負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
月別ログ_2007年10月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルゼンチン共和国杯の下拵え (2007/10/31)
・1週前登録で騎乗者未定の馬

・前走条件戦で勝てなかった馬

・前走OP戦で連対を外している馬

・前走が京都大賞典以外の重賞で掲示板を外してる馬

・過去ハンデ戦での複勝率が5割未満の馬

上記に該当する馬を消して残った馬が軸馬候補

★アドマイヤジュピタ
★リキアイサイレンス
スポンサーサイト
あなたの夢は何ですか? (2007/10/29)
20071029220123
競馬における、あなたの夢はなんですか?

ワシの場合
三連単馬券が発売されてから100万馬券を取るのが夢でしたが…

それは一昨年のヘウ"ンリーロマンスで達成できました

100円馬券でしたが確定後に携帯のPATの残高が7桁になってた画面見て感動したの覚えてます

残された夢は、とりあえず帯封を手にしたいってことになりました

一昨年の天皇賞で100万超の払い戻しは受けたんですが、PATでしたからね。

窓口で帯封に包まれた現金を握りしめたいってのが競馬始めた頃からのぼんやりとした夢なんですよ

今日、仕事が昼までで終わったので、阪神競馬場に行って天皇賞の単勝馬券を払い戻してきました

一度やってみたかった

馬券を払い戻し機に突っ込むと機械的な音声が

『ハライモドシガゲンドガクヲコエマシタ…』

これです

苦節25年、これ聞きたかった(笑)

隣の窓口で馬券差し出すと、緑色の札を差し出されて

『しばらくお待ちください』

穴場のおばちゃんが中でゴソゴソ

いきなり帯封ひとつと輪ゴムで挟んだ札束が出てきました
(オイオイ)

『すんません封筒くださいな』

いくらなんでもむき出しで渡すなよ(汗)

封筒に現金をねじ込んで実感が湧いてきた

12年ぶりの乾坤一擲の大勝負でした

前回は阪神大震災の年、
1995年のオークスでライデンリーダーの単勝にブチ込んで以来

あれから12年
二度とすまいと誓ったはずでしたが、心の底に

(いつの日かリベンジを…)
と思っていたのも事実

[1枠1番武豊]
が、ワシに火をつけてくれました

まあ、この後のG1で絶対的な確信が持てそうなレースが無いってのもひとつの要因ですが

思い込みくらい怖いものは無いって見本ですな(笑)

100万馬券も取った、帯封も手にした

不肖ダルマ

次の夢を探さないといけません…

 
天皇賞(秋)の覚え書き (2007/10/28)
1着◎メイショウサムソン
2着…アグネスアーク
3着…カンパニー

前日の雨が嘘のような快晴
やや重まで回復した馬場でメイショウサムソン圧勝でした

強い馬に上手い騎手が乗って天の味方があれば鬼に金棒ですね

東京の2000mはやっぱり内枠が有利ですよ、好スタートでハナを切る勢いからうまく控えて直線は馬場のいいところを通ってゴチャつく2着争いを尻目に春秋の天皇賞連覇達成

同時にワシの天皇賞(秋)三連覇も達成です(笑)

馬単は外しましたが、単勝的中です

前日3.9倍あった単勝オッズが2.9倍まで下がってたのは予想外でしたが、ダービーで得た教訓が今回は生きた

賭けたのは、
菊花賞で失った己のプライド

今日の天皇賞は今年一番のベストレースです。
天皇賞(秋)/◎メイショウサムソン (2007/10/28)
考察に書いたように◎はメイショウサムソン

前日の雨でパンパンの良馬場にならなかったことで天も味方したか?

相手の筆頭には2枠3番コスモバルク

海外G1馬も含めてG1馬の枠は4つ

G1馬なのに忘れられたかのような抜けた人気薄のデルタブルースの2枠が気になる
人気が外枠に偏り過ぎの時は内枠狙い
前日の雨で馬場は緩んでます、外差しも怖いが内枠で先行するコスモバルクはこれまでと違った臨戦態勢です

これまでは北海道から馬運車に揺られての長距離輸送
これは美浦や栗東の馬達からすれば走る前から大きなハンデ背負っているも同然
不本意な競馬が続いていましたが今回は北海道からフェリー輸送でやってきました
馬運車で揺られての輸送より、はるかにストレスの溜まらない輸送だったと思います
芝のレースで走らない馬ではありませんし、過去のイメージから不当に人気を落としているようにも思う

