負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
月別ログ_2008年06月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚記念/◎アサクサキングス (2008/06/29)
データからはメイショウサムソンが2着を外す確率はかなり低そうです

今回出走する中でG1を4勝していて断然の実績馬で叩き三走目
天皇賞は敗れたとはいえ差し返し気味の2着
勝ったアドマイヤジュピタは宝塚記念バスして秋に備えた

安田記念勝ちのファン投票1位ウオッカも出て来ない

そういう背景があって週中の武豊の

『後が無いつもりで乗る』

なんてコメントが出ると断然の1番人気です

しかしながら
結果として天皇賞はアドマイヤジュピタの2着
ファン投票もウオッカに先着を許した2位

[2の世界]に染まり始めた馬がG1で1番人気に押し上げられる

確かにこのメンバーなら1番人気になるのは当たり前なんですが、この1番人気はメイショウサムソンが強い馬だから1番人気に推されている訳では無い

アドマイヤジュピタとウオッカが出て来ないから1番人気になったまで

本来は主役にならねばならない4歳牡馬陣のだらしなと、週末からの雨模様、武豊神話がサムソン人気に拍車をかけている

言わば押し上げられた人気馬

先週のベッラレイアと変わりありません

まあ、流石にベッラレイアよりは信頼性が高いですが(笑)

天皇賞勝っての1番人気なら文句の付け様も無いんですが、2番人気を人気どおりの2着の馬が1番人気に推されるってのがワシ的にしっくり来ません

昨年秋の天皇賞では負けるはずがないとの思い込みで単勝勝負に出ましたが、今回の宝塚記念では単勝買えない

同じ2倍台の単勝オッズでもワシから見たら雲と泥の違いがあります

あっさり勝たれてしまうかもしれませんが、馬券が博打である限り今回のサムソンの単勝は怖くて買えない

では、他の5~7歳馬でサムソンに勝てる馬がいるかと問われれば

いません

と答えるしか無いメンバー構成

勝負はやってみないとわからないが、今回の出走メンバーで、サムソンに先着できそうな5~7歳馬は皆無でしょう

旬を過ぎた馬、能力的に足りない馬、G1で掲示板に載れなくなった馬が集まってきました

唯一、雨と距離・コースを味方に善戦できそうなのがアドマイヤフジですが
フジにしたところでサムソンとの勝負づけは済んでいる
ここでサムソンに先着するとも思えない

結局、弱い世代と言われている4歳馬にしか勝つチャンスは無いように思えてきます

日曜朝の前売り時点で
2番人気アルナスライン

3番人気ロックドゥカンブ

4番人気アサクサキングス

5番人気アドマイヤオーラ

と、オッズ的にも4歳が売れてますが、真っ先に切りたいのがロックドゥカンブ

南半球産で他の4歳より成長が半年遅れということで人気になってます

休み明けの目黒記念で大きく期待しましたが
休み明け、斤量差は考慮に入れてもゴール前でフォルテベリーニに迫られた姿を見てしまっては、ひと叩きしたからといって宝塚記念では買えません

弱いと言われる世代に未来永劫半年分成長が追いつかないということが目黒記念でわかった(笑)

岩田がエイシンデュピティよりこちらを選んだだけに軽視してはいけないのでしょうが、菊花賞で先着されたアルナスラインに再度先着された目黒記念からは、今回もロックドゥカンブよりはアルナスラインを上に見ます

2番人気がアルナスライン
メトロポリタンSの勝ち方を見た時に宝塚記念に直行なら過剰人気になるだろうから消しと思ってましたが、中に目黒記念を使ってきました

臨戦過程は理想的

しかし、目黒記念でホクトスルタンに先着を許したのはワシ的には致命的です

ホクトスルタンあたりに先着できない馬がどうしたらアサクサキングスに先着できるのよ?

