FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
天皇賞/◎アイホッパー (2008/05/03)
奇をてらった訳ではありません

ダービーと天皇賞(春)は特別なレースだといいます

長い歴史の中でダービーと天皇賞(春)においてクラブ馬が勝つことはなかった

その重い扉をこじ開けたのが社台RHのネオユニバース

今また、社台系のサンデーRのアイホッパーによって天皇賞(春)の重い扉がこじ開けられるかも知れない

昨年の春天を思い出して欲しい
ワシは7歳馬で1番人気に祭り上げられたアイホッパーは勝てないと踏みました

去年のアイホッパーは3600?のステイヤーズSと年明け初戦3000?の阪神大賞典を連勝して天皇賞に駒を進めて単勝3.8倍とはいえ、ダービー馬メイショウサムソンを抑えて1番人気

レースは出遅れて最後方からの競馬を強いられて、4角13番手からメンバー最速の34.2の上がりタイムを計時してハナ・クビ・半馬身差の4着

勝ったサムソンとは時計にして0.1秒です

勝てなかったのか、

勝たなかったのか?

ワシが競馬を覚えてから、クラブ馬というのは大抵が人気で飛んで人気薄で激走するものだと、馬券を通じて身に染みついている

ワシ的に言うと、昨年のアイホッパーは
【勝ってはいけないシチュエーション】でした

しかし、今年は違う

齢重ねて8歳になりました
すでに世間の評価は

【過去の馬】

本当にそうか?
ディープインパクトに敗れた06年の0.5差は仕方ないが
05年スズカマンボに0.2差
07年メイショウサムソンには0.1差

生粋のステイヤーで3000?超のレースでは必ずゴール前を賑わしてきました

昨年の天皇賞のレース中に骨折したそうです
長い休養明けの京都記念は大幅な馬体重増に加えて明らかな距離不足ですから惨敗も理解できます、ワシもまったくのノーマーク

叩いて2戦目の阪神大賞典では絞ってきてのベスト体重
ワシはパドック見ましたが腹が巻き上がり気味でした

結果はアドマイヤジュピタは捕まえきれなかったが、ポップロックの追撃は交わしての2着死守

清水出師は3000?戦の阪神大賞典で、きっちり仕上げてきました
阪神大賞典がこの春一番の勝負なら今回の天皇賞はいりません

しかし、アイホッパーの持ち味を発揮できるレースはこの春は阪神大賞典と天皇賞の二鞍

宝塚記念では1円も買うべきではない馬です

阪神大賞典後の調整次第では天皇盾をも狙える地力はあるし、それだけのメンツです

過去3年の天皇賞のビデオを数回見直しましたが
05年の藤田はほぼ完璧な騎乗
06年は相手が強がったこともありますが、騎手が福永で前が詰まった駄騎乗

福永の長距離実績は惨憺たるものです
06年の0.5差は多分に騎手の差でもある

07年も出負けして後方からの競馬
最後の直線を向いた時点で後方4、5番手から大外を回して伸びたが時既に遅し

3000?を超える長距離戦の騎手の占めるウエイトはかなりのものです
今年は全8勝中6勝を挙げている手慣れた藤田で参戦
藤田は長距離戦で大外回すような乗り方はしない騎手です

8歳という年齢ですが、アイホッパーのデビューは3歳の6月
クラッシック路線とは無縁の競争生活のスタート

これまで海外を含め全28戦
ちなみに今回の有力馬の出走回数は
4歳
アサクサキングス11戦
5歳
メイショウサムソン22戦
アドマイヤジュピタ12戦
7歳
ポップロック30戦

アイホッパーよりも出走回数が多いのは
40戦アドマイヤモナーク
36戦トウカイエリート
32戦サンバレンティン
31戦トウカイトリック

比較してアイホッパーの28戦は8歳にしては少ない部類でしょう

頑なに長距離戦を選んで大事に使われてきたから消耗度も高くない

単純に8歳だからと斬って捨てる気にはなれません

今年はローカル戦とはいえ小倉大賞典を10歳のアサカディフィートが勝ってます
今年行われた1800?以上の古馬重賞(ダート戦、牝馬限定戦を含む)での年齢別勝ち鞍
4歳4勝
5歳2勝
6歳3勝
7歳5勝
8歳1勝
9歳0勝
10歳1勝

強いはずの明け4歳は
京都記念
アドマイヤオーラ
中京記念
タスカータソルテ
大阪杯
ダイワスカーレット
福島牝馬S
マイネカンナ

中長距離別定戦を勝った牡馬はアドマイヤオーラ1頭のみという惨憺たるもの

逆に6歳以上の健闘が目立ちます。

今年のJRAのテーマは【クラブ競馬】

サイン派が泣いて喜ぶくらいG1はクラブ馬の連勝です
フェブラリーS・サンデーR
高松宮記念・社台RH
桜花賞・社台RH
皐月賞・社台RH

皐月賞は流れに逆らって個人馬主の馬を狙いましたが、嘲笑うように社台RHのワンツーで決まってしまった

勝負事は[流れ]と[勢い]に乗るべきだと痛感しました

JRAが、今年はクラブ馬が勝ってもいいよと言ってるに等しい

不肖ダルマ

これでもかっ、てくらい勝ち続ける社台系のクラブ馬で勝負してみます

前年1番人気馬が0.1差で負けて長期休み明けを叩いて3戦目
一番条件の合うレースを迎えて年齢を理由にここまで人気を落としたなら買ってみる値打ちありとみました

7歳で1番人気が、8歳なら9人気(前日17:30時点)ですか…

年寄りバカにしてるとエラい目にあうぞ(笑)

◎アイホッパー
○メイショウサムソン
×アサクサキングス
×アドマイヤジュピタ
×トウカイトリック×アドマイヤモナーク
×ドリームパスポート

昨年は2頭出走したG1馬の枠で枠連は決まりました
今年もG1馬が2頭
アイホッパーから買うから相手は8枠と5枠に絞る
トウカイトリックとアドマイヤモナークは三連系の3着づけ

馬券は予算の半分で単複を2:8の割合
残り半分の予算を馬単と三連系で勝負

スポンサーサイト
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.