アテにはならないが人気と馬場状態を加味すれば波乱の多い天皇賞(秋)ですから穴っぽく狙ってみたい
G1はG1馬の枠を買えのMY格言に従ってみる

◎メイショウサムソン
○コスモバルク
△チョウサン
注アドマイヤメイン
×ダイワメジャー
×ポップロック

馬券は

単勝と◎○の馬単が本線に◎からの馬単
あとは武豊から、岩田、横山典への菊花賞8枠トリオの三連単を少々
 
天皇賞(秋)考察 (2007/10/26)
タイトルに天皇賞(秋)考察とありますが、実は考察などしません

今回の天皇賞でワシが買うのはメイショウサムソンの単勝です

いや、メイショウサムソンに名を借りた武豊を買います。

不肖ダルマ

今年の天皇賞(秋)の◎は高松宮記念が終わった時点でスズカフェニックスでした

★スズカフェニックス
調教師・橋田満
馬主・永井啓弐
騎手・武豊

競馬を10年やってる方ならこのトリオの名前から容易に、もう1頭の馬の名が浮かんでくると思います

【府中の悲劇】から9年

ようやくスズカの冠号の馬でリベンジを果たす馬が現れたと思いました

しかしながら、馬インフルエンザが全てをブチ壊してしまいました

スズカフェニックスは馬インフルエンザのために帰厩が遅れ、天皇賞へのローテーションに狂いが生じました

毎日王冠から天皇賞の青写真がスプリンターズからの秋初戦になり、不本意な結果に終わってしまい天皇賞回避

武豊はメイショウサムソンで凱旋門賞の予定でしたが、馬インフルエンザの為に凱旋門賞回避となり、そのままメイショウサムソンの手綱を取って天皇賞へ…

馬インフルエンザという病気がスズカの夢とワシの希望を台無しにしてしまいました

スズカフェニックスが今年の天皇賞(秋)で通用したからどうかはわからない
しかし、ワシはメイショウサムソンが出てこようが、アドマイヤムーンが出てこようが、
◎はスズカフェニックスで行く予定でした

思い入れで馬券を買ってはいけないのは重々承知ですが、
競馬ってのは、ただ馬券ありきじゃないんですよね

自分が惚れた馬のレースを応援する
時に勝ち負けは度外視してでも単勝馬券を買ってしまうのは何故か?

余人は知らず、ワシは馬に自分自身を投影してしまう

困難な立場に置かれた馬、
強い相手に立ち向かっていく馬に自分自身を重ねてしまう

そして応援する
だから馬券も買う。

そのスズカフェニックスは天皇賞に登録も無かった…

ワシにとってつまらない天皇賞になるところでした

昨年○◎、一昨年◎○で仕留めてゲンのいいレースでありながら、木曜日の昼過ぎまで本当につまらないレースになっていました

木曜日午後の枠順発表があってから様相が一変しました

1枠1番メイショウサムソン・武豊

9年前のあの日
サイレンススズカが背負った1枠1番に再び武豊

スズカフェニックスで勝負に出ようと決めていたワシにとっては、まさに

[神の見えざる手]が差し伸べられてきたように思える

お前はそんなことだけで◎を打つのか?と笑われそうですが、
【理外の理】を重視するワシにとって、
【天皇賞(秋)1枠1番武豊】は充分過ぎるくらい理由になる。

秋のG1において騎乗云々言われている武豊ですが

スプリンターズSは馬のデキと馬場

秋華賞は馬の能力差

菊花賞は馬の距離適性

全てに負けるべくして負けたレースばかり

今回は違う

皐月賞・ダービー・天皇賞(春)と、距離、コース、底力を問われるレースで他馬を凌駕してきた馬です、
苦労人の石橋守が天塩にかけて育て上げて来た馬に乗り替わって挑戦する天皇賞です、
9年前の1枠1番を背負って府中に散ったサイレンススズカを武豊が忘れるはずはない

