FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋華賞/◎ベッラレイア (2007/10/14)
三歳牝馬三冠目のレースですが、稀にみるハイレベルなメンバーが揃いました



G1馬が4頭



しかもダービー馬がいて、もうこの先ワシが生きてる間でこんな豪華なメンバーの秋華賞は見れないでしょう


G1馬4頭差し置いて◎はベッラレイア


出てくれば桜花賞でさえ◎を進呈しようと思っていた馬
それほどに新馬戦のレースでインパクトを与えてくれた馬です。

春は除外の連続で使いたいレースを使えず賞金加算ができず調整にかなり苦労したようです


背水の陣のフローラルSで鬼脚使わされたところでピークだったのでしょう、ダイワスカーレットとウオッカのいないオークスは勝たねばなりませんでしたが、九分九厘手にしたG1タイトルは福永にすくわれてしまいました


ベッラレイアが負けたというよりも、秋山で負けたと言わせてもらいます


“タラレバ”を言ったところで春は運に見放されたベッラレイアですが、ひと夏超えてのローズSでは鞍上に武豊を迎えてのプラス18kgで2着
レースではダイワスカーレットを差し切れませんでしたが、最後の直線で2着を確保した後は武豊も本気では追ってなかったように見えました



トライアルのローズSは阪神の1800外回り
ダイワスカーレットが大名逃げかましての上がりのレース

言わばダイワスカーレットのためにあったような条件設定

コース替わりしてG1の舞台ならダイワスカーレットには先着できるとみてます


ダイワスカーレットは桜花賞を勝った後にオークスを回避
秋の初戦からある程度は仕上げて来ての完勝

ダイワスカーレットの競馬は前づけして自分のペースに持ち込んで上がりの勝負になれば、無類の強さを発揮します、

ローズSは逃げイチでの展開面のアドバンテージがあったが、
秋華賞で同じようなレース展開になるとも思えない


桜花賞馬ですから無様な競馬になるとは思えないが、少なくともこれまでのような楽な展開は望めないとみてます


本来なら1番強いのはウオッカでしょう、牝馬でダービーを勝つという規格外の馬

凱旋門賞狙っていた馬が秋華賞あたりで負けるはずが無いのが

[競馬の格]

というもの


しかしダービー馬であるがゆえに過去のダービー馬の秋の緒戦がよみがえってきます

宝塚疑念を使って古馬の厳しい流れを経験したのが今回に生きてくるとは思うが、ダービー・宝塚疑念のタブなレースを使った疲れは残って無いのか?


杞憂に終わればゴール前で本来の強いウオッカが見れるでしょうが、ダービー馬の秋緒戦は期待以上に不安が勝ってしまいます

オッズ上は3強ですが一角が崩れる恐れも十分考えられる
京都内回り2000は紛れの生じやすいコースです、過去を振り返れば力量上位の馬が何度馬群に沈んで波乱があったことか…



不肖ダルマ


G1は好きですが、このレースは馬券の勝負はできません
金額は押さえ目で行きます


強いて挙げるなら穴馬で紫苑S1、2着馬とG1馬2頭

◎ベッラレイア
○ダイワスカーレット
▲ウオッカ
△ラブカーナ
注アルコセニョーラ
×ピンクカメオ
×ロープデコルテ

馬券は◎から馬単流しと三連複流しで

 
スポンサーサイト

あっ!!

ホンマや‥( ̄□ ̄;)

マイルCSへは天皇賞ではなくスワンS経由にしたんですかねぇ~

ひょっとして‥



武豊がメイショウサムソンに乗るからかな!?


(もざえもん)
2007/10/14 | URL |(trip@-)
編集


無念です‥( -_-)

ダイワ、ウオッカに勝つか負けるかの極端な騎乗を選択した武豊は責められません。



京都外回り2200で32.9の脚に期待しますw
(もざえもん)
2007/10/14 | URL |(trip@-)
編集


3強はワンツー。
秋華賞は樫より桜。
◎はダイワで…。

と思ってもダル転みるとぐらつく自信ですが(笑)
(てんぱぱ)
2007/10/14 | URL |(trip@-)
編集


ダルマさん♪

自分の考えていたことがダルマさんのトコロにも書いてあったので自信を持ってベッラレイアを買えます!!

が‥



‥‥ひょっとしたら今年か来年のエリザベス女王杯馬の可能性だけが心配です(爆

(もざえもん)
2007/10/14 | URL |(trip@-)
編集

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。