《競馬は強い馬が勝つ》と言われ
《勝った馬が強い》とも言われてます

過程はどうであれ、菊花賞を勝ったのがアサクサキングス

メトロポリタンSを勝ったのがアルナスライン

アナログ的な考えですが、G1には目に見えないの掟というものがあると思っている

ハンデG3戦じゃないんだから、ここでアルナスラインは勝ってはいけないし、ましてやアドマイヤオーラなんてのは論外

すべてを考察して今回メイショウサムソンに先着できる可能性のある馬はアサクサキングス以外は有り得ない

牝馬に負けたダービー2着馬のレッテルは終生つきまといますが、現4歳牡馬の中ではダービー最先着馬にして菊花賞馬

アサクサキングスがG1で通用しない限り現4歳牡馬は今後もG1では要りません

ダービーが488kg
菊花賞が488kg

休み明け大阪杯は504kgの余裕残しながら59kg背負って善戦し、叩いた天皇賞で1番人気に期待されましたが、500kgで出てきました

天皇賞は力負けと言うよりは太めが残っていたように思えてならない

今週のグリーンチャンネルの調教を見ると非の打ちどころが無い完璧な仕上がりのようです

素人に何がわかると笑われそうですが、レースに行って走る走らないは別にして、追い切りに関しては素人目に見ても良いものは良い

他の馬とは躍動感が違います

絞れていれば好勝負は必至です

ローテーションは大阪杯→天皇賞→宝塚記念と王道路線

人気は激減の4番人気

天皇賞を負けた馬が押し出された1番人気と

アサクサキングスで勝負に出る条件が揃いに揃い過ぎた感がる

不肖ダルマ

極めれば馬単は1点でいい

マルチ馬券なんぞクソでもくらえってくらいの確信がある

自身の理論が壊滅的になって終わった春のG1戦線ですが、最後の最後まで自分の理論に忠実に馬券を買います

メイショウサムソンが勝てばそれもよし

メイショウサムソン、アサクサキングス以外の馬が勝つようであれば残念ながらこのブログにも寿命が来たということです

雨が降り続けばワシの馬券は無惨に散るでしょう

それでも、ワシは勝たねばならない馬を買います

長い間ありがとうございました

◎アサクサキングス
○メイショウサムソン
△アルナスライン
×アドマイヤフジ
×エイシンデュピティ
×アドマイヤオーラ×ロックドゥカンブ

馬券は◎→○△の馬単
三連単は×印は3着固定

スポンサーサイト
宝塚記念の下拵え (2008/06/25)
・G3までしか勝っていない馬

・直近2走で複勝に絡んでいない馬

・7歳以上で近2走に勝ちが無い馬

上記に該当する馬を消して残ったのが

★アサクサキングオー
★エイシンデュピテイ
★カンパニー
★メイショウサムソン
★ロックドゥカンブ
以上6頭
マーメイドSの回顧 (2008/06/23)
1着トーホウシャイン
2着ピースオブラヴ
3着ソリッドプラチナム

買えません(笑)

10回やってもトーホウシャインは買わない

格とか調子以前の問題です

夏重賞で今年未勝利の騎手は買えません

ゴールした瞬間ブゼンキャンドルやサンドピアリスが頭に浮かんだよ

スンナリ収まるとは思わなかったがここまでやられるとは…

吉田一族はヤラズでしたね
ハンデ重賞のG3なんてくれてやるってことか

500万下の同馬主の馬が出てくる時点でベッラレイアは消すべきでした
地力に怯えて三連単では押さえてしまった

なにより吉田系から入ってはいけないレースでした
完全に読み違え

まあ、ワシにはあの勝ち馬は買えません

どんなに頭ひねっても2、3着のワイドが買えたらいいとこ

【交通事故】と評していたブログがありましたが、いい得て妙です

マーメイドS/◎レインダンス (2008/06/22)
施行条件が別定戦からハンデ戦になった途端、以前の実績馬が強かったレースから牝馬のハンデ戦らしく人気馬が簡単に飛んでしますレースになってしまいました

Vマイルが創設された年にハンデ戦に移行されたことから
JRAの番組制作意図としては、

《実力馬・実績馬はVマイルで稼ぎなさい》ってことではないでしょうか?

