FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇賞考察 (2008/04/30)
★アイホッパー
★アサクサキングス
★アドマイヤジュピタ
★メイショウサムソン
★ポップロック

下拵えで5頭まで絞れました
5頭ボックスの三連複を100円づつ買っておいてもいいかなって感じですね

ここんとこ絞った後の最後の選択で間違えて勝ち馬逃がしてます

ま、いつも当たればこんな苦労もしませんが、ここからが予想の醍醐味
ワシなりに診た各馬の長所と短所を述べてみます

★アイホッパー
過去3年連続して天皇賞(春)に出走して
05 3着(0.2差)
06 4着(0.5差)
07 4着(0.1差)

3000?以上のレースては
(3.2.1.3)
着外3Rですが、内2Rは春天で4着が2回
騎手・藤田で3000?以上のレースでは(1.2.1.0)
今年の出走馬の中では屈指のステイヤー

マイナス点は8歳という年齢
過去10年で8歳馬は(0.0.0.8)

★アサクサキングス
過去10年で8勝の4歳馬
(テイエムオペラオーが連覇してるから他の5歳以上ではイングランディーレのみ)

しかも春天に直結すると言われる菊花賞馬
年明け初戦の大阪杯をプラス16kg、ひと叩きしての臨戦は菊花賞と同じパターン
メトロポリタンSを圧勝したアルナスラインから寸法を計ればここはアッサリでもおかしくない

ダービー2着で菊花賞勝ち馬、休み明けひと叩きして本番と、絵に描いたような理想的な天皇賞(春)勝ち馬候補

マイナス点は速い上がりの勝負になった時の不安と、牝馬にダービーを勝たれた世代の代表だということ
大阪杯でも牝馬に負けている

牝馬に負けた馬が古馬最高の栄誉を手にできるのか?
天皇賞勝ち馬の条件は十分に揃ってる

しかし、ダービーのビデオを見る度に、この馬が天皇盾を手にしていいのか疑問が残る

★アドマイヤジュピタ
前哨戦阪神大賞典で待望の別定G2勝ち
3歳時にこれからという時に骨折してクラッシックとは無縁でしたが、復帰後は順調に階段を上がって堂々天皇賞挑戦です
前に位置できて上がりタイムもしっかり、阪神大賞典は上がり5Fを59秒でまとめているだけにスローに流れてラスト5F勝負の叩き合いになればアサクサキングスに先着は可能

マイナス点は騎手・岩田
菊花賞を勝ってますが、個人的に3000?超のレースでは信頼感が薄い
阪神大賞典は流れが完全に向きました

今回はホクトスルタンの逃げに、岩田がどう対応するか?

★メイショウサムソン
昨年は距離に不安を感じて無印にして失敗
今年は臨戦過程に疑問が残ります、JCと有馬記念は疲労として片付けても、大阪杯の負け方がいただけない

この春の最大の狙いは天皇賞でしょうから大阪杯は度外視しなきゃいけないんですが、高橋成師が今年未だ勝ててないのも不安材料

ダービー前から使い詰めで放牧に出さず厩舎に置いて調整する高橋流が正しいのかどうか?

ヒシミラクルやスペシャルウィークの例があるだけに、昨年の勝ち馬でもあり捨て切れないが重い印は打てない

★ポップロック
5歳~6歳春がピークだったのではないだろうか?
京都の3200戦でテン乗り内田博は期待よりも不安が大
スポンサーサイト
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。