負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
月別ログ_2009年01月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平安S/◎エスポワールシチー (2009/01/25)
【人気のシチーを買うべからず】
ってのがマイルールなんですが、もう一つ別に
【三連勝は消せ、四連勝は負けるまで買え】ってのもあります

どちらも格言としては正しいのですが、使い方が難しい(笑)

佐藤哲がダークメッセージやサンライズバッカスを捨てて乗るからには勝算アリなのでしょう
ダート界は7歳馬が健在ですが、いつまでも世代交代しないものでもない

シチーの馬は何年かに一度大物が出ます
ブライアンズタイムの肌にゴールドアリュールというコテコテのダート血統にダート路線でのタップダンスシチーを目指して欲しいという期待も込めて中心視

◎エスポワールシチー
○マコトスパルビエロ
▲マイネルアワグラス
△ネイキッド
注ワンダースピード
スポンサーサイト
京都金杯/◎シゲルフセルト (2009/01/05)
中山金杯は[一富士]のアドマイヤフジでしたね

JCで◎打ちましたがひどい返し馬でドカ負け
これほど見事な変わり身をするとは思わなかった
余程中山が合ってるんでしょうな

マイネルキッツ4着に頭に来て、すぐさま門松Sのマイネルアワグラスの単勝を1万円買って初っ端から散々な目に遭ったワシとはエラい違い(笑)

さて、リベンジの京都金杯ですが、二日続きの[アドマイヤ]になるかどうかですが

人気は1番アドマイヤオーラ(安藤)

正直、アドマイヤオーラには食指が動かない
安藤は怖いんですが、昨年よりも斤量アップして休み明けの追い込み馬の1番人気

京都金杯は休み明けの実績馬がことごとく飛ぶレースでもあり、安藤というだけで飛びつけない
中山金杯のダイシングロウに続いて松田博厩舎の有力馬ですが、叩いて別定戦の京都記念あたりが狙い目ではないでしょうか?
オーラは来たら参りましたで蹴り飛ばす(魂)

アドマイヤ狙いなら断然5枠10番のスバルの方に気が行きます
初芝のマイルCSで0.4差の7着
鞍上は前日中山金杯を勝った川田

過去に馬ではドウカンヤシマが東西金杯制覇の偉業を成し遂げてますが、騎手にもそのチャンスがやってきた

今年から東西金杯の施行日を分離した意味はここにあるんじゃないかと思ってしまいます

マイルCSは行き脚がつかず後方からの競馬で直線は馬群を縫うよいに中割って追い込んできました
上がり34.0は1、2着馬のブルーメンブラッド、スーパーホーネットに次ぐ3位、スムーズな競馬ができれば上がりは更に詰められたでしょう
決め脚勝負になればアドマイヤオーラと優劣つけ難いのではないか

空気読めばアドマイヤスバルが◎でも良いが追い込み一手の脚質はマイルCSの再現で追い込み届かずも有り得るわけで

期待大ではあるが不安も若干残すこともあり▲

◎は同枠に配された9番シゲルフセルト

乗り続けた川島から和田への乗り替わり
中日新聞杯のビデオ見直すと、1角手前から向こう正面まで引っ掛かり放し
乗り慣れた川島ですが、お世辞にも一流騎手とは言い難い

中尾秀師は和田にスイッチして勝負を賭けて来たとみる
中日新聞杯を見る限り、勝ち馬のヤマニンキングリーから比較すれば遜色ない力量のある馬と診ます
中山金杯はハンデ頭の58kgフジが勝ちましたが、京都金杯は最軽量ハンデ馬を狙ってみるのも一興か

アドマイヤの枠を買うなら5枠が面白い
しかし狙いたいのは和田に乗り替わりのシゲルフセルト

[日本の競馬は枠が走る]

京都金杯はG1ではありませんが、馬券買う人間にとってはG1に準ずる大切な重賞のひとつです

しかも、東西金杯の施行がずれてジグゾーパズルの半分が埋まった状態

枠連で初心者が的中できるのが日本の競馬と思ってますから、京都金杯の5枠は捨てられない
二日続きのアドマイヤか、ハンデ戦の妙か

○はヤマニンエマイユ

田中勝春はヤマニンエマイユに乗りに京都へやって来る
前走ターコイズSはスローに引っ掛かって11着ですが着差は0.7差
今回はコンゴウリキシオーが逃げを打てばスローにはならない
55.5kgから54kgで走れて流れも向きそう
インで流れに乗れれば直線平坦コースの京都で粘り込みが見れるやも知れない

田中勝春は前日の中山金杯をキングストレイルで人気を裏切りましたが、前走比プラス14kgの馬体では凡走も致し方無し

昨日の一戦で田中勝春を見限るのは早計かも?

