FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
エリザベス女王杯の狙い目(3歳馬) (2008/11/12)
下拵えで7頭残しましたが、レジネッタやムードインディゴの頭は一切考えていません
馬券的にも無視してしまうかも?

今年の三歳で買いたいと思っているのはトールポピーとポルトフィーノだけです

キャロットFの会員でトールポピーを一口持っている★シバヒロさんからの情報ですが、同馬は前回、口向きの悪さを矯正するためにノーズバンドを付けてレースに挑んだそうです

大一番で普段していないものを付けてレースに挑むのはギャンブルです
うまくハマってくれればいいのですが、結果的にトールポピーには裏目に出てしまったようで、全くレースになっていない

あの秋華賞が実力とは思っていません
巻き返しがあって不思議ない馬

ポルトフィーノは超のつく良血馬
エリザベス女王杯っていうのは流石に牝馬のG1だけあって過去にも良血馬の妹や娘の好走例があります

ミヤマポピー
(半兄タマモクロス)

タレンティドガール
(半兄ニッポーテイオー)

タケノベルベット
(半姉リーゼングロス)

サクラキャンドル
(半兄サクラチトセオー)

ダンスパートナー
(全弟ダンスインザダーク
全妹ダンスインザムード)

アドマイヤグルーヴ
(母エアグルーヴ)

ダイワスカーレット
(半兄ダイワメジャー)

兄や姉にG1勝ち馬がいる血統馬が度々勝っています
データ揃えたわけではありませんが、エリザベス女王杯は特に良血馬が活躍するレースという印象がある

ポルトフィーノは天皇賞馬エアグルーヴの娘であり、アドマイヤグルーヴの半妹になります

血統馬・良血馬が活躍するレースですから、ここで勝たれても不思議では無い

1着があるとしたらポルトフィーノではないか?
鞍上の武豊は角居厩舎ウオッカで天皇賞を勝って勢いがある

今年、重賞で不調だった武豊ですが、元来腕達者
天皇賞をきっかけに爆発する予感もある

エルフィンSでは二走後に桜花賞を勝つレジネッタを完封していますし
負けたレースは牡馬が相手

ひと夏越えて気性面での成長もうかがえる
どんぐりの背比べ状態の3歳牝馬の中では1頭抜けた性能を持つ馬かもしれない

血統的な背景と、未知の魅力ということから3歳牝馬が勝つとすればポルトフィーノ以外には考えられない

もう一頭の気になる3歳はトールポピー

但し、1着は無いように思える
人気激減の可能性大ですから池添は気楽に乗れるでしょうが、ここまでの3歳牝馬はポルトフィーノ以外はどんくりです

うまく立ち回って2着か3着に来れたら御の字かと思う
スポンサーサイト
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.