昨年の勝ち馬は1600下条件戦勝ち上がりのディアチャンス(53kg)2番人気

一昨年は3歳OP戦2着から臨戦のソリッドプラチナム(49kg)9番人気

ハンデ戦に移行してまだ2年ですから傾向らしい傾向は未だ見えてませんがトップハンデは苦戦です

人気上位馬は
ベッラレイア(吉田勝己)
ザレマ(吉田照哉)
ブリトマルティス(吉田和美)
レインダンス(吉田照哉)
ソリッドプラチナム(ヒダカBU)
あたりでしょうか?
マーメイドSっていうより
さながら[吉田S]って感じ(笑)
ハナを切りそうなのはベッラレイアと同馬主のブローオブサンダーですし…
番手は吉田照哉氏のザレマでしょうからどう転んでも吉田一族が馬券対象になりそう…

このメンバーならベッラレイアで断然なんですが、ハンデ戦ということと休み明けのVマイルが調整ミスな感があり、昨年の実力をそのまま発揮できるか懸念があります

開幕週の内回り、牝馬限定戦、降り続く雨の中、前に行くのは吉田馬ばかりの状況でズバッと切れる脚が使えるのか?

一本被りになるでしょうが全幅の信頼がおけるかとなると疑問符がつきます

◎はレインダンス

秋華賞がベストな競馬
先行策でウオッカ、ベッラレイアの追撃を封じてダイワスカーレットの2着

強い4歳牝馬世代の第二グループの馬です
名前ほど雨のの馬場は向きませんが、開幕週で内が伸びる馬場なら辛抱も効くか?

いずれにして吉田一族で持ち回りそうな今年のマーメイドS、ひと山いくらの馬達のハンデ戦ですから穴っぽく買ってみたい

◎レインダンス
○ザレマ
×プリトマルティス
×ベッラレイア
×サンレイジャスパー

×ホウショウループ
×ソリッドプラチナム

購入馬券

馬達・ワイド
11ー12(500円づつ)

三連単軸1頭流しマルチ
11ー12・03・04・05・06(100円×90点)
ストークS/◎タニノハイクレア (2008/06/21)
夏競馬開幕で降級馬を狙いたい

OPからの降級馬は3頭
★ゲイルスパーキー
★タニノハイクレア
★アーバンストリート

中でも狙ってみたいのは★タニノハイクレア

前走がG1のVマイルで勝ち馬から1秒負けですが、1~3着までは33秒台の上がりを駆使した馬で決まりました
★タニノハイクレアは上位陣には劣りますが、34秒フラットの上がりで10着

テン乗り的場勇のスタートミスで後方からの競馬になりましたが本来は好位づけのできる馬
今回は開幕週の内枠で絶好の枠番もらいました
Vマイルくらい走れば★アーバンストリートや★ゲイルスパーキーのハンデ頭との差は詰められると思われます

金曜日に一日中降り続いた雨で開幕週とはいえ力の要る馬場になっているであろうだけに
Vマイルから据え置きの55kgは有利な材料

相手筆頭にノド鳴り手術明けを好走した
★レットバトラーを
ノド鳴りで出世が遅れていましたが、本来は重賞で活躍していなければならない素質馬です

◎02タニノハイクレア
○08レットバトラー
×10アーバンストリート
×06ゲイルスパーキー
×09マイネルレーニア
×13サンダルフォン
×16スピードタッチ

購入馬券
馬連・ワイド
02ー08(500円づつ)

三連単軸1頭流しマルチ
02ー08・10・06・09・13・16(100円×90点)
CBC賞/◎テイエムアクション (2008/06/15)
由緒正しい中京の名物重賞ですが、施行条件がコロコロ変わって毎度難解なレース
長いこと競馬やってますが、記憶の中で会心の的中はひとつもない(笑)

じゃあ、やめておけって話なんですが、前走10番人気で勝ったトウショウカレッジが1番人気になってるようなメンバー構成なんで、ひと波乱もふた波乱も考えられるので小銭で大穴狙いに走ります

トウショウカレッジはオークスで蛇行運転した池添
ペナルティは受けましたが、まだオークスから日も浅いということで、ここは勝たせてもらえない、勝ってはいけないと見ます
まったくの独断と偏見ですが、世の中そんなもん(笑)

