FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有馬記念考察~消耗戦 (2007/12/21)
宝塚記念とJCでメイショウサムソンに先着して勝ったアドマイヤムーンは引退

菊花賞勝ちのアサクサキングスは回避で宝塚記念・JC・菊花賞の勝ち馬の名はありませんが

今年のG1を盛り上げた3歳牝馬
ウオッカ
ダイワスカーレット
春秋のマイル王
ダイワメジャー

春秋の天皇賞連覇した
メイショウサムソン
など、有馬記念の役者にはふさわしいキラ星たちが参戦します

データならメイショウサムソンが一番減点材料の少ない馬

秋3戦目
秋にG1勝ち
JC1番人気
武豊連続騎乗3戦目

秋にG1を勝っているということはポップロック、ウオッカよりも有利な材料

過去の有馬記念好走馬のローテーションから天皇賞→JCと王道路線を歩いてきたのはダイワメジャーよりも買い気をそそられる

実力が飛び抜けた馬で無い限り、有馬記念は[消耗度]の戦いになっているのは過去の歴史をみても明らか

天皇賞(秋)、JCと連覇できた馬はほぼグランプリホースになってますが、
そうでない馬は秋のG1シリーズのどこかで着順を落とした馬がグランプリを制している

天皇賞(秋)、JCとレベルの高いレースで続けて死力を振り絞って頑張った馬は目に見えない疲れが懸念されます
ポップロックは京都大賞典から始動して、天皇賞で不利を被りながらも直線で伸びようとして4着

叩いて3戦目で距離面からは秋最大の目標であったであろうJCではインを突いたアドマイヤムーンに僅かに及ばず2着

昨年2着した有馬記念で期待されますが、昨年とは臨戦過程が違い消耗度の高いレースを繰り広げてしまいました
安定感では定評のあるポップロックですが、秋4戦目
今回は厳しい戦いになるような気がします

春秋のマイル王ダイワメジャーも秋4戦目で有馬記念
宝塚記念、天皇賞(秋)の結果から見れば、やはりベストの距離はマイル戦ではないか?
マイラーが通用する有馬記念ですが、それは流れが緩やかになって上がりの競馬になった時だけ

今回の有馬記念は先行勢に有力馬が揃ってます
また揃いも揃って内枠を引いてしまい相手の出方を見ながらのレースになりそう
先行各馬に腕達者が揃った感がありますし、微妙な駆け引きも繰り広げられるでしょう
ポップロックとメイショウサムソンはスタミナが生きる流れに持ち込まねば勝ち目は薄い

三角あたりからのラスト4F、あるいは三角前からのラスト5Fの底力勝負になれば上がり3Fで勝ち負けしてきたダイワの兄妹には厳しいゴール前が待ち受けます

昨年からひとつ着順を上げるのもどうかといったところですか…

ファン投票第1位のウオッカはよりによって大外16番
枠順からはJCと同じように末脚勝負に賭けるしかないか?
ただ、週末の関東は雨予報

宝塚記念での走りから馬場が悪化すれば危険な人気馬になりかねない
JCでは見せ場たっぷりの4着でしたがゴール前50mでは脚が止まりました
雨になって小回りの中山で外ブン回しでは掲示板もあるかどうか?

大外枠引いた時点でウオッカの有馬記念は終わりました。

消耗度からの穴馬はロックドゥカンプ

夏を休んで秋初戦のセントライト記念を快勝
主役不在とはいえ菊花賞では1番人気背負いました
騎手も馬も初距離の京都の三千戦で直線で行き場を失う不利を被りながら最速の上がりを計時

今回はM・キネーンに鞍上強化と三歳牝馬並みの53kg
先行できる脚質で雨も苦にしない

押し下げられるように6番人気あたりでしょうか
秋三戦目で程よいローテーション

菊花賞最先着馬ですから狙ってみる手はある

スポンサーサイト
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


「-」2007/12/22 |

ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。