FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
桜花賞/◎ソーマジック (2008/04/13)
今年も桜花賞の季節がやってきました

毎度のことですが、G1、特に桜花賞はデータ抜きにして自分の直感を信じて◎を打ってます

今年の桜花賞で一番魅力のある馬は
ソーマジック

アネモネS勝ち馬は桜花賞で通用するのは稀ですが、今年はアネモネS勝ち馬でも通用しそうなメンバー

デビューからダートを使われて平凡な成績でしたが、芝に変わった途端に2連勝
初芝の春菜賞は好位につけて抜け出した上がりの3Fはすべて11秒台
上がりの早い東京コースということを考慮しても優秀です

アネモネS当日は雨の影響で芝のレースは軒並み時計が掛かったコンディションでのレース

ソーマジックの強さを感じたのは
16頭の馬群の外々を追走して直線も外から差して突き抜けた勝ちっぷり

凄みさえ感じました

競馬を時計で判断するならソーマジックの持ち時計は平凡です

しかし、ワシは時計よりもレースでのインパクトを重視する

過去に桜花賞で◎を打ってきた馬と遜色ないイメージを持っています

関東馬で初の長距離輸送が問題ですが、田村康師は度々関西遠征で実績は積み上げてます
ソーマジック自身が輸送に耐えて体調を維持できていれば、今年のメンバーなら勝てる

強い馬は初コースを問題にしません

単純に強い馬は強いと考えてソーマジックで勝負します

◎ソーマジック
○エイムアットピップ
△オディール
注トールポピー
×シャランジュ
×ベストオブミー

人気のリトルアマポーラですが
過去の桜花賞勝ち馬で2勝目が500万下の平場戦だった馬は少なくともワシの記憶にはありません

クラッシックを勝つ馬ってのは平場戦なんて使わないし、使っても勝たない

クラッシックホースにはそれなりの戦歴・戦績が必要です
過去にアネモネS勝ちの馬が桜花賞を勝ったことはありますが、戦績に平場戦勝ちがある馬は只の1頭もいない

リトルアマポーラが新たな歴史を作るならワシの理論が崩壊する時ですが、それほどの馬とも思えない

上位3頭でリトルアマポーラは一番危険な人気馬だと思います

ブラックエンブレムは早めに輸送して関西滞在ですが、中間に早い追い切りがゼロ
最終調整も馬なりというよりもダクのみといった調整です
とてもじゃないがG1で勝ち負けできる状態では無いと判断します

ソーマジックの馬体重が二桁増減未満なら単勝と◎○馬連で帯狙いの勝負です。

スポンサーサイト



コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.