内枠に逃げ、先行馬がそろいました
熾烈な先行争いになりそうで、外差しが効きだした最終週は大幅割引な内枠先行各馬です

内枠からタニノ、ニシノ、ウエスタンが行けば3枠のスピニングノワールが番手にハマりそう
休み明けの前哨戦のTV愛知で0.1差4着ならひと叩きして2kg減の55kgは有利

カノヤザクラは前走TV愛知で出遅れ
開幕週での出遅れは致命的で参考外
テン乗り藤岡はまったく競馬をしなかった

藤岡は金鯱賞でローゼンクロイツをぶっ壊してるだけに、今回は目の色変えて勝負駆けしてくると思う
但し、追い切りはイマイチでした…

前哨戦TV愛知の1、2着馬が同居した6枠ですが、前述の理由でトウショウカレッジの頭は無いとは決め打ちますから、期待大は好調岩田のワイルドシャウトでしょう
武豊、安藤が東京ですからここは空き巣みたいなもんだ

最終週は7~8枠が要注意なんですが、どいつもこいつも箸にも棒にもかからない馬ばかり
このメンバーなら通用しても不思議でないんだけど

ワシ的には通用する方が不思議なメンバーですわ(笑)

そんな中で狙えそうなのはTV愛知0.1差5着キョウワロアリングと前走高松宮記念のナカヤマパラダイス

結局前哨戦TV愛知組を重視してしまうが、どれを軸にしても外すと悔いが残る(笑)

じゃあボックスかと言うと、それはワシのポリシーに反する
無理にでも軸馬探しだいと思ったら別路線の馬

本来前走ダートは盲点なんですが、スリープレスナイトが穴人気してます

内枠引いた時点でアウトでしょう…

外枠引いたのがテイエムアクション
前々走でスリープレスナイトには完敗してますが、前走欅Sではキッチリ絞れて先行流れ込みで馬券になってる

スリープレスナイトと比較すれば見劣りしますが、7枠13番と現在の人気は食指をそそります

《芝の短距離は内枠のダート馬より外枠のダート馬》

そんな格言があったのか?と聞かれれば

今、作りました(オイ)

不肖ダルマ

新格言を駆使して
テイエムアクションから狙います

◎テイエムアクション
×タニノマティーニ
×ニシノプライド
×スピニングノワール
×カノヤザクラ
×ワイルドシャウト
×キョウワロアリング
×ナカヤマパラダイス

購入馬券は
テイエムアクションから7頭へ三連複流し(100円×28点?)
15番の単複(各1000円)
エプソムC/◎イクスキューズ (2008/06/15)
《下拵え》で残った5頭を差し置いて買ってみたい馬がイクスキューズです

チェック項目に引っかかったのは
[牝馬]だから

過去10年のエプソムCで牝馬は
[0.0.2.12]

データからは手を出し難いが、今年の4歳の牡牝のレベル差は少し競馬をやってる人間なら容易に解ると思います

今年に入って1600m以上の重賞を勝った4歳馬は

東京新聞杯(別定)
ローレルゲレイロ

京都記念(別定)
アドマイヤオーラ

中京記念(ハンデ)
タスカータソルテ

大阪杯(別定)
ダイワスカーレット

福島牝馬S(別定)
マイネカンナ

ヴィクトリアM(定量)
エイジアンウインズ

目黒記念(ハンデ)
ホクトスルタン

安田記念(定量)
ウオッカ

8勝中で牡馬は半分の4勝(ハンデ戦2勝)です

牝馬にダービーを勝たれた世代らしい惨憺たる牡馬陣です

エプソムCは別定戦ですから今回出走してきた4歳牡馬は人気になろうと信頼性に欠けます

4歳狙うなら牝馬

イクスキューズは3歳戦とはいえ重賞勝ち馬で、昨夏のラジオN賞では牡馬に混じってトップハンデの56kgで3着
勝ち馬ロックドゥカンブは52kg、2着馬スクリーンヒーローは54kgだから3着といえど立派なもの

藤沢厩舎の管理馬でしたが、前走から鹿戸雄一厩舎に転厩しています

鹿戸雄師といえば桜花賞、オークスで人気を裏切る激走をしたエフティマイアの管理調教師
牝馬を立て直す腕は相当なものではないか?

