負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
月別ログ_2010年04月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皐月賞/◎エイシンアポロン (2010/04/18)
馬券の相性が良くない皐月賞です


ディープインパクトが勝った時には馬連どんぴしゃり1点的中できたのですが、その後は軸馬選びに失敗して、とんでもない馬ばかり選んでます(苦笑)


今年はどうなるでしょう


断然の1番人気はヴィクトワールピサ
お試しの新馬戦でローズキングダムの0.1差2着でしたが、続く未勝利戦、京都2歳S、ラジオN賞、弥生賞と破竹の4連勝


勝ってきた内容も逃げ、先行、好位差し、と名手・武豊が与える課題を危なげなくクリアしてきました


2歳時のラジオN賞を勝ったレースでも強いと感じましたが、休み明けの弥生賞でラストの1Fだけで先行するエイシンアポロンを余裕綽々で交わしたレースを見て
『強い!』
と思わず声が出てしまった


時計がどうの、ラップがどうのじゃなく、単に馬のスケールが大きいと感じました


今回は武豊骨折で岩田が騎乗しますが好勝負は必至

ディープインパクト級の馬ではないでしょうが、ディープインパクトに近いイメージがあります


今や関西でもトップクラスの騎手である岩田なら、よもや馬券圏内から消えることはあるまい


しかしながら岩田に全幅の信頼が置けるかと言えば、さにあらず


角居厩舎
武豊→岩田
昨年秋にウオッカで成功したパターンですが…

そうそう同じことが成功するものか?

ウオッカでは成功さたが、ヴィクトワールピサでも成功するとは限らない


代打騎乗で断然の1番人気に乗るプレッシャーもあるでしょう
勝てばダービーでも継続して騎乗できるかも知れない


岩田にしてみれば
昨年秋の天皇賞と同じように
《負けてはいけない》一戦です

ヴィクトワールのレースでの乗り味がわかってる武豊と違い、追い切りに騎乗したとはいえレースではテン乗りになります


《負けてはいけない》一戦なら奇をてらわず正攻法な騎乗で来る
包まれないよう馬群の外から早めの安全策な競馬

馬群の外々を回してくると距離ロスは避けられない

ディープインパクト級なら突き抜けるでしょうが、そうでなければゴール前は接戦になる


ヴィクトワールピサはディープインパクト級では無いとの仮定して


◎は弥生賞2着のエイシンアポロン

朝日杯2着
弥生賞2着

エイシンアポロンも強い馬です
2歳時に京王杯2歳Sを勝てたのでクラッシックに余裕を持ってローテーションが組めた

年明けの弥生賞で中山への輸送と二千の距離を経験して克服できて順調に皐月賞に挑む

外国産馬であるからダービーに出走するには皐月賞で結果を出さないといけない

ここを負けてもダービーへ出走できる陣営よりも勝負度合いが濃いとみてます


《G1は大手馬主がかっさらっていく》

経済の原則ですな



エイシンの冠号でお馴染みの平井豊光氏
子息?のエーシン名義の馬も含めると、持ち馬100頭を越えようかという大物馬主でG1勝ちも数回ありますが、牡馬クラッシックでは苦杯を舐め続けてきた


いや、苦杯を舐め続けたというのは正確ではない


牡馬クラッシックで勝負になるような馬が出てこなかった

まともに牡馬クラッシック路線で戦えたのは03年のエイシンチャンプくらい


エイシンの馬は平井氏が所有する栄進牧場産の馬が多数ですが、牡馬クラッシック(牝馬ではエイシンサニーがいた)では勝負できる馬を生産できていない


ミシエロ産駒のチャンプで牡馬のクラッシック戦線を賑わせてからエイシンの勝負馬は社台F産、あるいは外国産馬に変わりました


平井氏は自家生産馬にこだわらず牡馬G1を勝ちにきたのでしょう


牡馬のG1は宝塚記念をエイシンデュピティで勝っている
牝馬クラッシックはエイシンサニーでオークスを手に入れた


平井氏ほどの馬主なら、次に勝ちたいのは牡馬クラッシック


エイシンチャンプは皐月賞までに使い詰めできて本番はピークを過ぎていた
今回のエイシンアポロンは皐月賞から逆算してローテーションを組んでいる



G1は狙って奪るもの



勝ち負けできる素材を鍛えて目標としたレースに向けて仕上げてくる
あとは運が向けば勝てる


エイシンアポロン陣営は皐月賞に向けて万全の仕上げで挑んで来た


最大の敵ヴィクトワールピサは乗り慣れた武豊から岩田へのテン乗り

レースにおいて岩田に一瞬でも逡巡や躊躇があるならば、前々で競馬ができるエイシンアポロンに利がある

勝つためなら手段を選ばない池添がヴィクトワールピサの一冠目を阻む


エイシン陣営はこれで負ければどうしようもないくらいの態勢を整えた



ローズキングダムは△まで
勝負してくるのはダービーと読んでます

ハーツクライで、
リーチザクラウンで
苦汁を飲み続けてきた橋口師と、スマイルジャックでダービーに手が届きかけた小牧太が喉から手が出ているのは皐月賞ではなく
日本ダービー


