負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
月別ログ_2009年02月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェブラリーS/◎ビクトリーテツニー (2009/02/22)
今回のフェブラリーSは世代交代戦


長く続いた現7歳世代の天下ですが、競走馬の宿命には逆らえない


カネヒキリは強い

ヴァーミリアンも強い

サンライズバッカスだって弱くはない




オフィサーはたいしたことはない(笑)



競走馬は年齢を重ねるごとに徐々に競走能力は低下していくし、若い世代は力をつけてくる


カネヒキリは故障の不安がつきまといながら使われ方が荒っぽい

ヴァーミリアンには追い日をスライドするという調整の不安が出てきた

サンライズバッカスは“旬”を過ぎた


過去の優勝経験馬の7歳馬の単勝を買う気にはなれません


そろそろ世代交代の時期が来ています


今日7歳馬が勝ってしまうと[世代交代]は暮れのJCDまで待たなければならない
それではダート路線の新陳代謝は図れないし、なによりダート競馬がつまらない


[世代交代]があるかどうかはわからないが、新勢力の台頭に期待して馬券を買ってみたい


◎はビクトリーテツニー

逃げるのはエスポワールシチーでしょう
前走の平安Sでタメ逃げしてワンダースピードに捕まったことから佐藤哲は今度はある程度締まった流れを作り出すと思われる

錦秋Sで逃げて後続を完封したような競馬が理想でしょうが、1600万条件とG1では後続からのマークは比べ物にならない

カネヒキリやヴァーミリアン、カジノドライヴは互いの出方を計りながらエスポワールシチーの脚色も見ての競馬

坂を上がってからの叩き合いにフェラーリピサやサンライズバッカスも加わって熾烈なものになるでしょう

はっきり言って勝つのがどの馬なのかわかりません


こういう時に怖いのが横山典です

フェラーリピサが5番人気には驚きですが、根岸Sで完全に脚を余したビクトリーテツニーが当時の2番人気から急降下の11番人気


横山典ほどの騎手は同じ失敗は繰り返さないし、なにより人気から解放されたことで思い切った騎乗ができる

エスポワールシチーめがけて前の馬がガリガリやってくれて前崩れの流れになればカペラSで見せた末脚が生きてくる


ビクトリーテツニーは距離をこなせるのか?
と聞かれたら

『やってみないとわからない』と答えざるを得ないんですが(笑)



日本の競馬は枠が走ると思っていますから、今日の枠順で7歳馬の頭を買えないとなるとヴァーミリアンと同じ枠に入ったビクトリーテツニーは切れない


4歳世代が一気にひっくり返すのかとの疑念もある
カジノドライヴは相変わらずの人気先行

サクセスブロッケンはカネヒキリとヴァーミリアンには負け続け

キクノサリーレはローテーションが摩訶不思議

エスポワールシチーにしても逃げて勝ったメイショウポーラーほどの凄みは感じない


勝ち馬が浮かんできません


勝ち馬は浮かんでこないのに3着の複穴はくっきり浮かんでくる(笑)


今回は消極的ながらビクトリーテツニー横山典の出し抜けに期待して少額で夢馬券


◎ビクトリーテツニー
×カネヒキリ
×サンライズバッカス
×バンブーエール
×ヒシカツリーダー
×キクノサリーレ
×ヴァーミリアン
×アドマイヤスバル
×エスポワールシチー
×カジノドライヴ
×フェラーリピサ

ビクトリーテツニーから相手10頭への三連複流し

馬連はパドック見てから5頭ほどに絞ってみる
スポンサーサイト
クイーンC/◎ダノンヘルベール (2009/02/21)
結論から言いますとダノンヘルベールとミクロコスモスの一騎打ち