その転厩初戦の都大路Sはフルゲート18頭立てで出遅れて最後方からの競馬で四角17番手から大外ブン回しの武幸四郎らしいレースで7着

7着とはいえ上がりはメンバー中唯一の34秒台で勝ち馬に0.5差まで詰めている

東京コースは
クイーンC1着
フローラS3着
NHKマイルC17着

1800m戦は[1.1.2.1]

実績、状態から4歳馬の中なら最先着しても不思議でないとみます

枠順は願ったりかなったりの2枠3番
鞍上が松岡ならよもや下げて大外廻しはしないでしょう

最終週になって、見た目は荒れている内枠ですが、土曜競馬では、それでもまだインが伸びてました

直線向くまでインのポケット追走できそうなイクスキューズは展開面でも恵まれそう

◎イクスキューズ
○ファストロック
△マイネルキッツ
×ヒカルオオゾラ
×サンライズマックス
×ブライトトゥモロー
×トーホウアラン

購入する馬券は
◎○△の三連単ボックス
(1000円×6点)
◎からの三連単軸1頭流しマルチ(100円×90点)

過ちを改めるに憚ることなかれ (2008/06/12)
安田記念馬券

三連単流し
17→(07・11・16)
各1000円
07→(11・16・17)
各500円
11→(07・16・17)
各300円

馬連・ワイド
07ー17各10000円
合計3万と8百円

ここまでが勝負馬券

更に、中京メインの三連単が100円当たったもんだから、気が大きくなって、来たら後悔しそうなエイシンドーバーの
2・3着付けの三連単流し
03→05・07・11・16・17
(各2000円×2)
と、ウオッカを加えたスズカフェニックス1頭軸流しマルチ
17→(03・05・07・11・16)各100円×60点

あっさり決まればの三連複07ー11ー17を10000円
合計2万円を追加(笑)

安田記念50.800円も使って的中したのが遊びで買ったエイシンドーバー2・3着付け流しの三連単100円のみ

なんちゅう馬券下手でしょうか…

朝にブログの原稿UPした時点では
エイシンドーバー軽視、ウオッカ斬りでしたが、東京10Rを見て内差し有利と見てエイシンドーバーを加えました

内差しが有利なんだから枠が出た時に[下拵え]で残ってたエイシンドーバー重視にならなきゃいけないのに先入観に負けた予想をしてしまいました

先入観というより

無難に
[3着までには来るだろう]

の、予想をしてしまった

単勝馬券買ってないのと三連単を3頭から買ってるのが自信の無さの表れ

それよりなにより
5万も使って2・3着付け流し三連単4000円分しか馬券にならなかったのが少なからずショック

そのうち1点100円分に過ぎない当たり馬券で楽々プラス計上ってことを考えると、馬券の種類というものを考えざるを得ない

中京メインをまぐれで当ててなければ、またまた鬱々な週末だった

年明け以来、1頭に絞って単複で勝負してきましたが、桜花賞で★ソーマジックの複勝を買っていなかったのがケチのつき始めで、春のG1戦線はことごとく外し続けてしまいした

軸馬が3着にも絡めない時点でインケツ街道まっしぐらなんですが(笑)

[下拵え]を一生懸命やっても最終的にチョイスする馬を間違えいたのでは勝てるわけも無い

ダービーが終わって今年の前半戦が終了です
総括すると、1頭に絞って単複勝負はワシには向いていないようです

このまま続ければ更に傷口を広げて、しまいには昨秋のような一発逆転狙いに走りかねない

ストレス解消法の競馬でストレス溜め込んでちゃ本末転倒ですな

当たらない競馬予想でも読んでて面白いなら許されますが、当たらない馬券ほどつまらないものは無い(笑)

馬券は当たってナンボの世界

2月25日付けの当ブログで偉そうな文句並べて

[1.5倍の複勝を的中させることに競馬(馬券)の喜びを見いだしたい]]

