FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
NHKマイルC覚え書き (2008/05/12)
1着ディープスカイ
2着ブラックシェル
3着ダノンゴーゴー

1番人気のディープスカイが直線伸びて1分34秒2(上がり最速33.9)で快勝

9Rでオペラブラボーが内を突いて伸びて勝ったあたりで馬場が急速に乾いていたみたい
東京コースは排水システムの関係から乾く時には内から乾く
内が伸びる馬場を見逃さずインを回った四位、後藤浩、藤岡佑のワンツースリー
9Rでイン突いて勝った岩田もイン突きましたが、サダムイダテンは結果的に体重を戻し過ぎたか?

インを突いて勝ったとはいえディープスカイは完全にデキてました、実力通りの勝ちですね
昆調教師は昨年のローレルゲレイロでの敗戦を教訓に皐月賞はパスしてここ一本勝負が決まりました
G1はやっぱり狙って奪るもの
条件が揃った馬に天も味方しての順当勝ち

2着ブラックシェル、パドックではA評価
筋肉の付き方が違いますな…
しかし馬券は買ってない
最後の最後まで馬場の呪縛から逃れられなかった凡ミス(ブラックシェルとサダムイダテンと迷って後者を選んだ)

3着は最後にインを突いたダノンゴーゴー(上がり2位34.2)
これは見切ってたからあきらめがつく
しかし重要勝ち馬はやっぱり違うね

最後まで馬場にこだわってしまった
9Rあたりから乾いてきてるのがわかっていながら、内枠の馬を軽視してしまった

押さえ馬券で買った馬連はディープスカイからエーシンフォワードとサダムイダテンの2点のみ

外を回った馬は壊滅でした

◎ダンツキッスイは逃げられず
ゴスホークケン内田がスタートから気迫のハナ取りで藤田も控えて2番手におさまった時点でアウト

仮にハナ切っていても今日の馬場ではディープスカイには100回やっても先着は無理でしょう

負けるべくして負けた一戦でした

馬の回顧はどうでもいい
的確なレース回顧は他所のブログ見てください

天気が急速に回復しているのにダンツキッスイにこだわってしまったのが第一のミス

直前にビビッて押さえ馬券を中途半端に馬連2点しか買わなかったのもミス

ミスにミスを重ねては馬券は当たりません

評価できるのは、ファリダットとゴスホークケンは一円も買わなかったことくらいか(笑)

◎ダンツキッスイについて

ブービーに惨敗でしたがパドックは悪くなかった
ハナ切れないと一円もいらない馬だというのがわかっただけが収穫か(苦笑)

しかし、次走以降も悩ましい存在であるのは間違いない
馬体からはマイルより中距離で通用しそうな感じです
必ずどこかで穴を出す

○エーシンフォワードについて

パドックは及第点でしたから馬券を買いましたが、買った後の本馬場入場時にはイレ込みがきつかった
ゼッケンのあたりが汗で白くなってた…
デキと馬場が敗因

ていうか、馬券的な○はディープスカイでした

◎ダンツキッスイは土曜日夜、日曜日の朝の時点では間違いではない

ミスったのは馬場読みと、ディープスカイの単を押さえなかったのが最大のミス
スポンサーサイト



コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.