他のレースとは違います

あれから9年
天皇賞(秋)において、同じ1枠1番を背負って負けることは許されないし、ありえない。

不肖ダルマ

菊花賞に懲りずに【理外の理】を追い求めてみます

秋華賞、菊花賞で人気馬に乗りながら結果として批判を浴びる騎乗をした武豊はここは負けられない
負ければ今後、二束三文の騎手に成り下がってしまう

ワシは武豊のプライドに賭けてみる。
菊花賞の覚え書き (2007/10/21)
1着注アサクサキングス
2着…アルナスライン
3着○ロックドゥカンブ

16着◎ウ"ィクトリー

8枠全滅ですか…

完敗です

まあ、アサクサキングスが勝つことによって、ダービーでのウオッカの評価が確定したわけで

今回はベタベタな引っ掛けにハメられたってことですね

ダービー時よりも馬体重減らして出てきた神戸新聞杯で完全にG2の神戸新聞杯狙いの競馬だと思った

ダービーで牝馬にちぎられて、宝塚記念で二桁着順の馬が菊花賞馬ですかぁ~

アルナスラインは買えないし…、
フサイチホウオーと同じ枠だから怪しいとは思っても、中1週では厚い印は打てない

この馬券は何度やってもとれませんわ

自信満々で外したから悔しくも無い
ウ"ィクトリーは丸1週掛かりっぱなし
今日くらい岩田と安藤の腕の差を痛感したことはないよ

なんか愚痴ばかり出てきて回顧にもなんにもなりゃしない

エーシンダードマンが4着でよかった…
馬券に絡んでたら悔しくて眠れないだろうな

今日はココまで
さ、来週来週
菊花賞予想/◎ウ"ィクトリー (2007/10/21)
◎はウ"ィクトリー

詳しい見解は週中の考察で述べました
補足すれば、春は素質だけで走っていた馬がひと夏越えて懸案だった気性面の成長が窺えることです

暴走気味の皐月賞で押し切って勝ったということはスピードもスタミナにも秀でています

最終追い切りでは前に馬を置いて直線で弾けるように抜け出してきました
攻め馬ひとつにも春とは雲泥の差があります

菊花賞は完成度とスピード、スタミナの総合力が問われる一戦

三冠は逃したが、ダービーを勝てなかった二冠馬は過去に数頭います

ミホシンザン
サクラスターオー
セイウンスカイ

ワシが実際に見てきた二冠馬にウ"ィクトリーは勝るとも劣らない。

○ロックドゥカンブ
三連勝馬は消せ、四連勝馬は負けるまで買えの格言もある、空き巣とはいえ重賞連覇は今回のメンバーなら誇れる実績です
最終追い切りも非の打ちどころが無いくらいで素直に能力を信じて今回まで買ってみたい

△エーシンダードマン

ロックドゥカンブが通用するならこちらも捨てられない
有力先行馬が多い今回は平均して流れて最後は持久力が問われる流れになりそうです

スピードで劣りますが、スタミナ勝負なら人気馬に一泡吹かせるシーンもありそうです
前走の兵庫特別、前々走ラジオN賞で勝ち馬の上がりと遜色ありません、バテない強みは三千で生きる

鞍上強化と菊花賞ゆかりの血に賭けてみたい

注アサクサキングス
逃げでしか結果を出していなかった馬が前走は控えて伸びてきた、こちらも夏を境に成長が窺えます
×ホクトスルタン
菊花賞で怖い横山典ですが、よくよく考えて青葉賞の負け方が気になりだした、週中考察からは印を落とします
頼りは横山典に尽きる

×ドリームジャーニー
スタミナが問われる流れを想定していますから若干の不安がありますが、武豊は前週に続いてポカは出来ないだろうという読みです
流れが向けば勝ち負けでしょうが、今回予想する流れはドリームジャーニー向きとは思わないので、こちらも押さえまで
×デュオトーン
エーシンダードマン買うならこっちも買っておけですが、前走からエーシンは中間に時計になる攻めが2本
デュオは1本
この違いが印の差に出ました

◎ウ"ィクトリー
○ロックドゥカンブ
△エーシンダードマン
注アサクサキングス
×ホクトスルタン
×ドリームジャーニー
×デュオトーン

馬券は
馬単が
18⇒04(50)
18⇒05(20)
18⇒10(15)
18⇒16(6)
18⇒17(6)
18⇒14(3)
三連単が
18⇒04⇒05(20)
18⇒04⇒10(20)
18⇒05⇒04(10)
18⇒05⇒10(10)
18⇒10⇒04(5)
18⇒10⇒05(5)
18⇒04・05・10・14・16・17(各1)

菊花賞考察2~枠連 (2007/10/20)
枠順が発表されて若干の変更が出てきました

頭はウ"ィクトリーで変わりません、枠順見て妄想が確信に変わりつつあります

ウ"ィクトリーは8枠18番
皐月賞、ダービーに続いてクラッシックすべてで8枠です

ちなみに今年のG1は
フェブラリーS
枠連4ー6・900円
(3着に8枠9番人気ビッググラス)

高松宮記念
枠連4ー8・1790円
(2着に13番人気ペールギュント、8枠同居馬にG1馬オレハマッテルゼ)

桜花賞
枠連7ー8・240円
(7枠にウオッカとアストンマーチャン同居)

皐月賞
枠連5ー8・6360円
(2着に15番人気サ
ンツェッペリン)

天皇賞
枠連3ー8・1070円
(2着に11番人気エリモエクスパイア、8枠はデルタブルース同居)

NHKマイルC
枠連5ー7・1440円
(1着17番人気ピンクカメオ、3着に8枠18番人気ムラマサノヨートー)

ウ"ィクトリアMC
枠連2ー2・26740円
(3着に8枠、8番人気デアリングハート

オークス
枠連1ー4・1480円

ダービー
枠連2ー8・1990円
(2着に14番人気アサクサキングス、8枠同居馬は皐月賞馬ウ"ィクトリー)

安田記念
枠連1ー3・1570円
(3着に8枠9番人気ジョリーダンス)

宝塚記念
枠連3ー8・700円

スプリンターズS
枠連3ー4・1130円
秋華賞
7ー8・310円
(2着に7番人気レインダンス、8枠同居馬にダービー馬ウオッカ)

