FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
宝塚記念/◎アサクサキングス (2008/06/29)
データからはメイショウサムソンが2着を外す確率はかなり低そうです

今回出走する中でG1を4勝していて断然の実績馬で叩き三走目
天皇賞は敗れたとはいえ差し返し気味の2着
勝ったアドマイヤジュピタは宝塚記念バスして秋に備えた

安田記念勝ちのファン投票1位ウオッカも出て来ない

そういう背景があって週中の武豊の

『後が無いつもりで乗る』

なんてコメントが出ると断然の1番人気です

しかしながら
結果として天皇賞はアドマイヤジュピタの2着
ファン投票もウオッカに先着を許した2位

[2の世界]に染まり始めた馬がG1で1番人気に押し上げられる

確かにこのメンバーなら1番人気になるのは当たり前なんですが、この1番人気はメイショウサムソンが強い馬だから1番人気に推されている訳では無い

アドマイヤジュピタとウオッカが出て来ないから1番人気になったまで

本来は主役にならねばならない4歳牡馬陣のだらしなと、週末からの雨模様、武豊神話がサムソン人気に拍車をかけている

言わば押し上げられた人気馬

先週のベッラレイアと変わりありません

まあ、流石にベッラレイアよりは信頼性が高いですが(笑)

天皇賞勝っての1番人気なら文句の付け様も無いんですが、2番人気を人気どおりの2着の馬が1番人気に推されるってのがワシ的にしっくり来ません

昨年秋の天皇賞では負けるはずがないとの思い込みで単勝勝負に出ましたが、今回の宝塚記念では単勝買えない

同じ2倍台の単勝オッズでもワシから見たら雲と泥の違いがあります

あっさり勝たれてしまうかもしれませんが、馬券が博打である限り今回のサムソンの単勝は怖くて買えない

では、他の5~7歳馬でサムソンに勝てる馬がいるかと問われれば

いません

と答えるしか無いメンバー構成

勝負はやってみないとわからないが、今回の出走メンバーで、サムソンに先着できそうな5~7歳馬は皆無でしょう

旬を過ぎた馬、能力的に足りない馬、G1で掲示板に載れなくなった馬が集まってきました

唯一、雨と距離・コースを味方に善戦できそうなのがアドマイヤフジですが
フジにしたところでサムソンとの勝負づけは済んでいる
ここでサムソンに先着するとも思えない

結局、弱い世代と言われている4歳馬にしか勝つチャンスは無いように思えてきます

日曜朝の前売り時点で
2番人気アルナスライン

3番人気ロックドゥカンブ

4番人気アサクサキングス

5番人気アドマイヤオーラ

と、オッズ的にも4歳が売れてますが、真っ先に切りたいのがロックドゥカンブ

南半球産で他の4歳より成長が半年遅れということで人気になってます

休み明けの目黒記念で大きく期待しましたが
休み明け、斤量差は考慮に入れてもゴール前でフォルテベリーニに迫られた姿を見てしまっては、ひと叩きしたからといって宝塚記念では買えません

弱いと言われる世代に未来永劫半年分成長が追いつかないということが目黒記念でわかった(笑)

岩田がエイシンデュピティよりこちらを選んだだけに軽視してはいけないのでしょうが、菊花賞で先着されたアルナスラインに再度先着された目黒記念からは、今回もロックドゥカンブよりはアルナスラインを上に見ます

2番人気がアルナスライン
メトロポリタンSの勝ち方を見た時に宝塚記念に直行なら過剰人気になるだろうから消しと思ってましたが、中に目黒記念を使ってきました

臨戦過程は理想的

しかし、目黒記念でホクトスルタンに先着を許したのはワシ的には致命的です

ホクトスルタンあたりに先着できない馬がどうしたらアサクサキングスに先着できるのよ?

《競馬は強い馬が勝つ》と言われ
《勝った馬が強い》とも言われてます

過程はどうであれ、菊花賞を勝ったのがアサクサキングス

メトロポリタンSを勝ったのがアルナスライン

アナログ的な考えですが、G1には目に見えないの掟というものがあると思っている

ハンデG3戦じゃないんだから、ここでアルナスラインは勝ってはいけないし、ましてやアドマイヤオーラなんてのは論外

すべてを考察して今回メイショウサムソンに先着できる可能性のある馬はアサクサキングス以外は有り得ない

牝馬に負けたダービー2着馬のレッテルは終生つきまといますが、現4歳牡馬の中ではダービー最先着馬にして菊花賞馬

アサクサキングスがG1で通用しない限り現4歳牡馬は今後もG1では要りません

ダービーが488kg
菊花賞が488kg

休み明け大阪杯は504kgの余裕残しながら59kg背負って善戦し、叩いた天皇賞で1番人気に期待されましたが、500kgで出てきました

天皇賞は力負けと言うよりは太めが残っていたように思えてならない

今週のグリーンチャンネルの調教を見ると非の打ちどころが無い完璧な仕上がりのようです

素人に何がわかると笑われそうですが、レースに行って走る走らないは別にして、追い切りに関しては素人目に見ても良いものは良い

他の馬とは躍動感が違います

絞れていれば好勝負は必至です

ローテーションは大阪杯→天皇賞→宝塚記念と王道路線

人気は激減の4番人気

天皇賞を負けた馬が押し出された1番人気と

アサクサキングスで勝負に出る条件が揃いに揃い過ぎた感がる

不肖ダルマ

極めれば馬単は1点でいい

マルチ馬券なんぞクソでもくらえってくらいの確信がある

自身の理論が壊滅的になって終わった春のG1戦線ですが、最後の最後まで自分の理論に忠実に馬券を買います

メイショウサムソンが勝てばそれもよし

メイショウサムソン、アサクサキングス以外の馬が勝つようであれば残念ながらこのブログにも寿命が来たということです

雨が降り続けばワシの馬券は無惨に散るでしょう

それでも、ワシは勝たねばならない馬を買います

長い間ありがとうございました

◎アサクサキングス
○メイショウサムソン
△アルナスライン
×アドマイヤフジ
×エイシンデュピティ
×アドマイヤオーラ×ロックドゥカンブ

馬券は◎→○△の馬単
三連単は×印は3着固定

スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます
()
2008/07/01 | |(trip@)
編集


管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます
()
2008/07/01 | |(trip@)
編集

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.