どちらが先着するかという競馬だとみてます


暮れの阪神JFで3歳牝馬の序列が出来上がってしまってます


阪神JF出走組が桜花賞でブエナビスタを逆転できる可能性は限りなく小さい

2着だったダノンヘルベールとの着差は僅かに2馬身半でしたが、圧倒的な差を感じた2馬身半でした


2着だった後藤のコメントが全てを語っている
『現状で力は出し切れたし、悔しさを感じないほど勝った馬が強かった』


後藤をして、2歳暮れの時点でこう言わせるほどの能力差
国枝師も似たようなコメントをしていたと記憶しています


優秀な調教師とは、管理する馬をただ走らせるだけではありません
馬の個性、力量を正確に把握してその馬に最適な条件の競争に向けて仕上げて勝つことも調教師の仕事です


万葉SやダイヤモンドSを勝ったからと言って天皇賞で勝ち負けできると思うような調教師が居たとしたら、その調教師は伯楽では無い

万葉Sなら勝てる
ダイヤモンドSなら勝負になると思うから、そのレースに向けて仕上げてくる

絵に描いた餅の天皇賞1着賞金1億3千万よりも、食えそうな餅のOP・G3を食いに来る


国枝師は伯楽であり、後藤は一流の乗り役です
管理馬・お手馬の現状での能力は把握できている
ブエナビスタとガチンコ勝負して負かせるとは思っていないでしょう


ならば、クイーンCがガチンコ勝負

勝てそうなレースをメイチ仕上げで勝ちに来る


クイーンCに限らないが、この時期のクラッシック路線には2種類の勝ち馬がいる

チューニー
ダイワエルシエーロ
コイウタ
リトルアマポーラ
これらの馬はクイーンCを足がかりに先々で一花咲かせることが出来た馬

一方で
シャイニンルビー
ライラプス
イクスキューズ
こちらはクイーンCが“上がり”の馬


ダノンヘルベールは“上がり”の分類です

先々でG1を勝ち負けできる馬ではない
牝馬限定のG3あたりで勝ち負けを繰り返す馬
桜花賞で勝てないならブエナビスタの出て来ない手薄な重賞を勝ちに来るのは素人目にも解る

ダノンヘルベール陣営にとってはここは勝負鞍



阪神JFで3着だったミクロコスモスですが、初戦が武豊
2、3戦目が鮫島良
今回は再度の武豊騎乗です
東京コースで武豊騎乗なら更なる前進は見込めるし
なにより桜花賞へ向けて賞金加算しておきたいところ

新馬勝ち直後のG1で3着に食い込んだ末脚は、キャリアを積んでの東京コースなら十分勝ち負けできる

但し、ミクロコスモス陣営の第一目標は
[桜花賞への出走権の確定]

間違っても2着は外さない乗り方をしてきます
武豊は己の為すべきことはわきまえている

突き抜けて1着は有り得ますが3着以下に落ちることは有り得ない


三番手以下は、ひと山いくらの面子

人気2頭が差し馬だけに展開次第で2、3着に食い込めそうな馬をチョイスしてみる


◎ダノンヘルベール
○ミクロコスモス
×パールシャドウ
×ディアジーナ
×グローリールピナス
×エイブルインレース


馬券は9=12の馬単マルチとワイドが本線

三連単は◎○を1着固定
9→12→(1・11・15・14)
9→(1・11・15・14)→12
12→9→(1・11・15・14)
12→(1・11・15・14)→9
合計16点
きさらぎ賞/ダイヤモンドS (2009/02/15)
両重賞は簡易版です
【きさらぎ賞】
◎リクエストソング
○リーチザクラウン
×キタサンガイセン
×ダノンカモン
×ベストメンバー

勝ちっぷりの良かったリクエストソング
後藤が惚れこんでるようでレースのたびに関西遠征です
石坂厩舎の馬に5、7、11R騎乗で勝負気配を探りながら買ってみたい(5、7Rで馬券にからまなかったら勝負)

土曜日大活躍の武豊は日曜メインは割引

【ダイヤモンドS】
◎フローテーション
○モンテクリスエス
▲トウカイエリート
△ベンチャーナイン
注エーシンダードマン

ステイヤーズS組ではフローテーションが頭ひとつふたつ抜けているような感じ
相手は絞れないが、トウカイエリート人気激落ちは馬券的に妙味です
門司S/◎トップジャイアンツ (2009/02/15)
重賞ではありませんが本日の勝負レースです