秋華賞までの平地G1、13R消化して8枠絡みの枠連は7R、3着まで広げれば実に11Rになります
その大半は人気薄

天皇賞、ダービー、秋華賞はG1馬が同居した人気薄が絡んでる

G1においてG1馬が同居する枠は特注です
ウ"ィクトリアMCのようにゾロ目で決まる以外はG1馬が出走していれば、かなりの確率でG1馬の同居する枠が連対します

ベタ過ぎて[引っ掛け]っぽくもあるんですが、今回の菊花賞は2頭いるG1馬が共に同居した8枠は外せないというのがワシの結論です。

8枠の中から、前スレに書いた考察通り今年の菊花賞馬券はウ"ィクトリーから買います
朝日杯勝ち馬よりも皐月賞馬の方が圧倒的に菊花賞は活躍馬が出ています

問題は8枠からならどこを買うか?

まず、8ー8は押さえておきたい、武豊、横山典の東西の菊男ですから外せません
但し、ドリームジャーニー、ホクトスルタン共に馬自体の評価はイマイチです
(少なくともワシには訴えてくるものが足りない)
8ー8はあくまで押さえ

本線はやはり2枠ですね
ロックドゥカンブの調教VTRを見てしまったので(苦笑)

絶品でした

攻め駆けするジョリーダンスを子供扱いして直線で馬体が沈んで力強くWチップ蹴散らしてました

絶好調ですね

柴山がどうたらこうたらの次元の馬で無いような気にさせる追い切りでした

ちなみに最終追い切りだけの判断ならウ"ィクトリーとロックドゥカンブの1点でいい。

G1とは狙って奪るもの
ここへ向けてしっかり照準合わせて来た感じ

おそらく枠連2ー8は抜けた1番人気になりそうです

G1は初めて馬券買う人間でも的中馬券を手にしやすいように、日本の競馬には枠連というものがある

先週の秋華賞なんて、まさにそれ
G1馬の枠でボックス買い、あるいは2頭同居の8枠から買えば、いとも簡単に的中馬券を手にできる

馬券を初めて買う人間は回収率よりも的中することが嬉しいんじゃないでしょうか?

今回の菊花賞、初心者の目で枠連を買うとしたら、8ー8と2ー8はまず買うでしょう

枠連ボックス三点買いと8ゾロを買うとして2枠と8枠
あとひとつは?

今更初心者には戻れませんが、競争内容、騎手の腕、臨戦過程などの真面目な検討抜きにして初めて馬券を買うつもりになって考えてみると見落としていたものが見えてくることがある

競馬を知れば知るほどマイルCのピンクカメオは買えないし、天皇賞のエリモエクスパイアにはなかなか手が出ない、ダービーでアサクサキングスを軸にはしづらいものです
あの日どれだけの人間がペールギュントを評価していたでしょう?

ワシは枠連至上主義者ではありませんが、JRAが[枠連]を残しているのには意味があると思っている

不肖ダルマ

今回の菊花賞は枠連で考えて馬単で買う
8枠から8・2・7・5・4・1・3・6へ

総流しかい!(爆)
菊花賞考察 (2007/10/17)
秋華賞は4頭のG1馬が出てきて豪華絢爛な出走表でしたが、
今年の牡馬三冠レースの最後、菊花賞にはダービー馬が出てきません

ダービー馬が出走しない菊花賞は夏の昇り馬が勝つことがお決まりのようですが、今年はヒシミラクルやデルタブルースが勝った菊花賞とは違和感を覚えます

これまではダービー馬が故障引退して菊花賞に出れなかったそんな年には夏の昇り馬や遅れで来た長距離血統馬が活躍するのもわかるんですが、

今年は違う

ダービー馬・ウオッカは健在です

[ダービー馬不在の菊花賞]は夏の昇り馬ということで現在デビュー以来4連勝中のロックドゥカンプが1番人気になるやも知れません

ダービーには間にあわなかった馬でウオッカとは未対戦
南半球生まれの外国産で55kgで菊花賞に出走できます

ラジオN賞、セントライト記念と重賞連覇して勢いは充分、春の人気馬フサイチホウオーの神戸新聞杯での無惨な負け方を見れば人気はこちらに移りそうです

55kgで走れる馬が菊花賞勝てば、
いかにも、牝馬にダービーかっさらわれた世代に相応しい勝ち馬と後世の笑い者になりはしないか?

そういうことになれば、ダービー馬・ウオッカの値打ちさえ落としかねなくは無いか?

三冠馬は10年に1頭生まれますが、
[牝馬のダービー馬]ってのは日本の競馬が始まってから、まだ3頭しか出ていない

グレード制が導入されてからダービーへの牝馬の挑戦さえ珍しくなった今日では、ウオッカは100年に1度の馬と言っても過言では無い

ある意味、ウオッカは三冠馬より偉大な存在であるとワシは思う

牝馬にダービーで負けた馬が菊花賞を勝てば菊花賞の値打ちは下がるかも知れない

しかし今や、三千の距離を勝つことにどれほどの値打ちがあるのか?

