負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
月別ログ_2009年06月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚記念/◎インティライミ (2009/06/28)
安田記念予想でのディープスカイへの評価


『ここを勝てないようでは宝塚記念はお呼びじゃない』


安田記念は、まさに勝ったと思った残り1Fでウオッカの驚異の末脚に完敗でした


ウオッカが宝塚記念回避でディープスカイ一本被りになりましたが、お呼びじゃないと大見栄を切った手前ディープスカイに◎は打てません

口は災いのもと…(笑)



神戸新聞杯勝ち以降古馬との対戦で一度も勝てない馬が前売りで1.6倍ってのも嫌気がさす


天皇賞0.0差3着
ジャパンC0.1差2着
大阪杯0.0差2着
安田記念0.1差2着

抜群の安定感で連軸にはピッタリなんですが、結局は勝ててない


休み明け59kgがどうのこうのってのもある
今回はウオッカが出ない

叩き三走目で絶好のチャンスっぽいですが、それでもディープスカイを頭で買いたくない

理由は安田記念予想に書いた通り
エンジンの掛かりが遅いディープスカイには内回りはベストコースとは思わない

さりとてディープスカイを差し置いてG2ハンターと化したサクラメガワンダーやドリームジャーニーに◎打つ気はさらさら無い


ましてや一世一代の競馬をしたマイネルキッツはお休みの番
マイネル・コスモは前週マーメイドS勝ちで一丁上がり


前週から今週の土曜日まで阪神の競馬を見てましたが、恐ろしく前残りの競馬が続いてます

ケツから来る馬はことごとく馬群に沈んでいる

馬場と実績、展開を加味して
◎はインティライミ
昨年の宝塚記念3着馬
1、2着馬が引退したから3着馬が勝てるというほど競馬が甘くはないのは百も承知
昨年は四角で致命的な不利を被りながらあわやの3着


前残り馬場を味方にインティライミの変わり身に期待したい、逃げ馬不在となれば佐藤哲は大逃げに出るかも?


ディープスカイを負かすとしたら展開を第一に考えたい


7歳になったインティライミですが、11ヶ月休養したために消耗度の点で他の5、6歳馬と互角に渡り合えると思ってる
古馬G1は世代間の戦いでもある


何度となく書いてきたが、牝馬にダービーを勝たれた世代の牡馬は信用してはいけない

ドリームジャーニー
アルナスライン
スクリーンヒーローは四番手以下でいい

特注はエリモエクスパイア

全盛期のメイショウサムソンに天皇賞(春)で頭差に迫った馬
叩いて叩いて良くなるステイヤーですから休み明け4走目で変わり身は無いのか?

重・不良のオーストラリアT、目黒記念はノーカウントでいい
明らかな距離不足のエプソムC1秒差7着も3着のキャプテンベガとは0.5差

切れ味勝負なら出番は無いが消耗戦になれば息の長い脚が生きる


インティライミ佐藤哲が逃げればスローにはならない
後続に脚を使わせる逃げを打ってどこまでの競馬

勝たねばならないディープスカイは四角手前から動き出す
インティライミが大逃げでも打とうものなら三角過ぎにはレースが動き出す

切れ味より耐久力が問われる流れになる
小牧が内で我慢できていれば内伸びの馬場はエリモエクスパイアに味方する
そもそも大久保龍師は早々とアサクサキングスの回避を決定した
阪神大賞典完勝
天皇賞(春)惨敗なら順序としては昨年雨に泣いた宝塚記念へってのが王道路線


アサクサキングスを引っ込めてエリモエクスパイアってのも喉に刺さった小骨のような感があるわけです


6歳買うなら空き巣狙いのサクラメガワンダーよりも能力上位のエリモエクスパイアを狙ってみる


◎インティライミ
○エリモエクスパイア
▲ディープスカイ


ディープスカイが勝たない前提で予想を構築しましたが、ではサクラメガワンダーやドリームジャーニーが勝つかというと、それは更に考え辛い

阪神実績を有して、昨年秋以来の各G1戦を休んでいた実績馬の一発駆けに賭けてみます


自己の信条からディープスカイからの馬単は買わないが、連は確保できるとみて馬券を買います


馬券は◎○▲の馬連・ワイドボックスを各3点

三連単軸2頭流しマルチ
02―11→05、13以外10頭(60点)
06―11→05、13以外10頭(60点)
スポンサーサイト
エプソムC/◎ダイシングロウ (2009/06/14)
新潟記念で狙ったダイシングロウをもう一度