ローズキングダム陣営の狙いは5月
ここでは頭に買いません。


注リルダヴァル
来年定年を迎える池江泰師の最後の勝負馬

前走が半年の休み明け、初重賞挑戦で3着なら底を見せていない
皐月賞のサインはリルダヴァルを暗示してる(サインかよw)

トライアルで凡走した馬や、年明け2戦以上消化して重賞勝ち馬の無い馬は1円たりと買いません
上記4頭以外の馬が連に絡むようならワシの見立てが甘かったとあきらめる



◎エイシンアポロン
○ヴィクトワールピサ
△ローズキング
注リルダヴァル

×ハンソデバンド
×ネオヴァンドーム
×アリゼオ



馬券は
馬単・ワイド
◎→○(厚め)
◎→△注(薄め)
三連単
◎→○△注→○△注×××(15点)
スポンサーサイト
桜花賞/◎サウンドバリヤー (2010/04/10)
アパパネの取捨がポイント


阪神JFを勝って春はチューリップ賞から始動
やや馬体に余裕残しがあって16頭立ての大外枠から、掛かり気味に0.1差の2着なら叩いた本番はかなり期待できる


ケチのつけようの無い臨戦態勢ですが、条件が揃い過ぎてかえって逆らいたくなってます


阪神JFを勝って桜花賞も勝ったのは近10年で
テイエムオーシャンとブエナビスタ


アパパネと違うところはテイエムオーシャンもブエナビスタも阪神JFを1番人気で勝って、尚且つチューリップ賞も勝って桜花賞を制している


アパパネは阪神JFが2番人気
チューリップ賞2着


重箱の隅を突っつくようなデータですが、現実に重賞を2勝した馬がいない混戦模様ということを加味して
アパパネは○



◎は、フィリーズレビューを勝ったサウンドバリヤー

使われながら強くなってきたタイプのようで、7戦して2勝2着2回は桜花賞馬には似合わない戦績ですが、芝に限れば(2.1.1.1)
着外の一戦はエルフィンSでテン乗りの和田が後方に待機し過ぎて直線で行き場を無くしたのが敗因

渡辺で桜花賞勝負はリスキーですが、トライアルを勝っている割には人気が高くない


阪神実績があり、関西馬で中3週
A級の騎手ではないが、渡辺は人気薄で思い切った騎乗が嵌るタイプ

有力馬が真ん中より内に配置された枠順は四角を回ってからの激しい攻防を予感します

差し馬の流れになれば展開はサウンドバリヤーに味方する


今年の桜花賞は渡辺でギャンブルに出る



1週前まで◎を打つつもりでいたアプリコットフィズが▲

今期絶好調の横山典騎乗で底を見せていないのが魅力ですが、過去に何度となく痛い目を見て来た[直前輸送]が引っかかる


ぶっちゃけ関東馬は余程能力が抜けていないと人気になって勝ち負けできないと思ってる

アプリコットフィズは能力は高そうですが、果たして桜花賞で単勝を買いたくなる馬か?と問われれば、あまりに人気先行し過ぎで妙味に欠ける
桜花賞で関東馬を頭で買う気はさらさら無い



データからはまったく買えないが、穴中の穴は☆モトヒメ

1600実績無しの馬を桜花賞で買うの御法度なんですが
阪神JF3番枠
フィリーズレビュー4番枠
桜花賞5番枠

三度続けて阪神コースで内枠を引きました

10着、6着で騎手は大野
人気はまったく無いが、フィリーズレビューから栗東に滞在して桜花賞

典型的な関東馬の穴パターン

頭には買う気は無いが内で恵まれれば3着の紛れもある


◎サウンドバリヤー
○アパパネ
▲アプリコットフィズ
☆モトヒメ


コスモネモシン
ラナンキュラス
レディアルバローザは三連複で押さえておく

ショウリュウムーンやオウケンサクラが来たらあきらめる
ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2010. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。