などと書きましたが、実力が無いのに意気込みだけではどうにもならないものだと、この3ヶ月で思い知らされました

理想は1点的中なんてすが、理想を追えば追うほど深みに嵌ってしまいます
長年積み重ねてきた馬券戦術を一変させるには、ワシの馬券力はまだまだ未熟です
単複を狙うとなると、知らず知らずのうちに無難な馬をチョイスしてしまう
安田記念がその最たるモノ

こんな予想をブログに書いてるようじゃ読んでくれてる人に申し訳ないし、何より自分のためにならない

ワシのネットの原点は2003年オークスの★チューニーだったはず

不肖ダルマ

理想を捨てて現実を直視します

予想のアプローチは間違ってないと思う、間違ってたのは馬券の買い方
軸馬を絞り込んでの予想ではエイシンドーバーは拾えない

抜け目は覚悟の上でブログタイトル通りに三連単マルチ馬券を主体に変えてみます

だいたい、馬券は欲をかくと当たらない

100円なら当たるけど10万買うと当たらないのがよくわかった(笑)

ならば初心に戻って1勝9敗でもプラスになる馬を探して攻めてみる
守りに入った馬券買うくらいつまらないものは無い

自分を信じて、もう一度やり直す

競馬は何度でもやり直しが効くんだ

少し高い授業料でしたが…(爆)
エプソムCの下拵え (2008/06/11)
・1週前登録時に騎乗者未定の馬

・前走二桁人気で二桁着順馬

・前走4番人気以下だった6歳以上

・牝馬

・3ヶ月以上の休み明け

上記に該当する馬を消して残った馬が勝ち馬候補

★サンライズマックス
★トーホウアラン
★ヒカルオオゾラ
★ファストロック
★ブライトトゥモロー
安田記念/◎スズカフェニックス (2008/06/08)
香港チャンピオンマイル(G1)の1~3着馬が揃って参戦してきた今年の安田記念

一昨年の勝ち馬ブリシュラックは強がった…

今年はそのブリシュラックが3着に負けて参戦ですから

1着グッドババ
2着アルマダ
この2頭も驚異です

ボーナス1億目指してやってきたグッドババの本気度を図れば日本馬で太刀打ちできそうな馬は限られます
今年の安田記念はガチンコの力勝負とみます

良馬場なら人気上位3頭で決着するでしょうが、本日の東京の天気は微妙

発走直前まで馬場を見極めて馬券を買います

雨になれば微妙とわかってますが、騎手の腕も込みで
◎スズカフェニックス

春の東京G1戦で内差しにこだわってきた武豊
当代一流の騎手はどのコースを通れば一番伸びるかを熟知しています

高松宮、京王杯と人気を下回る着順で今回はようやく1番人気の重圧から解き放たれる

出ていれば昨秋の天皇賞でも◎を打とうとした馬が人気落としてベストな状態で出てきました

ここで勝たねばどこで勝つ?

やや重になれば馬券は手広く買わねばなりませんが、良馬場なら3頭の競馬

◎スズカフェニックス
○グッドババ
△スーパーホーネット

以下は雨要員
×エイシンドーバー
×キストウヘヴン
×エアシェイディ
×アルマダ
安田記念の下拵え (2008/06/05)
・前走が京王杯で4着以下

・7歳以上でG1を勝っていない馬

・前2戦連続でダート戦使用

・前走限定戦敗退馬

・4歳牡馬

・外国馬で前走で連対圏外

上記に該当する馬以外が勝ち馬候補

★アルマダ
★エイシンドーバー
★キストゥヘヴン
★グッドババ
★スズカフェニックス
★スーパーホーネット
日本ダービー回顧 (2008/06/02)
1着○ディープスカイ
2着…スマイルジャック
3着△ブラックシェル

12着◎ショウナンアルバ

完敗ですね
ショウナンアルバは距離でしょうか?
4角廻って、さあ直線ってところで手応えがイマイチだな~って思ってたら案の定伸びない
坂下で既に勝負あった感じでした

四位の連覇は無いと決め打ちしただけに止む終えない
ディープスカイの強さを見抜けなかった眼力不足

ダービージョッキー二人を従えて蛯名が勝つっていう筋書きだと思ったんだけど、四位がダービー馬の勝負服二頭従えてゴールしやがった(苦笑)