ダービーは違う

日本の馬産界にとって神聖にして犯すべからずの種牡馬選定レースです

ダービーの勝ち馬が牝馬なら、その父馬の種牡馬価値が上がる時代です
事実、タニノギムレットの馬産地での評価はうなぎ昇り

ここで55kgの斤量で菊花賞馬が誕生すれば、それこそ100年に1度の牡馬最弱世代になってしまう

ダービーを牝馬に勝たれたダービー出走組が菊花賞を勝てば菊花賞の価値が下がるという意見もあるでしょう

そうだとしたら
既に終わった皐月賞で勝ったウ"ィクトリーは値打ちの無い皐月賞馬ということになる

牝馬にダービーを勝たれて、
[弱い世代の牡馬]という評判は菊花賞で、どの馬が勝とうがもはや覆しようのない事実

しかしながら、牝馬にダービーを勝たれはしたが、世代の牡馬の値打ちを下げ止める菊花賞勝ち馬候補が1頭だけいる

ワシはウ"ィクトリーが菊花賞を勝つと思う

皐月賞と菊花賞の二冠を征すれば、まがりなりにも牡馬の面目は立つ

今年から菊花賞トライアルの神戸新聞杯が2400に距離延長したのには、それなりの理由がある筈

JRAの求める菊花賞勝ち馬は神戸新聞杯経由であらねばならない

ワシは少なくとも今年に関しては、ロックドゥカンプや、デュオトーンが菊花賞を勝たせてもらえるとは思わない

ラップ理論や相馬眼を持つ人から見れば何を戯れ言を、と思われるかも知れないが…

不肖ダルマ

[理外の理]で勝ち馬検討して20余年の馬券の嗅覚でウ"ィクトリーを決め打ちです

ウ"ィクトリーが複勝圏内から外れたのは、2番人気になりながら出遅れて暴走して競馬にならなかったダービーのみ

母父がトニービンで三千は守備範囲

馬主は大手の近藤氏
生産者は社台のノーザンF

騎手は中央移籍後に武豊とリーディングを争うまでになった岩田康成

ワシは次週の天皇賞では岩田アドマイヤムーンが勝たないと診ている

神戸新聞杯経由(3着)

ダービー組から勝ち馬が出るとしたら、ウ"ィクトリー以外には考えられない

尋常でない年は尋常でない予想をしよう

◎はウ"ィクトリー

相手本線は神戸新聞杯経由の非ダービー組
○ホクトスルタン

連下以下に別路線非ダービー組
△デュオトーン
×アルナスライン
×マルモコウテイ

特注は無敗馬・ロックドゥカンプの枠同居馬ですから枠順発表後に変更ありです
菊花賞の下拵え (2007/10/17)
★一週前登録で騎乗者未定の馬

★前走が2000m未満の距離の馬

★ダービー出走馬で11着以下の馬

★ダービー後の休み明けで前走馬体重を減らしてきた馬

★直近2走連続で掲示板を外している馬
★重賞未経験馬

以上に該当する馬を消して残った馬から勝ち馬検討します
☆アルナスライン
☆ウ"ィクトリー
☆サンライズマックス
☆デュオトーン
☆ドリームジャーニー
☆トーセンアーチャー
☆ホクトスルタン
☆マルモコウテイ
☆ロックドゥカンプ
以上9頭
秋華賞の覚え書き (2007/10/15)
1着○ダイワスカーレット
2着…レインダンス
3着▲ウオッカ

4着ベッラレイア

ダイワスカーレットの完勝でした
二番手でも単騎逃げのペース
1分59秒台で走られて上がり33秒台では後ろは厳しいよ
スピードだけでなくスタミナもあるよ、オークス出てたら三冠馬になってたんじゃないか?

レインダンスはローズS3着
ローズSのレベルの高さが証明されました、紫苑S組はやはり一段落ちる
ていうか8枠に入った時点で重視しないといけませんな

オークス馬とダービー馬が同居してるんだから枠連なら8枠からでしょう
G1は初心者の視点で馬券組み立てないといけないのはわかってる筈なのに6枠ベッラレイアから入ってしまった凡ミスです

秋華賞は基本的に枠連では荒れないレースです

ウオッカは頭かドン尻かと思ってたけど3着は健闘
ダービー馬の看板に一応の格好つけました
次はJCか?
JCまでしっかり追えるかどうかで判断したい
こういうレースが一番反動が怖い

ベッラレイアは上がり32.9ですか…
武豊が最後方待機+大外ブン回し

お前、いつから四位になった(怒)

