負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
月別ログ_2010年09月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローズS/◎オウケンサクラ (2010/09/19)
ポイントは二冠馬アパパネの捨拾


ワシの常識から考えると今回アパパネの頭は無い


国枝調教師はオークスを勝った瞬間に秋華賞に照準を合わせたはず


アパパネの秋最大の目標は秋華賞を勝って牝馬三冠(二歳G1も含めると前人未到の牝馬四冠)を達成すること


まかり間違っても、トライアルのローズSは勝ちに来ない
能力がズバ抜けている馬ではないことはオークスでの着差が証明済み

ローズSも勝って、秋華賞も勝とうなんてことは気の効いた調教師は考えない


アパパネ自身、新馬初戦と休み明けのチューリップ賞は勝てていない
叩いて良くなる馬ということは国枝師ほどの調教師なら百も承知
一流の調教師ってのは目標とするレースから逆算して馬を仕上げてくる
国枝師の管理していた過去のG1馬を見てもそれはわかる

ブラックホーク
マツリダゴッホ
ピンクカメオ
マイネルキッツ

どれもこれも前哨戦・トライアルなんぞには目もくれないで勝ちたいレースに向けて照準合わせて馬を仕上げてきた


今回のローズSは明白な叩き台
アパパネの単勝馬券は可燃ゴミになる可能性が限りなく高い。


あなたが馬を管理する調教師だとして、三歳牝馬のトップクラスに一枚能力が足りない馬に重賞を勝たせてやりたいと思えば

二冠馬が本気で勝ちに来る秋華賞と、空き巣同然のローズS
どちらで勝負かけて来ますか?


調教師の仕事は管理する馬をレースに走らせて馬主に賞金を還元すること

一流の調教師ほど、管理馬の能力把握に長けていて、どのレース・条件なら勝ち負けになるか、しっかり把握できている


◎はオウケンサクラ
管理する調教師の音無師は現在調教師リーディング1位


8歳にして突然変異のごとく天皇賞とマイルCSとG1を連覇したカンパニーを覚えているだろうか?

カンパニーは7歳までひたすらG2狙いの競争生活を送った馬
中山記念
毎日王冠
大阪杯
マイラーズC

G1馬が叩き台にするレースを狙って賞金を稼いでいた馬です


リンカーンという馬を知ってますか?

古馬長距離G1で人気を集めながら凡走を繰り返した馬

前哨戦のG2阪神大賞典、日経賞、京都大賞典では無類の強さを発揮していた馬です

音無師はオレハマッテルゼとオウケンプルースリでG1を2勝していますが、
栗東TCの中で一番G2の勝ち方を知っている調教師だと思う

安藤勝を降ろしてオウケンプルースリの主戦騎手内田博起用なら、ここが勝負



○はアグネスワルツ

柴田善はセントライト記念に出走するお手馬
アロマカフェ
ベストアンサー
クォークスター
を捨ててアグネスワルツに乗りに来た

こちらも勝負気配満々です



前日発売でアパパネが単勝1倍台とは笑わせてくれる


不肖達磨


本日はG1並みの臨戦態勢です


◎オウケンサクラ
○アグネスワルツ
×アニメイトバイオ
×アパパネ
×エーシンリターンズ
×ワイルドラズベリー
×タガノエリザベート
スポンサーサイト
ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2010. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。