回顧じゃなくて愚痴になっちゃいました

ショウナンから勝負に出ておいて12着だから、どうしようも無いんですが

下拵えで残ったスマイルジャックを最終的に切ったのはお粗末

皐月賞馬が出てこないダービーはジャングルポケット以来なんだから素直にジャングルポケットの勝負服買ってりゃ良かったんだ(笑)

読みが甘いというか、深すぎるというか…

日本ダービー/◎ショウナンアルバ (2008/06/01)
『ダービーを勝てば騎手を辞めてもいい』



ウイニングチケットでダービーに参戦した時に柴田政人が残した言葉

数多くのG1を勝ってきた名手に、そこまで言わしめるほどのレースが日本ダービーです

若い騎手がポンと勝たせてもらえるヴィクトリアマイルなんぞとは重みが違う



今年ダービーを勝つのは蛯名正義です



疑惑のオークスで池添が失格にならなかったのは何故か?
競馬界の力学が働いたと思っていますが、結果的に失格は無かった
先週のオークスではJRAの措置に怒り心頭だったワシですが、ダービーウィークを迎えてようやく理解できました

トールポピーが失格すれば繰り上がり1着でオークスを勝っていたのは
エフティマイアに乗る蛯名



ダービーを勝つ騎手が前週に繰り上がりでG1を勝つわけにはいかんわね(笑)



ショウナンアルバがダービーを勝つと思い始めたのは共同通信杯を快勝した瞬間

7月末に未勝利を勝ってから6ヶ月の休養明けが+20kgで若竹賞をスピードの違いで押し切った

共同通信杯はショウナンアクロスの作る早い流れに乗って4角4番手から馬場の外めを抜けてきて快勝
2着に来たタケミカヅチは終始インを回ったレース

タケミカヅチとショウナンアルバの着差は僅かに0.1差ですが、レース内容としては永遠に続く0.1差です

その後のタケミカヅチの弥生賞、皐月賞の結果からショウナンアルバの器が推し量れるというもの



折り合いさえつけば現3歳世代のトップクラスの能力がある

ショウナンアルバ陣営は共同通信杯を勝ったことで皐月賞は捨てたのではないか?

皐月賞狙いなら、ゆったりした間隔を取れる弥生賞を使った筈で、狙いをダービーに絞ったからこそスプリングS、皐月賞と蛯名が試行錯誤の騎乗を繰り返してきたように思える


ショウナンアルバ陣営にとってはスプリングSも皐月賞も通過点に過ぎない


ダービーは狙って奪りに行くもの
逆算して考えれば、ダービーに向けて着実に歩を進めてきたのは
マイネルチャールズでは無いし、ディープスカイでは無い
ましてやサクセスブロッケンではありません


武豊と同期の蛯名も既に39歳
昨年は4年後輩の四位がダービーを勝った
リーディング上位20位までで蛯名より年上でダービー未勝利ジョッキーは3人

中館42歳
横山典40歳
柴田善41歳

中館は今回出ていない

横山典・サクセスブロッケン
ダートダービーじゃないんだからいらない

柴田善・タケミカヅチ
1勝馬のダービー馬なんてありえない


《ダービージョッキー》という観点からは蛯名正義しか残らない

関東馬が不振のダービーですが、未来永劫関東馬が勝てないわけでもない

牝馬が勝つより確率的には高いんです(笑)



路線の多様化は遂に[前走桜花賞]の馬が勝つに至りました

しかし、JRAが整備してきたクラッシック路線には王道たるものがある

前走桜花賞や前走NHKマイルCは覇道にすぎない

前年に覇道からの馬が来たからには今年は王道に戻らねばならない



ダービーへの王道は[前走皐月賞]

アドマイヤコマンド・川田は残念ながら落選です



不肖ダルマ



クソみたいなオークスを見せつけられて憤懣やるかたない想いをダービーにぶつけます



顔面蒼白の勝利ジョッキーインタブーなんぞ見たくもない



正義が勝つところを見てみたい



◎17.ショウナンアルバ
○01.ディープスカイ
△03.ブラックシェル
×04.タケミカヅチ
×10.レインボーペガサス
×09.マイネルチャールズ


ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2008. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。