歳G1に至っては4レース中7頭が連対と兵庫県における新型インフルエンザのような爆発的な猛威をふるっている


もちろんサンデーRの馬が強いのは良血の高い馬が揃っていて社台というバックボーンがしっかりしているからで
クラッシック総なめでも不思議ではないが、それにしてもサンデーRに偏り過ぎではないだろうか?


昨年の馬主別ランキングは
1社台RH
2サンデーR
3ラフィアン
4キャロットF
5松本好雄
6近藤利一
7吉田照哉
8金子真人HD
9大城敬三
10平井豊光


所有頭数、出走回数で大手の個人馬主を凌駕するだけに順当な結果と言えばそれまでですが…


今年の日本ダービーはネオユニヴァース以来6年ぶりにクラブ馬が日本ダービーを勝つのか?
それとも6年連続の個人馬主が勝つのか?



過去11年に日本ダービーを勝った個人馬主は
98 スペシャルウィーク
(臼田浩義氏)
99 アドマイヤベガ
(近藤利一氏)
00 アグネスフライト
(渡辺孝男氏)
01 ジャングルポケット
(斉藤四方司氏)
02 タニノギムレット
(谷水雄三氏)
04キングカメハメハ
(金子真人氏)
05 ディープインパクト
(金子真人氏)
06 メイショウサムソン
(松本好男氏)
07 ウオッカ
(谷水雄三氏)
08 ディープスカイ
(深見敏男氏)


今年出走の目立つ馬主さんは臼田浩義氏(リーチザクラウン)


歴代日本ダービー馬はすべてが引退後は種牡馬になっている
アグネスフライトは今のところ種牡馬として大成はしていませんが、今年は
ネオユニヴァース
キングカメハメハ
ジャングルポケット
スペシャルウィーク
の産駒が親子制覇に向けて出走してくる


ワシら一般の競馬ファンは馬券で勝った負けたとブイブイ言ってますが、大手の馬主になると優勝賞金も大切ですが、種牡馬として価値の高めるG1を勝つことも大切


グランプリホースと呼ばれようと、
マイルCSを何勝しようと、
高松宮記念・スプリンターズSを連覇しようとも


日本ダービーの1勝には及ばない


日本ダービーとは騎手・調教師も勝ちたいレースであるとともに馬主も目の色が変わるレース

日本ダービーを勝てば社台系ならば社台スタリオンで種牡馬入り、非社台系であっても引退後はシンジケートが組まれる

下手すりゃ何十億の金銭が動くわけです、富と名誉の凝縮されたのが日本ダービー馬という称号


今回の日本ダービーに持ち馬を出走させている大手馬主はもちろんですが、種牡馬を持つ牧場、生産者も注目するダービーです


産駒がダービーを勝てば種牡馬としての評価がアップします


過去3年連続でダービー馬を出せていない社台系は今年は勝負?


社台スタリオンの種牡馬
アドマイヤボス
シンボリクリスエス
マンハッタンカフェ
ネオユニヴァース
バブルガムフェロー
キングカメハメハ
ジャングルポケット
グラスワンダー
スペシャルウィーク


橋口調教師がアイアンルックをマイル路線に、リーチザクラウンをクラッシック路線に振り分けた気がわかりますな



馬場設定について

今週から東京はCコース使用だそうです
オークスはBコース使用でした
GMさんによるとオークスとダービーで馬場設定が移動したのは初めてだそうです
短距離は内が伸びて中長距離は外差しも伸びるそうですが、Cコース開催のダービーで勝ったのはタニノギムレット、ディープインパクト、キングカメハメハ、ウオッカと決め手の抜けた馬ばかり

今回は外から差して来る馬で買えそうなのは皐月賞の1着馬くらいで、2着トライアンフマーチやNHKマイルCで不利を受けたアイアンルックには厳しい馬場設定になるかも知れない


Cコースへ変わって恩恵を受けるのはインで我慢できる内枠の馬か、先行する馬


先週オークスでも外から差してきたのはブエナビスタのみ
2着レッドディザイア以下は馬場の三分どころを真っ直ぐ伸びてきた


あのBコースから更に外側に仮柵設置だからインコース天国になりはしないか?

土曜日の東京芝コースは注意して読まなければなりません



だんだんと煮詰まりつつありますが、枠順と土曜日に馬場設定と天気予報を確認するまでは◎未定としておきます



◎ほぼ決定
○未定
▲未定
△未定
注アプレザンレーヴ


5頭までに絞れないだろうな(笑)
スポンサーサイト

もざえもんさん また考えさせる枠順になりましたね

アントニオバローズどうしましょうか…
G1馬と同居しちゃいました
枠が走るならジョーよりアントニオですが…
mixi情報ですが、JRAは外側の(も?)芝刈りしたようですね
内外同じ条件になっちゃうとアンライバルド有利になりますね
馬場いじりまくりです
土曜日のチェックは欠かせません
(達磨)
2009/05/28 | URL |(trip@-)
編集


ダルマさん♪

枠順出ましたね!!最近は目をつぶって携帯画面をスクロールして大外枠から見るようにしていますが予想通りというか、案の定、アンライバルド。

過去10年、8枠の勝利は抜群の東京適性を示していたジャングルポケットのみ、仮説で週末の雨で渋った外が伸びない馬場、すでにダービーをフサイチコンコルドで勝った母バレークイーン‥

日本競馬は枠が走るとするならば思い切って評価を下げてみます。そうなると対極の1番枠に入ったネオユニヴァース産駒が匂います。保険として青葉賞馬が同居しているのも!?

あっ、アントニオの角田が『プリンシバルSは実質の本追いきりみたいなもの』と強気な姿勢を‥皐月賞時にダルマさんが推していたのもあり買ってみたい(笑)

(もざえもん)
2009/05/28 | URL |(trip@-)
編集

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。