FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
エリザベス女王杯予想 (2006/11/12)
人気面では5戦無敗の3歳女王カワカミプリンセスと昨年の勝ち馬スイープトウショウとの一騎打ちの様相ですが、今年のエリザベス女王杯はこの2頭では決まらないように感じています

危険な人気馬はスイープトウショウ

昨年と似たローテーション、天皇賞5着からエリザベス女王杯へ
昨年勝ち馬ってのは翌年も連対するってのが基本なんですが、それでも今年のスイープには危険な香りが漂います

昨年は毎日王冠→天皇賞→エリザベス女王杯と3戦共に馬体重に大きな変動が無かったが、今年は京都大賞典が470kg
天皇賞が前走比-12kgの458kg

栗東から東京へ輸送をかけて-12kg、更にレースをしてから輸送して帰っての中1週でのG1

競争馬ってのは消耗品です

昨年と同じ体調でエリザベス女王杯に挑めないのは明らか

いかに実力馬であろうとも競争馬は(牝馬は特に)体調が命
この秋のピークが京都大賞典と仮定すれば、今年のエリザベス女王杯はスイープ本来の走りが見れないかも知れない

確信とまでは言えないが、感性からはスイープ無印の予想をしてみます

さて、かたや5戦無敗のカワカミプリンセス

西浦師にとっては秋華賞は過去にテイエムオーシャンで勝っています
この秋、カワカミプリンセスで狙うのは取り逃したエリザベス女王杯のタイトル

秋華賞は4角手前から動いて自ら先行馬を捕まえて突き放す横綱相撲の競馬っぷり

ちょっとモノが違いますね

陣営の青写真どうり(以上かも?)に順調に来れたカワカミプリンセスが連から外れるシーンは想像できない

世代交替の意味も含めて鉄板の○進呈です

勝負の◎はキストゥヘヴン

秋華賞は完敗でした
4角までモタモタ、直線も内を追い上げましたがエンジンがかかる前にゴール

位置取りとコース取りも不満ですが、なによりもフラワーC、桜花賞と連勝していた時は共に418kg

秋初戦は本番秋華賞への輸送減りを考慮して東のセントライト記念
442kgは成長分を含めても明らかに太めの秋初戦

ひと叩きして満を持して挑んだ秋華賞は436kg

数字上もレースからも春からの成長分を考慮してもまだ若干太めが残ってるようなモタつきぶりでした

4戦目で初勝利をあげたところから叩いて、叩いて良くなるタイプ馬のようです

再度の西下でどこまで絞れてくるかが問題ですが
2冠馬カワカミプリンセスを破る馬がいるとすれば
《桜花賞馬》をおいて他に無い

不肖ダルマ

もう一度桜花賞馬から勝負します

今年の3歳馬のレベルが高いと言われていますが、ならばその世代の桜花賞が弱い訳が無い

◎キストゥヘヴン
○カワカミプリンセス
△ディアデラノビア
注シェルズレイ

スポンサーサイト



コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.