◎10.ダイシングロウ
○12.ヒカルオオゾラ
▲08.シンゲン
△04.アーネストリー

馬券
三連単軸1頭マルチ
10―12.8.4(100円×18点)
三連単ボックス
10.12.8.4(100円×24点)
三連単流し
10ー12.8.4(100円×6点)
合計4800円
CBC賞/◎ボストンオー (2009/06/14)
京王杯で狙ったボストンオーをもう一度

京王杯は全馬が勝ち馬から1秒差内にひしめくレース

ボストンオーは11着と二桁着順ですが勝ち馬のスズカコーズウェイとは0.4差
東京コースの瞬発力勝負は向いてません

得意の中京で内枠なら見直せる


相手はエムオーウイナー


4戦連続二桁着順、うち2戦連続の18立て18着
8歳馬の半年休み明け

買える材料は皆無に近いが今回のエムオーウイナーはノド鳴り手術明けの一戦

近走の着順が年齢から来る衰えでなくノド鳴りに原因があったとしたら?


関東の腕達者・鹿戸雄厩舎に転厩して4戦目
休み明けにしては十分な攻め量はこなせているようで、ノド鳴り完治していれば息が保つ仕上がりとみたい


過去にシルクロードS(G3)勝ちがあり昨年のオーシャンC(G3)でも2着に逃げ粘っている
実績だけならこのメンバーに入っても遜色ない


今回は何が何でも逃げる馬も見当たらない
オッズ的にも混戦模様で、どの陣営も少なからず色気を持っているから玉砕覚悟で競ってくる馬がいるとも思えない
エムオーウイナーの近4走中ハナを切ったレースは前走と4走前
ともにブリンカーを装着していました
今回もブリンカー使用していますから十中八、九逃げを打つ

色気を持つ二番手以下が脚を溜めようと競って来ずに前半を34秒台あたりの単騎で行ければ大波乱の予感がある


前三年の連対馬6頭中5頭が四角で3番手以内
CBC賞がハンデ戦になって6月に移行してからは中京最終週とはいえ大外一気は無い
エムオーウイナーは逃げてもいいし控えても競馬はできる

中途半端な人気馬なら気にもしないが、前売りブービー人気なら賭けてみる価値はある


◎ボストンオー
○エムオーウイナー

【馬券】
三連単軸2頭マルチ流し
3ー9ー全馬(96点)
馬連・ワイド
3ー9(700円×2点)
単勝・複勝
3番、9番(1000円×4点)
合計15000円
エプソムCの下拵え (2009/06/08)
昨年と同じアプローチで

(1)1週前登録で騎乗者未定

(2)前走二桁人気で二桁着順

(3)前走が4番人気以下の6歳以上

(4)牝馬

(5)3ヶ月以上の休み明け

上記に該当する馬以外が勝ち馬候補

★アーネストリー
☆キャプテンベガ
★ダイシングロウ
★トウショウウェイヴ
★ヒカルオオゾラ
★ベンチャーナイン
☆マストビートゥルー

以上7頭

(☆は過去10年で1勝しかできていない6歳馬)
安田記念結果 (2009/06/08)
1着○ウオッカ
2着◎ディープスカイ
3着…ファリダット:
4着△カンパニー
5着注ライブコンサート