◎はトップジャイアンツ

前走1000万下勝ち上がりですが勝ち方が見事
4ヶ月ぶりでマイナス12kgと仕上がった状態でしたがパドックではそんなに目を引くものでは無かった

予想はノーマークでしたが先行して三角手前からハナ奪ってそのまま押し切り勝ち
1000万下の最終1800ダートは見慣れていますが、なかなか見れない勝ちっぷりでした

ていうか、この馬強いです
ラスト4Fしっかり脚使ってタレてない
あの勝ち方ができるならローカルメンバーの準OPハンデ戦なら昇級初戦でも通用します
いや、初戦こそ馬券妙味あり

53kgで引き続き小牧騎乗なら強気に狙ってみたい


◎トップジャイアンツ
△ナムラスピード
△アクセルファイヤー
△ユウキタイティ


単複と△3頭への馬単、ワイドで勝負します
シルクロードS/◎アイルラヴァゲイン (2009/02/08)
考えれば考えるほど難解なレースです

どの馬からも狙えそうなんですが、下拵えでA評価になったアイルラヴァゲインを本命に

尾張Sは別定戦で58kg
外が伸びる馬場の最終週を最内枠の1枠1番から窮屈な競馬を強いられながら大きく負けていない

今回は背負い慣れた57kgで走れて包まれない外枠発進
1分8秒台の決着ならば先行して伸びる脚質は内回り1200にぴったり

シルクロードSは逃げ馬には厳しいですが、大外一気も通じないレース
過去の勝ち馬はたいがい四角5番手以内から差し抜けている

今回は逃げにこだわるのはサープラスシンガー
マチカネハヤテは二番手からの競馬もできるのでガリガリと先行争いはしないとみる

サープラスシンガーがハナで隊列が決まれば後方待機馬には辛い流れ

枠順と脚質と前走内容から番手集団の外目から競馬ができるアイルラヴァゲインには願っても無い展開になりそうです

サープラスシンガーの逃げなら福島民友Cのような競馬が理想的


2007年のスプリンターズSでアストンマーチャン、サンアディユの3着になって以来注目し続けてきましたがめぼしい勝ち鞍は福島民友Cのみ

もうひとつくらいは重賞を勝てる器だと思っています
陣営の狙いは次の中山のオーシャンCのような気もしますが、前走の中京での走りから京都もこなせると判断しました


もしも、サープラスシンガーとマチカネハヤテがガリガリやって先行勢が総崩れになる流れになればアイルラヴァゲインは馬群に沈んでしまうでしょうが、今回の流れはそうならないと見てます
但し、番手以下の馬からプレッシャーを与えられる気の抜けない流れにはなるはずで、そのまま押し切れるほどの強さはサープラスシンガーには無い
大外8枠からハナを奪うまでに脚を使わされるでしょうからゴール前は差し馬の餌食か?

想定通りの展開になればアイルラヴァゲインがいち早く抜け出すという見立て


◎アイルラヴァゲイン
○モルトグランデ
△ マチカネハヤテ
注スプリングソング×ソルジャーズソング


印は打ちましたが○以下は確たる自信はない

馬券はアイルラヴァゲインの単複で勝負です
資金があれば連勝系馬券は総流しします
小倉大賞典/◎ダイシングロウ (2009/02/07)
夏の小倉戦で目を見張る競馬をしたダイシングロウを狙ってみる

4走前の博多S、3走前の小倉記念は共に三角手前から動いて四角先頭から勝ち負けに加わった競馬
小倉記念で負けた相手は小倉記念と朝日CCを連勝するドリームジャーニーですから価値ある2着

新潟記念で同じような競馬をしながら脆くも失速したのを見て小倉専用馬と確信しました

中山金杯をひと叩きして安藤が連続騎乗
松田博厩舎の得意パターンです
戦績を見れば阪神や京都よりも小倉でこそ生き生き走る馬で、ここが勝負とみる
開幕週に1枠1番の絶好枠
隣にはそうスタートの早くないサンライズマックスですから安藤がスタートミスさえしなければすんなり好位が取れる


