負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
月別ログ_2010年02月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェブラリーS/◎グロリアスノア (2010/02/21)
4連勝中のエスポワールシチーが1番人気ですが、フェブラリーS東京ダート1600は阪神コースの1800JCダートとは違った能力を求められる


加えて枠順の妙


気性からして芝コースを長く走れるリーチザクラウンか、ハナ宣言しているローレルゲレイロがハナに行きそう

武豊は無理矢理抑える競馬はしない筈

エスポワールシチーは元々スタートダッシュが早い方では無い
内枠を引いたことでエスポワールシチーの逃げはなくなった

控えても競馬ができるエスポワールシチーだが、ローレルゲレイロとリーチザクラウンの作り出す激流に巻き込まれはしないか?


リーチザクラウンとローレルゲレイロにダート適性が無く四角で早々と脱落すればエスポワールシチーは後続の格好な目標になり
リーチザクラウン、ローレルゲレイロが気分良くスイスイ逃げれば自分で鈴を付けに行かねばならない


断然の1番人気を背負っての東京ダートのマイル戦ではエスポワールシチーは危険な人気馬の香りがプンプンします


漁夫の利は前二頭を見ながら競馬ができるレッドスパーダ

ワシごときが血統を語るのはおこがましいが聞くところによればメイショウボーラーと同配合とか?
メイショウボーラーはガーネットS、根岸Sを連勝してフェブラリーSに挑んで1着
レッドスパーダは今回が初ダートになるがニューイヤーS、東京新聞杯を連勝してここへ挑む


初ダートをこなせればリーチザクラウンよりも魅力たっぷりがレッドスパーダ


しかしながら◎はグロリアスノア


11番人気で勝ったことからフロック視されがちな前走根岸Sですが、レースは逃げたケイアイテンジンをラスト1Fで計ったように差した武豊サマーウインドを並ぶ間もなく抜き去ったグロリアスノア

ゴール前では手綱を抑えて流す勝ちっぷり
根岸Sから1F延長は望むところ


不肖ダルマ


根岸Sが終わった時点で今年のフェブラリーSの◎が決まりました


リーチザクラウン
ローレルゲレイロ
エスポワールシチー
レッドスパーダ
このうち掲示板に残ることができるのが何頭いるのかというハイペースを想定しています


◎グロリアスノア
○サクセスブロッケン
×レッドスパーダ
×エスポワールシチー
×リーチザクラウン
スポンサーサイト
ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2010. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。