馬券は絵に描いたようなトリガミ
押さえの三連単も1、2、4着

またもやハナ差でクソを掴まされてしまった
ファリダットは[下拵え]で重賞勝ちが無いことでわざわざ1着は無いと消してるのに…

1着は無いが2、3着はあり得ると考えないといけなかった
安藤確保してるんだから勝負気配はあった

消してしまったのは京王杯のビデオを見てしまったから
イン突いて伸びかけて外からズブズブ食らったレースぶりに距離延長は苦しいと判断したから

最終的に10番人気まで人気落としていたんだな
デビューから過剰に人気になり続けてきた馬が人気急落したら買いどころ
ブラックホークで学んだ筈なのに…

出足の無い逃げ馬なんて買ってる場合じゃないね
展開の読みが甘過ぎでした

ていうかテン3F通過が33.4はなんぼなんでも早過ぎ

結果的にファリダットを呼び込む流れを作ってしまった


ウオッカはあんなもんです
あれは牝馬と思ってはいけない
武豊はウオッカに救われたね
2着に終わってたら非難轟々ですわ


ディープスカイは完璧な競馬をして2着
やはり2kgの斤量差は大きい
宝塚記念で頭で買うことは無いでしょう
阪神内回りの2200はディープスカイの舞台ではない


安田記念はファリダット切ったのがすべて
4歳馬は無闇に切ってはいけませんでした
味噌と糞と見分ける目を養わないと同じことの繰り返し

ボーナスレースでガミってちゃ話にならない
安田記念/◎ディープスカイ (2009/06/07)
◎はディープスカイ
1番人気のウオッカは前走勝ちは強い勝ち方でしたが
【強すぎた】勝ち方が嫌気


牝馬同士ですからあのくらいの差はついて当然なんですが、7馬身千切ったこと、昨年はヴィクトリアM2着からの臨戦で勝った安田記念に前走ぶっちぎり勝ちでの臨戦は昨年以上と思わせるが、あまりに人気被り過ぎ

今年のヴィクトリアMは【負けられない一戦】でした

ドバイの2戦の後を受けての国内初戦
昨年とはヴィクトリアMに対する陣営の取り組み方が雲泥の差
狙いすまして勝ったヴィクトリアMの後の一戦、しかも昨年勝った安田記念なら人気も被ろうってなもんですが、今年の安田記念は昨年の相手より骨っぽいぞ


タフなレースになりがちの安田記念
どうしても昨年秋の天皇賞が予想のベースになります


10分以上の写真判定で勝ったウオッカ

3歳の身でウオッカと直線叩き合いに持ち込んだディープスカイ

最速の上がりでイン強襲してディープスカイにハナ差迫ったカンパニー


昨年のベストレースではなかったかと思う天皇賞でのゴール前の攻防戦を繰り広げたの三頭で決まるレースでしょう


勝つのはディープスカイ


天皇賞ではウオッカに差されて3着でしたが、すぐさまジャパンCで雪辱している

対ウオッカはG1の底力比べで1勝1敗
今回はウオッカより斤量が2kg重くなるが、競走馬が充実する4歳ということと大阪杯、安田記念、宝塚記念の春は三走がディープスカイのレース


宝塚記念が狙いのように言われていますがディープスカイの脚質は阪神の内回りは不向きなコース
エンジンが掛かって伸び始めると加速はすごいがスピードに乗るまでがウオッカに劣る

ディープスカイのレースぶりからは阪神コースの宝塚記念よりは東京コースの安田記念がイの一番の狙いレースと思う

安田で勝てば宝塚も見えてきますが、安田記念を勝てないようでは宝塚記念ではお呼びじゃない

ここで勝てないようなら宝塚記念でも勝てないと断言してもいい


馬単、馬連は1点でいい

助平心おこして
ウオッカが3着とか?
ディープスカイが3着とか?

2頭が連勝馬券から消える検討をしましたが、ワシ的には有り得ない結論に至りました


勿論競馬はやってみないとわからない

不利があったり紛れがあったり故障があるのが競馬です
しかしながら



不肖ダルマ



勝ち馬検討はどこまでも楽しいが、不利、紛れ、故障を読んでのレース検討は趣味ではない


東京コースの1マイル戦は強い馬が勝つ

ウオッカは強い
ディープスカイは強い


他の16頭が今日のウオッカとディープスカイに先着できるかと考えても考えても結論は


『否』



スーパーホーネットは買いません

毎日王冠を勝ちながら天皇賞を回避して必勝を期して2着に負けたスーパーホーネットが前売り3番人気とは笑わせてくれる

毎日王冠でハナ切って逃げたウオッカだけを目標に勝ったのは立派ですが、毎日王冠は58kg対57kgのスローの上がり競馬
今回は雨上がりのタフなコース・流れに変貌しての58kg対56kgの差し比べになるレース
8番人気くらいなら買ってもみようかと思いますが3番人気なら1円も買う気にならない