新潟記念直後から小倉に出てくれば鉄板の◎と思っていました
小倉の鬼に55kgは裸同然


◎ダイシングロウ
○ミヤビランベリ
△ヤマニンキングリー
注レッツゴーキリシマ
×ホッコーソレソレー

馬券はまず単勝
あとは◎からの馬連と三連単流し
シルクロードSの下拵え (2009/02/05)
1)クラスを問わず前走二桁着順

2)1週前登録で騎乗者未定

3)2ヶ月以上の休み明け


上記に該当する馬以外が
★アイルラヴァゲイン(7歳牡・ノーザンF)
★アポロフェニックス
(4歳牝・中村和夫)
★アーバンストリート
(5歳牡・曽田農園)
★コスモベル
(5歳牝・DWフレイジ)
★コレデイイノダ
(9歳牡・吉田又治)
★サープラスシンガー
(5歳牡・MGGHD)
★スプリングソング
(4歳牡・社台F)
★ヘイローフジ
(6歳牝・協和牧場)
★・マチカネハヤテ
(4歳牝・社台F)


主要路線は尾張S・淀短距離S
上記9頭中6頭出走していました


[尾張S]
1着ヘイローフジ54kg(10番人気)

2着サープラスシンガー55kg(2番人気)

3着アーバンストリート55kg(1番人気)

5着アイルラヴァゲイン58kg(3番人気)

12着コスモベル54kg(5番人気)


最終週の中京らしく逃げたサープラスに後方待機のヘイローフジとアーバンストリートが突っ込んできたレース

差し抜けたヘイローフジは10番番人気の気楽さと、外めの枠順からの位置取り、コース取りが決まって直線平坦コースの中京最終週
120点の競馬をしてハナ差勝ち

牝馬で尾張Sと同斤量の今回は相手強化とあって厳しいとみる


2着サープラスシンガーは尾張Sを速いペースながら絡まれることなく単騎逃げ
勝ったと思ったでしょうが最後ハナ差負けていた
淀短距離Sはインが伸びる馬場をロケットスタートを決めて再度単騎ハナ
競りかけられることなく馬場の恩恵もあっての楽勝でした

今回は1kg増56kgと同型の絡みが不安点

3着アーバンストリートは尾張S1番人気
最後方待機から上がり最速34秒も追い込み届かず
今回1kg減の54kgは有利だが勝負駆けの連闘後で福永への乗り替わり
上村から福永へのスイッチは普通なら鞍上強化ですが、差し・追い込み馬に福永ってのはハッキリ言って不安いっぱい

5着アイルラヴァゲインは58kgを背負って最内の1番枠からの競馬
終始荒れた内を通っての0.3差はさすがにG1の3着馬
本来は直線に坂のあるコースを得意にする馬で狙っているのは次開催中山のオーシャンSでしょうが、中京であの走りができれば京都でもソコソコ勝負になる


下拵え9頭中4頭が出走した淀短距離S
1着サープラスシンガー55kg(1番人気)

2着コスモベル54kg(3番人気)

4着コレデイイノダ56kg(6番人気)

5着ヘイローフジ55kg(2番人気)


サープラスシンガーは前述の通り
賞金加算のために狙いすまして勝ったレース
OP戦の勝ち鞍が福島民友C、クロッカスS、淀短距離Sと重賞よりもOP特別で結果を出す所謂OP大将で、重賞の今回は頭では買い難い

2着コスモベル
叩き二戦目できっちり2着確保ですが、内有利な馬場で逃げ馬が勝つ流れを三番手追走で流れこんだもの
今回53kgで斤量には恵まれますが、サープラスシンガーとの勝負づけは完全に済んでます

4着コレデイイノダ
好発を控え中団待機も馬場と流れが合わず差し届かずの4着
9歳にして初の重賞挑戦ですが暮れ以降好調キープして前走比3kg減の53kgはかなり有利かと?