弱小馬主はG1なかなか勝たせてもらえませんね
基本的に秋華賞は牧場持ってる馬主の為のG1ということ忘れてた

[教訓]
G1は、まず枠連で検討して引き算で馬連を導き出すべし

 
府中牝馬Sの覚え書き (2007/10/15)
1着○デアリングハート
2着…アサヒライジング
3着…アドマイヤキッス

4着◎ディアデラノビア

う~ん、横山典でもダメか…
内から伸びる馬じゃないんだよな

馬券は9Rで北村宏が飛んだから古賀ライン尊重してアサヒライジング買い足しましたが4着じゃどうしようもない

4枠鉄板と思ってたけど、今更枠連には戻れないよな~

エリザベス女王杯へ向けてのレースでしたがデアリングハートはマイルCS行きかね?
マイルCSなら要らない

アサヒライジングは3着で検討
ディアデラノビアはピークが過ぎたような…
秋華賞/◎ベッラレイア (2007/10/14)
三歳牝馬三冠目のレースですが、稀にみるハイレベルなメンバーが揃いました



G1馬が4頭



しかもダービー馬がいて、もうこの先ワシが生きてる間でこんな豪華なメンバーの秋華賞は見れないでしょう


G1馬4頭差し置いて◎はベッラレイア


出てくれば桜花賞でさえ◎を進呈しようと思っていた馬
それほどに新馬戦のレースでインパクトを与えてくれた馬です。

春は除外の連続で使いたいレースを使えず賞金加算ができず調整にかなり苦労したようです


背水の陣のフローラルSで鬼脚使わされたところでピークだったのでしょう、ダイワスカーレットとウオッカのいないオークスは勝たねばなりませんでしたが、九分九厘手にしたG1タイトルは福永にすくわれてしまいました


ベッラレイアが負けたというよりも、秋山で負けたと言わせてもらいます


“タラレバ”を言ったところで春は運に見放されたベッラレイアですが、ひと夏超えてのローズSでは鞍上に武豊を迎えてのプラス18kgで2着
レースではダイワスカーレットを差し切れませんでしたが、最後の直線で2着を確保した後は武豊も本気では追ってなかったように見えました



トライアルのローズSは阪神の1800外回り
ダイワスカーレットが大名逃げかましての上がりのレース

言わばダイワスカーレットのためにあったような条件設定

コース替わりしてG1の舞台ならダイワスカーレットには先着できるとみてます


ダイワスカーレットは桜花賞を勝った後にオークスを回避
秋の初戦からある程度は仕上げて来ての完勝

ダイワスカーレットの競馬は前づけして自分のペースに持ち込んで上がりの勝負になれば、無類の強さを発揮します、

ローズSは逃げイチでの展開面のアドバンテージがあったが、
秋華賞で同じようなレース展開になるとも思えない


桜花賞馬ですから無様な競馬になるとは思えないが、少なくともこれまでのような楽な展開は望めないとみてます


本来なら1番強いのはウオッカでしょう、牝馬でダービーを勝つという規格外の馬

凱旋門賞狙っていた馬が秋華賞あたりで負けるはずが無いのが

[競馬の格]

というもの


しかしダービー馬であるがゆえに過去のダービー馬の秋の緒戦がよみがえってきます

宝塚疑念を使って古馬の厳しい流れを経験したのが今回に生きてくるとは思うが、ダービー・宝塚疑念のタブなレースを使った疲れは残って無いのか?


杞憂に終わればゴール前で本来の強いウオッカが見れるでしょうが、ダービー馬の秋緒戦は期待以上に不安が勝ってしまいます

オッズ上は3強ですが一角が崩れる恐れも十分考えられる
京都内回り2000は紛れの生じやすいコースです、過去を振り返れば力量上位の馬が何度馬群に沈んで波乱があったことか…



不肖ダルマ


G1は好きですが、このレースは馬券の勝負はできません
金額は押さえ目で行きます


強いて挙げるなら穴馬で紫苑S1、2着馬とG1馬2頭

◎ベッラレイア
○ダイワスカーレット
▲ウオッカ
△ラブカーナ
注アルコセニョーラ
×ピンクカメオ
×ロープデコルテ

馬券は◎から馬単流しと三連複流しで

 
府中牝馬S/◎ディアデラノビア (2007/10/14)
◎ディアデラノビア

ようやく鞍上に人を得た感があります
横山典ならディアデラの持ち味をフルに発揮できるのではないでしょうか?

3ヶ月の休養明けですが、時計になった追い切りは4本と調教からは充分な狙いが立ちます

展開もアサヒライジングが平均ペースで逃げるでしょうから、横山典なら動きどころの判断にミスは無いだろうと思います

シーザリオ引退後では5歳牝馬No.1はこの馬
エリザベス女王杯よりも条件面でここが勝負


○デアリングハート

先行するアサヒライジングを見ながら競馬ができそうで、昨年の競馬ができれば連対圏はある


▲コスモマーベラス

このメンバーにどうかとう疑念はあるが、なにしろ追い切りが絶品

△タイキマドレーヌ

小牧=松元茂ライン、土曜日のデイリー杯2歳Sで1番人気吹っ飛ばしてるだけに小牧は頑張るか?