伝説の天皇賞でタイム差無しの4着だったカンパニーも8歳になりました
競走馬は年齢との戦いでもある

天皇賞組で決まるとは思うが脱落するなら8歳馬のカンパニー

三連系の馬券を買うなら三頭目に何をチョイスするかが今日の安田記念の勝負の分かれ目

京王杯SCが中2週に移動してから前哨戦としての意味が薄れてきたならば1400馬の1~3着馬も買いたくない


買ってみたいのは2頭

逃げるコンゴウリキシオー

終わった馬と思われてか、最近はどんなレースになってもコンゴウリキシオーが逃げると後続は追いかけない
どうせ潰れると思われているのでしょう、ローレルゲレイロの陣営はコンゴウ行かせて番手の競馬と言っている

前走GのつかないOP戦でさえ逃げて潰れての4着ですからここは完全なノーマーク

また逃げて潰れる可能性も高いが、ここまで舐めらきった逃げ馬なら買っておきたい
山内師は今回調教を変えてきた
坂路主体の攻めから今回はDWで一杯

スタミナ強化して変わるとすれば今回か?


今年の安田記念は2強のレースだと思ってる
何が勝つか?ではなくてディープスカイとウオッカのどっちが1着で、どっちが2着なのかのレース

あっさりなら三つ目の席はカンパニー
8歳馬カンパニーが崩れれば3着席は暗黒の世界


荒れる安田記念が1~3番人気ですんなり収まらないと決め打ちです
上位人気3頭で消えるのは[3ー2]の引き算でスーパーホーネット
こんな問題は小学2年生でもできる(笑)


馬がどうのこうの次元じゃなくて博打の呼吸の問題

スーパーホーネットが来たら参りましたで、京王杯組が来たらゴメンナサイでいい


もう1頭はライブコンサート

なんでココに出てくるの?って疑問がありました
マイラーズCで10着惨敗ですから普通ならイラナイ馬ですが、【味噌】は前走都大路S

逃げたのが前述コンゴウリキシオー
道中中団内目から4角三番手に押し上げてコンゴウリキシオーを捕らえて1着

今回逃げるのがコンゴウリキシオーならライブコンサート和田は前だけを見ていればいい

4枠7番なら前につけてコンゴウリキシオーをマークして行けば内目の好位競馬ができる
後ろのウオッカとかディープスカイを意識しないでコンゴウリキシオーだけを交わす都大路Sの再現をすれば後続の出方次第で掲示板があるかもしれない
真ん中に残れば大金星


馬には今日走るのが【安田記念】とかも【都大路S】とか、わからんですよ

わかるのは前を走ってるのがこの前いわしたコンゴウリキシオーだけってこと

舐められたコンゴウリキシオーを本気でマークするのはライブコンサートのみ

潰れる筈のコンゴウリキシオーがDW効果で粘り腰を見せればライブコンサートが波乱の芽というマニアックな論法ですな


印は
◎ディープスカイ
○ウオッカ
△カンパニー
×コンゴウリキシオー
注ライブコンサート


頭が堅い時はヒモが荒れると言いますが、頭とヒモが堅い時はトリがバカ荒れと思って買います


ローレルゲレイロ
スマイルジャック
スズカコーズウェイ
アブソリュート
ファリダット
香港2頭

来たら参りましたでバッサリ斬る

【穴人気買うべからず】


馬券は馬単、馬連は6ー3の1点
但し大きく勝負はしません

1番人気の馬連で勝負しないポリシーは貫き通す
やるならオークスでやってた


ギャンブルは三連単
6ー3ー7・11・9が本線
3ー6ー7・11・9が押さえ


春のマイル王を掴むのは
ウオッカか?
ディープスカイか?

ワシが掴むのは
【ミソ】なのか?
【クソ】なのか?
安田記念の下拵え (2009/06/01)
昨年と同じパターンですが

・前走が京王杯で4着以下

・7歳以上でG1を勝っていない馬

・前2戦連続でダート戦使用

・前走限定戦敗退馬

・5歳牡馬

・外国馬で前走非連対馬



[プラス]
・重賞未勝利馬


上記に該当する馬が勝ち馬候補

★ウオッカ
★サイトウィナー
★スーパーホーネット
★ディープスカイ

以上4頭が勝ち馬候補
ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2009. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。