5着ヘイローフジ
前述の通り尾張Sが勝負駆けでした



別路線組の三頭は
★アポロフェニックス
(サンライズS1着)
★マチカネハヤテ
(石清水S1着)
★スプリングソング
(阪神C4着)


別路線3頭はすべて4歳馬
不思議とシルクロードSは4歳馬が勝っていないレース
過去10年で2頭しか連対できていない

[勝ち馬]の観点からは4歳馬は一枚割引

[A評価]
★アイルラヴァゲイン
★コレデイイノダ

[B評価]
★アポロフェニックス
★アーバンストリート
★スプリングソング
★マチカネハヤテ

[C評価]
★ヘイローフジ
★コスモベル
★サープラスシンガー


後は枠順と天候(馬場)を見てから
根岸S/◎アドマイヤスバル (2009/02/01)
◎アドマイヤスバル
昨年大きな不利を被って3着だったアドマイヤスバル

フェブラリーSでも狙えそうな気にさせる突っ込みを見せてくれましたが、その後はオアシスSを勝っただけで伸び悩みました

どうやら典型的な東京1400専門馬のようです

1年かけてこのレースを狙ってきたような感がある

○バンブーエール
フェブラリーSよりは1400が向いていそう
59kgで勝ち切るなら一躍フェブラリーSの主役ですが…

▲以下は印ほど差はありません
馬場状態から差して勝ってきて人気する馬よりも前々で競馬できる馬

▲リミットレスビット
△ナンヨーヒルトップ
注セントラルコースト
京都牝馬S/◎ハチマンダイボサツ (2009/02/01)
◎ハチマンダイボサツ
○スペルバインド
▲ニシノマナムスメ
△レインダンス
注ザレマ

1)7歳以上

2)中9週以上の休み明け

3)前走G1以外で二桁着順

4)前走条件戦敗退馬

5)1週前登録時に騎乗者未定

上記に該当する馬を除外して残ったのが
ザレマ(5歳・社台F)

スペルバインド(4歳・追分F)

チェレブリタ(4歳・三嶋牧場)

日曜日朝から天候は回復に向かいますが昨日の雨の影響でパンパンの良馬場とは言い難い

逃げ馬不在で、実績と枠順からはザレマのハナが考えられる
安藤が逃げれば誰も競りかけない展開になります

競り合いが無しでターコイズSのようにザレマの直後に位置するハートオブクィーン、カレイジャスミンは前走から斤量1kg増ではザレマを交わせない

逃げるザレマを直線で差し切れる位置で競馬ができる馬が勝ち馬

20戦以上戦って重賞2着1回がやっとこさの馬が安藤騎乗で人気になるなら新興勢力の重賞初挑戦組を買ってみる

◎ハチマンダイボサツ
前走はスタートで挟まれて後方からの競馬
ザレマのペースで逃げられて自身は四角で大外廻りでは届く訳が無い
終いの脚が目立っていただけに中山から京都の外廻りコースへ変わるのはいい

前走こそ追い込む競馬をしましたが二走前までは好位から競馬ができている

外枠から出たなりの四、五番手で競馬ができればザレマを差し切ることは可能です
追い切りに乗った池添は厩務員に
『僕がうまく乗れば勝てます』と言ったらしい

うまく乗らんでいい
普通に乗ってくれれば勝てる(笑)

○スペルバインド
前走は四角12番手からイン強襲の競馬でしたが、今回のデムーロなら位置取りはもっと前です
こちらは1000万下、1600万下を連勝中で好調期に入っている
▲ニシノマナムスメ前走から距離短縮で斤量減
ルメール連続騎乗の二戦目
すべての条件が好転します
牡馬相手のマイラーズC2着経験は今回の出走馬の中では一番の実績馬

△レインダンス
京都の馬場が急速に乾くなら54kgで走れるG1連対実績馬には有利
吉田照哉氏二頭出しの人気薄

注ザレマ
ハナ切れてスローになれば連対圏
人気の逃げ馬に高い評価はできないが、展開利は明らか
ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2009. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。