注ヤマニンアラバスタ
東京・新潟専門馬


◎ディアデラノビア
○デアリングハート
▲コスモマーベラス
△タイキマドレーヌ
注ヤマニンアラバスタ

馬券は◎から馬連流しと三連単流し
府中牝馬Sの下拵え (2007/10/11)
モタモタしてたら木曜日、すでに出走馬18頭が確定してます
★1週前登録で騎乗者未定の馬

★前走がクイーンSで連対を外してる馬
★前走がマーメイドSで連対を外してる馬

★6歳以上

★クラスを問わず前走で掲示板を外してる馬

★重賞未経験の5歳以上

上記に該当する馬を消して残ったのが

☆アサヒライジング
☆タイキマドレーヌ
☆ディアデラノビア
この三頭のうちから連軸決定します
秋華賞の下拵え (2007/10/11)
三歳牝馬最後の一冠ですが、クラッシックレースではありません
桜花賞やオークスと違って、ひと夏越えて少女から大人の女に脱皮したオンナ馬のレース

一筋縄ではいかない、まさに女心と秋華賞(笑)

データは通用しないかもしれないが一応勝負にならないであろう馬を斬っておく
★前走がローズSで6着以下は消し

★前走が紫苑Sで3着以下は消し

★前走が1000万下のレースで負けている馬

★抽選出走該当馬

上記に該当する馬を消して残した馬から◎ベッラレイアの相手馬決定します

☆アルコセニョーラ
☆ウオッカ
☆ダイワスカーレット
☆タガノプルミエール
☆ヒシアスペン
☆ピンクカメオ
☆ラブカーナ
☆レインダンス
☆ローブデコルテ

毎日王冠の覚え書き (2007/10/11)
1着…チョウサン
2着注アグネスアーク
3着○ダイワメジャー

6着◎コンゴウリキシオー

コンゴウリキシオーはストーミーカフェにペース乱されました、スンナリ行けないと脆い。
ダイワメジャーは馬体戻して仕上がり上々、自分の時計だけは走ってる

毎日王冠の過去のデータからはチョウサンは買えない馬です、チョウサンに勝たれては馬券は当てようが無い。

◎コンゴウリキシオーはセオリー通り

自分の型に持ち込んで外した馬券ですからこれはこれでしょうがない

古馬のG2で重賞実績の無い馬が勝ってしまうとお手上げです
京都大賞典の覚え書き (2007/10/10)
1着△インティライミ
2着▲ポップロック
3着…アルナスライン

9着◎ハイアーゲーム

まあ、ちょっと無理狙いな感もありましたが、?ー?の馬連で勝負に出れるほどの確信が持てない2頭ですから馬券外したのは致し方ない

インティライミは折れ合いに成長がありますね
ようやくスランプを脱したようで、このままJCへ直行なら無印にはできなくなりました

ややこしくなるからこの2頭は天皇賞に出て来て欲しくないね
毎日王冠/◎コンゴウリキシオー (2007/10/07)
スプリンターズSが終わりましたが、毎日王冠が始まると秋のG1シリーズが始まったのを実感します


過去に名勝負を繰り広げてきた伝統と格式のあるG2レース、実績馬が強いレースでもあります




開幕週のスピード勝負になりがちで4角で5番手につけておきたいところ

ていうか、安田記念の再戦ですね、マイルの戦いでは差し切られましたが、コンゴウリキシオーにとっては全ての条件が好転します


・外枠から揉まれずにスタートが切れる

・3戦3勝の千八

・開幕週の絶好の馬場状態


ストーミーカフェが先手でしょうが、3角手前くらいからコンゴウがハナに立つとみてます
コンゴウリキシオーの持ち味は徐々に加速して大きなストライドでスピードが増すというところ


安田記念より緩い流れになりそうな毎日王冠はコンゴウリキシオーに有利な流れになりそうです



◎コンゴウリキシオー
○ダイワメジャー
△エイシンデュピティ
注アグネスアーク
×ストーミーカフェ


ブライトトゥモローは買わない
前日発売で2番人気っていうだけで買う気が失せた、インティライミも差せない馬が毎日王冠で2番人気とは恐れ入る(笑)



京都大賞典/◎ハイアーゲーム (2007/10/07)
スプリンターズSが終わりましたが、京都大賞典が始まると秋のG1シリーズが始まったのを実感します


過去に名勝負を繰り広げてきた伝統と格式のあるG2レース、実績馬が強いレースでもあります
(コピぺですまぬ(爆))



さて東で毎日王冠、西は京都大賞典


毎日王冠はダイワメジャーが1本被りですが、こちらはオッズからは2強ムード
実績のポップロックと再起してきたインティライミで前日発売馬連は2倍台



そんなに信用できる2強とは思えないんですよね…

インティライミの朝日CCはメンバーが軽かったです

[勝った馬が強い]のが競馬ですから1番人気で1着した馬が弱いわけ無いんですが、ここでも強いかというと疑問符がついてしまう


片やポップロック
有馬記念ディープインパクトの2着
京都記念アドマイヤムーンの2着があって実績はあるんですが、勝った重賞はハンデキャップ戦の目黒記念を2回

POではありますが、勝ちみに遅いハンデキャップホースとしか思えない


今回はG1ではないからこだわる必要も無いんですが、この2頭で馬連2倍台ですか?