穴ならオカルト込みで[金ゴウリキシオー]の2枠(笑)

奇をてらってるように思われるかも知れないが至って真面目な話
ヤマニンエマイユの調教ビデオ見たら買いたくなりますよ
馬なりですが坂路の駆け上がり方は軽快そのもの

秋一連のデキはまだ衰えていません
田中勝春が放さないのもわかる

あれこれ書きましたが京都金杯は単勝を買いたい馬が3頭残りました

印に差はありますがワシなりに3頭横一線の評価

◎シゲルフセルト
○ヤマニンエマイユ
▲アドマイヤスバル
以下3着候補
×タマモサポート
×バトルバニヤン
×ファリダット
×ショウナンアルバ

馬券は枠連の2―5と5―5を買っておいて3・9・10番の単勝3点と馬単ボックスマルチ6点が勝負

三連系は買い目が増えそうなんで3頭の1、2着付けのフォーメーション

さて、ジグゾーパズルの残り半分をきれいに埋められるでしょうか?
中山金杯/◎マイネルキッツ (2009/01/03)
新年あけましておめでとうございます

前エントリーで過分な[拍手]ありがとうございます

不肖ダルマ

身が引き締まる気分で新年を迎えることができました

今年は《奇をてらわず正攻法の予想》を心がけて、的中重視でやっていこうと思っています

では中山金杯の予想

◎はマイネルキッツ
勝ちきれない競馬が続いていますが、前走の福島記念は内が伸びる馬場で二番手で競馬した馬が勝つレース展開
三角あたりから松岡が手綱をしごきっ放しで上がり最速を叩きだして中割りの2着
惜しくも届きませんでしたが正味3ハロン脚を使ってました
同レースで4着だったフサイチアソートが次走1kg増で中日新聞杯を2着したことから、マイネルキッツは中日新聞杯組とはいい勝負ができそう

中山金杯は差しが決まるレースになりがちです
ズブさが見えた前走でしたが金曜日の追い切りは前走時よりも軽快に映りました
福島記念より状態はアップしてると診ます

○はオペラブラーボ
前走の中日新聞杯でも狙った蛯名=久保田ライン

久保田厩舎の馬でステイヤーズS、JCD、中日新聞杯、(土曜、日曜、土曜)と開催三日連続で重賞にソコソコの人気馬に乗りながら人気を裏切る走りを続けた蛯名

特に中日新聞杯のオペラブラーボは完全に脚を余してます
直線の短い中京で三~四角で位置取り下げたのは致命的

普通の調教師なら降ろしてますよ

久保田師は我慢強く金杯も蛯名騎乗で来ました

一般人の仕事でもそうですが、仕事の失敗は仕事で取り戻さないと上司やクライアントの信用を失ってしまいます

蛯名は中山金杯で久保田師の信頼に応えねばならない

有馬記念マツリダゴッホに続いて、ここでオペラブラーボを凡走させるようなことになれば蛯名は他厩舎からも軽く見られてししまいます

《G1は狙って勝つもの》とは、よく言ってますが、G1に限ったことではない

競馬のレースには馬の力量に応じて勝ちを狙っている馬、着を狙っている馬、次のために叩くだけの馬ってのは必ずいます

オペラブラーボは中山金杯で勝利が狙える馬です

脚脚を余して負けたからには今度は工夫があってしかるべき
蛯名はそこらあたりは考えて騎乗するはず

正月二日まではオペラ本命で行くつもりでしたが、結果的にヤマニンキングリーに完敗している事実と、マイネルキッツの絶品の追い切りビデオ

プラス

今年も[クラブ競馬]続行です

二者択一で迷った時は神の見えざる手を探ってみる

◎はラフィアンターフマン[クラブ]
マイネルキッツ

不肖ダルマ

年明け初重賞は松岡正海と蛯名正義の[仕事]に期待してみたい

◎マイネルキッツ
○オペラブラーボ
×アサカディフィート
×ネヴァブション
×ヤマニンキングリー

馬券は◎○の馬連とワイドが大本線

三連系は遊びでほんの少しでいい
三連単軸2頭流しマルチ
◎○→×××(18点)
ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2009. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。