FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
秋華賞予想 (2006/10/15)
春の実績馬が順調に夏を越して秋を迎えた3歳牝馬路線

ならば春の実績がそのまま結果につながります

クラッシック馬が陣営の描いた青写真通りに秋華賞を迎えたなら桜花賞とオークス馬のワンツーになる

摩訶不思議なことに1番人気は桜花賞2着、オークス4着のアドマイヤキッス

《人気はあちら、お金はこちら》の典型的な例
これまで何度となく繰り返されて来た光景ですな

ローズSの勝ち馬ですから評価されがちですが、トライアルはあくまでもトライアル

まして今年は中京開催でしたからいつもの年の秋華賞トライアルとは別物と考えたい

桜花賞馬もオークス馬も出ていないトライアルを見た目は鮮やかに勝って人気背負ってくれるならこんな美味しいことはない

勝つのはキストゥヘヴン

同じG1ながら桜花賞とオークスのどちらが格上かと問われれば文句無しに桜花賞

秋華賞は旧エリ女の時代から桜花賞馬とオークス馬がともに出走してくれば圧倒的に桜花賞馬が先着しています

京都二千内回りは先行有利と思われがちですが、秋華賞はさすがにG1だけあって3角から動きがあります

流れが速くなって桜花賞馬のスピードが生きてくるレース
4角からヨーイドンの府中でのG1馬よりは桜花賞馬に向くレース

追い込み脚質のキストゥヘヴンには絶好の1枠1番
スタートして2角まで他馬を先に行かせればスンナリ外目を追走できる

1番人気背負ったアドマイヤキッスや無敗のオークス馬カワカミプリンセスは必ず先に動く

安いメンバーとはいえ牡馬相手のG2で0.4差に迫ったセントライト記念は明らかにここへのひと叩き

どのレースも全部勝てるような化け物馬なんてそうそう出現しません
G1ともなれば各陣営はレースに合わせて馬を仕上げてきます
キストゥヘヴンはエリザベス女王杯よりは明らかに秋華賞狙い

トライアルで稼ぐ馬・陣営てのは常にトライアル勝負です
馬の仕上がり・ピークを考えれば、今回の人気上位馬3頭の中でどの馬が秋華賞に1番近いのはおのずから明らかです

アドマイヤキッスがキストゥヘヴンに先着できるとは到底思えない

アドマイヤキッスの評価は3番手以下

難しいのはカワカミプリンセス
西浦調教師はテイエムオーシャンでぶっつけ本番を成功させ休み明けの仕上げのノウハウは心得ています

しかもまだ負け知らずのカワカミプリンセス

本来なら◎を進呈してもいいのですが…

テイエムオーシャンは桜花賞馬でした

桜花賞馬の素質が秋華賞を勝たせたとも看れます

連勝中の馬に土がつくのはえてして休み明けでもあります

勝つのがキストゥヘヴンと看てますから、2着に収まるのはカワカミプリンセス

3強で人気を分け合うレースてのはそのうちの2頭で決まる傾向にある

3頭ボックスなら確率は高くなるが、それでは博打の醍醐味が無くなります

ここは己の3歳牝馬観に賭けてみます

◎キストゥヘヴン
○カワカミプリンセス
×アドマイヤキッス
×アサヒライジング
×シークレットコード
×フサイチパンドラ
×ソリッドプラチナム

なんのことはない
G1馬での1・2着

3着予想には
桜花賞2着、オークス2着、阪神JF2着のG1の2着馬と古馬牝馬重賞の勝ち馬

ブルーメンブラッドやサンドリオンなんて1円もいらない

格が違う

どのくらい違うかと言うと水戸黄門と田舎じじいほどの違いがあります(笑)

馬券は馬単・馬連の1点でよろしい

三連複は軸2頭流しの5点

三連単は1・2着固定のフォーメーションで5点

不肖ダルマ

天国に一番近い男であります

万感の想いを込めて4角から『ヘヴン!』と叫び続けます

親鸞上人の御加護がありますように・・・

      南無阿弥陀仏

スポンサーサイト

おみごと 予想は実におみごと
結果はhttp://blog10.fc2.com/image/icon/e/732.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">
田舎じじいはワタシですhttp://blog10.fc2.com/image/icon/e/708.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">
(スカット)
2006/10/15 | URL |(trip@v6af..5Y)
編集

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.