ワシにこんな馬券を買えと?(笑)








◎はハイアーゲーム
層の厚い6歳世代の青葉賞勝ち馬

屈腱炎で1年5ヶ月の休養明けで、ここはひと叩きで次走にハンデ戦での狙いってのが常識でしょうね

[屈腱炎明けの馬の初戦は消し]って格言もあります



が、しかし



こでポップ=インティの馬連を買うのはワシの馬券哲学からは許されない。



不肖ダルマ

意地がある



ここでインティ=ポップの馬券を買うということは天に向かって唾を吐くようなもの(魂)


ハイアーゲームは1年5ヶ月休養ですが、夏の頃には乗り込み開始していたようですし、馬体はデキてるでしょう

要は脚元とレース勘
パンとしていれば一番強いのはハイアーゲームです。



データで買うならポップ、インティ、トウショウの3頭ですが、低レベルのG3勝ち馬とハンデキャップホースが人気になるなら




敢えて火中の栗を拾う



(拾うのかw)



◎ハイアーゲーム
○トウショウナイト
▲ポップロック
△インティライミ

 
京都大賞典の下拵え (2007/10/03)
★1週前登録で騎乗者未定の馬
★重賞未連対馬

★前走がクラスを問わず二桁着順馬

上記に該当する馬を消して残った馬

☆インティライミ
☆スイープトウショウ
☆ポップロック
☆トウショウナイト

おお~、4頭まで絞れたよ♪
毎日王冠の下拵え (2007/10/03)
★1週前登録で騎乗者未定の馬

★重賞未連対馬

★前走がG1以外で4着以下
上記に該当する馬を消して残ったのは8頭(多)

☆アグネスアーク
☆エイシンデピュテイ
☆エリモハリアー
☆カンファーベスト
☆コンゴウリキシオー
☆ダイワメジャー
☆トウショウヴォイス
☆ブライトトゥモロー

石坂厩舎の2週連続重賞勝ちは無いとみていいかな?
開幕週だけに先行馬重視でいけばコンゴウですが…

スプリンターズS覚え書き (2007/10/01)
1着▲アストンマーチャン
2着◎サンアディユ
3着…アイルラヴァゲイン

朝からの雨が止まず、良スタートがレース発走時間には不良馬場に

こうなると良想定で予想した○コイウタ
×アグネスラズベリ
×クーヴェルチュール
に出番は無し

良で足りないと思って斬ったアイルラヴァゲインが最内枠と中山巧者ぶりを発揮して3着まで粘ったのにはびっくり
松岡がG1馬コイウタに乗らずにアイルを選んだ理由がレース終わってから気付いた(遅)

[下拵え]で残った馬を簡単に斬ってはいけませんな
何度失敗してることやら…

不良馬場になったおかげで
▲アストンマーチャンの好走は予想できましたから馬券は◎▲の馬連を本線にして○コイウタは押さえに回して大正解

それでも4角で◎サンアディユの手応え見た時には諦めた
直線向いて2番手以下がもがく中、単騎先頭のアストンはスイスイ逃げ脚伸ばして楽勝
2着は脚が上がりながらサンアディユが前のアイルラヴァゲインを捕らえて外から強襲キングストレイルの追撃をしのいで2着でゴール

桜花賞ほどの満足度ではありませんが、それでもほぼ読み通りに決まってガッツポーズがでました

さて3着のアイルラヴァゲインは時計が掛かったのと最内枠に恵まれての3着
中山千二以外では人気になったら疑え

2着サンアディユ
サマーシリーズ3戦した後のG1戦はやっぱりキツかったか、前走のようなインパクトのある走りはできませんでしたが、切れ味を馬場に殺されたのも事実

しっかり休ませて万全の状態で春に出てくれば高松宮は勝てる。

1着アストンマーチャン
騎手を武豊でなく中館に依頼したのは石坂師の英断
過度な人気にもならず3番人気ならマークも薄くなりました
馬場も絶好の不良馬場
独特のピッチ走法はスタートして2Fで勝負が決まった感があります
来春高松宮では人気になるでしょうが、良の中京で内枠引いたらわからないぞ

2番人気スズカフェニックスは[絞り込み]で書いた通りに外々回って流してました
これで次は確実に人気落ちになります

乗らせて下さいと言えばアストンマーチャンの鞍上は武豊でもよかったはず
あえてスズカフェニックスにこだわった武豊の真意は?

天皇賞(秋)が楽しみになりました( ̄―+ ̄)
ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2007. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。