FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
馬券作戦 (2008/02/25)
24歳から競馬を覚えて20余年

枠連から始まった馬券は馬連となり、月日を数えて三連複から三連単と、いろんな馬券を試しては変えてと首尾一貫しない出たとこ勝負でした

レースにあわせて臨機応変に対応すると言えば格好いいですが実情はその場しのぎの駄馬券が多い

ある時は果敢に、またある時は無謀な馬を軸にして楽しんできました

三連単馬券なんて【遊び】の最たるものですね

【遊び】としてやってきた競馬てすが、気がつけばドップリ嵌って抜けられなくなってます

ワシの場合、競馬はライフワークです

【遊び】であろうと競馬は博打です
博打は勝たないとおもしろくない

100円でもプラスで一日終われば気分は良い

性格的なものもありますが、多点買いに抵抗があるわけですよ
三連単は当たればデカいんだけど、ワシの馬券の買い方では的中するのは20回に1回くらいてすか?

資金が保たないし、なにより、単純計算でも19回馬券外すわけですな

精神衛生上非常によろしくない(笑)

競馬の醍醐味は自分の選んだ馬が勝つことにある
それが人気薄ならなおのこと楽しい

しかし人気薄の単勝を当てることも難しいのですが、それを買うことにも度胸が必要なわけです

・多点買いしたくない

・的中の楽しみは味わいたい

・単勝は難しい

・度胸がない(笑)

必然的に買える馬券は【複勝】になります

【複勝】で回収率100%越えるのは至難の業やも知れませんが、今は的中癖をつけたい

三連単や馬連、単勝より的中が容易なのが複勝です

複勝も当たらないのでは単勝も馬連もワイドすら当たらない

競馬に向かえる時間に限度があるなら、一番当てやすい馬券で自信を取り戻す

今のワシは出会い頭の三連単万馬券より自己確信を持って買う1.5倍の複勝を的中させることに競馬(馬券)の喜びを見いだしたい

平原綾香の曲の
《Jupiter》にこんなフレーズがある

『夢を失うより悲しいことは
自分を信じてあげられないこと』

自分を信じて選んだ馬でなら
勝つも負けるも本望です

 
スポンサーサイト
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.