FC2ブログ
負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
スプリンターズS絞り込み (2007/09/28)
下拵えで6頭まで絞れました
☆アイルラヴァゲイン
☆アグネスラズベリ
☆アストンマーチャン
☆コイウタ
☆サンアディユ
☆スズカフェニックス

今回は各馬分析
あくまでもワシの主観です

(C)アイルラヴァゲイン
中山1200は向いてますが、アイビスSD後に夏負け
完調とはいえないセントウルSでは2番手追走も直線伸びずに5着
G1に向けて順調さに欠けた仕上げだけに良馬場での時計勝負になった時に最後のひと踏ん張りに疑問符がつきます
(C)アグネスラズベリ
夏に大活躍でしたが、サマーチャンピオン狙って使い過ぎたかセントウルSで大幅馬体重減、中2週で体調が戻るとも思えず、馬体重を戻してくればそれも不安材料
上がり目は薄いと判断してます

(B)アストンマーチャン
休み明けの北九州記念をどう評価するかです
外伸び馬場の内枠でやむおえなかった敗戦ともとれますが、あのメンバー相手に掲示板外して欲しくなかった
今回は中山を知り尽くした中館起用で逃げを打つとみた
中山1200を逃げ切るのは至難のワザですが、
阪神JFでウオッカに差されたとはいえマイル戦でも通用する能力を示しました
走法からは明らかに1200、1400の方が適性は高い
スプリンターズSが暮れから秋に移行して3歳は連に絡めていませんが、今年の3歳の中では間違いなく短距離のトップクラスです
アストンマーチャンで通用しないなら秋のスプリンターズSでは未来永劫3歳馬は買えない

(A)サンアディユ
アイビスSDで差す競馬
歴史が浅いとはいえ1000M重賞で9番手から差し切りの競馬は初めて見た
道悪を利しての差し切りと半信半疑でしたが、上がり3F32.9は本物でした

セントウルSで5馬身ぶっ千切り
1200戦での5馬身差ってのはある意味次元が違う
短距離適性はかなりのものです
芝に転戦して重賞3戦2勝
遅咲きですが既にビリーヴの域に達していると思われます
(C)スズカフェニックス
インフルエンザ禍で帰厩が遅れて万全の仕上がりでは無いそうです
橋田調教師も武豊もいまひとつ歯切れの悪いコメント
ていうか、高松宮勝ったからここへ出てきましたが、陣営は秋のローテーションをスプリンターズS→天皇賞→マイルCSで行くようです

安田記念で5着に破れましたが、ワシはこの陣営は本気で天皇賞(秋)を狙っているように思えてならない
ここで好勝負するようでは反動が怖いし、さりとて惨敗するようでも大望は望めない

不肖ダルマの眼にはスズカ陣営はスプリンターズSは流すように思えてならない

うまい具合に外枠引けました
ソロッと出して終いに賭ける競馬でシャカリキに勝ちにこだわる競馬はしないと思います
キメ撃ちですが、臨戦課程と先のレースを見越せばスズカフェニックスは頭では買えません

(B)コイウタ
スプリンターズSが秋の中山開催に移行してから毎年G1馬が連に絡んでいます

今年もG1馬は出走していますが、メイショウボーラーは長期の休み明け、オレハマッテルゼは右回りに不安な上に前哨戦で見せ場も無し
スズカフェニックスは上記の理由
引き算すればコイウタが残る
斤量が軽かったとはいえダービー卿で馬群に揉まれながらひと伸びしたように中山コースの適性は合格点
今年出走するのG1勝ち馬で最も買ってみたい馬です。

6頭まで絞れましたが枠順が発表されて買い目から消す馬と、下拵えで切りはしましたが再浮上した馬があります
詳しくは最終予想で
スポンサーサイト

私もコイウタですわ~





条件つきですが(爆)
(ミスター萬田)
2007/09/29 | URL |(trip@-)
編集

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2019. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.