FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経新春杯/◎アドマイヤジュピタ (2008/01/20)
4、5歳馬が強い重賞なんで、そこから選べば自然にアドマイヤジュピタ

1番人気馬に◎打つってのは安全策のようですが先行力があって切れる脚が使えるジュピタが総合的に判断すれば一番欠点の無い馬
昨年の1番人気フジのような競馬はしないでしょう

相手筆頭はトウカイエリート
個人的な思い入れもありますが、昨年2着でもあります

距離、斤量関係なく相手なりに走ってくる
ローテーションからひと叩きしてここ狙いは明らか
松元省師は2月一杯で勇退ですからここが最後の重賞になりそう
トウカイテイオーの血統で最後を飾らせてあげたい

単穴にオースミグラスワン
鳴尾記念上位組がその後の重賞で結果を残していることから、0.1差だったオースミもやれなくはない
こちらもローテーションに余裕がある

連下にマキハタサイボーグ
中山コースが向いた感もありますが57kg背負って四角手前からロングスパートで押し切って勝つのはフロックではない
叩き良化タイプだけに更に上積みがあれば

重賞ってのは狙って奪るものであって、長距離戦が合うからといって三千走った後の中2週で出てきた万葉S組みはローテー的に斬る

◎アドマイヤジュピタ
○トウカイエリート
▲オースミグラスワン
△マキハタサイボーグ
柱ウインボールド
スポンサーサイト
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


「★JRB競馬マニュアル★的中率は3Rに2Rは的中!12戦全勝も何度も達成 「JRBとは」」2008/01/21 | 競馬必勝法

ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。