負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
月別ログ_2007年05月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安田記念の下拵え (2007/05/31)
モチベーションが一気に下がっての安田記念(笑)

とりあえずいらない馬を消去しておくか

★最終登録時点で騎乗者未定の馬

★5歳以上で重賞未勝利馬

★前走がG1で掲示板に載って無い馬

★前走がG2以下で複勝圏内を外した馬

★前走が海外戦で未連対馬

★前走が京王杯で3着以下

★前年安田記念出走馬で3着以下だった馬

以上に該当する馬は消して残った馬が

エイブルワン
キストゥヘヴン
コンゴウリキシオー
ジョリーダンス
スズカフェニックス
スーパーホーネット

上記6頭の中から連軸探します
スポンサーサイト
ウオッカは強し、ダルマは弱し (2007/05/30)
20070530152524
画像はダービーの馬券

ウオッカからの馬単3点は決まればすべて帯封です

1週間考えて、考えて、考え抜いた結果はどうしても勝つのはウオッカしか無かった

漠とした想いが確信へと変貌たのは枠順と、WAKUWAKU競馬道場のGMさんの有力馬診断を見てからです

勝負に出よう

今年の競馬(馬券)はオークスを終わった時点でマイナス2万弱

普段のG1は1~2万、よほど自信がある時でも3万までですが、ウオッカの単勝が10倍ならフローラS並みの勝負に出てもいいのではないか?
荒れまくった春のG1戦を凌いでなんとか若干のマイナスで済んでるのはいつものワシからすれば奇跡に近い

負けるとは思わないが、何があるかわからないのが競馬

もし負けたとして、それは自分に見る目が無かったまで

フサイチが1倍台ならウオッカで勝負に出る値打ちは十二分にある

日曜の朝は清々しい気分に浸ってました

ウオッカで帯封を狙う!

ここまでは良かった(笑)

素直に単勝1点10万買ってりゃ良かったのよ

新聞でオッズ見てしまって計算しちゃった
ウオッカからの馬単で相手がオーラ、ヴィクトリーなら万馬券ですわ

フサイチでも27倍

10万の予算なら・・・
フサイチ4万買えば帯封?
ワイドも買って総取りなら帯封は楽にクリア

阪神競馬場まで行って買った馬券が3枚になっちゃった

単勝は1万円しか買ってない

それでもゲートが開くまでは既に帯封手にしてる自分が見えてた(馬鹿)

レースはウオッカだけを見ていました
直線向いてウオッカが弾けた途端に

『ウオッカ!!』

震えが来たね

勝ったと思った瞬間・・・

アサクサてなんやねん
(´A`;)

サンツェッベリンてなんやねん
(´A`;)

終わり間際に岩田オーラがサンツェッベリン交してくれてなんとかワイド3―14が五千円的中

_| ̄|○
ガックリですわ
とてもじゃないが勝った気分じゃない

単勝だけ買ってりゃよかったのに・・・・

ウオッカは強かった

ワシは欲に負けてしまった

千載一遇のチャンスでしたね

またひとつ教訓が増えてしまいました

『勝負とギャンブルは別物』
単勝馬券は勝負
連勝馬券はギャンブル

勝負したつもりが欲に目が眩んでギャンブルになっちゃった

ウオッカとともに忘れてはいけないダービーになりました

ていうか、

ワシはギャンブル向いてないね。

 

◎ウォッカ/日本ダービー (2007/05/27)
長い歴史のある日本ダービーで牝馬が優勝したのは過去に2頭

1943年クリフジを最後にダービーで勝つ牝馬はいなくなりました

ダービーで牝馬に◎を打つとは思いもしませんでしたが、今年の三歳牝馬はレベルが高い

中でも桜花賞の1・2着馬は更に上を行くレベルなんではないか?
ダイワスカーレットがアドマイヤオーラと勝ち負けを繰り返したように牡馬とも互角に戦えるのが桜花賞1・2着馬です

ウォッカは桜花賞はダイワスカーレットに負けましたが、阪神JF以来4戦続けて1分33秒台で走っています
競馬は時計ではないのは承知ですが、能力を計るのはマイルの持ち時計

元々オークス向きと言われてましたがJFを勝ったことで陣営は色気も出てきたかチューリップ賞から桜花賞、勝てばダービーへの青写真でした
しかし桜花賞を負けたことでダービーは白紙になったと思いきや角居師は迷うことなくダービー挑戦を進言

馬を1番知るのは調教師です、オークスへ登録もせずにダービー挑戦なら結果を出さねばならない
今年の牡馬相手なら勝負になるとの判断でしょう

角居師は松田国厩舎時代は調教助手としてクロフネ・タニノギムレット・キングカメハメハの仕上げに携わってきた人物
調教師になってからもシーザリオ・デルタブルース・ポップロックなどG1馬を育ててきました
その角居師がダービーに牝馬を挑戦させるからにはビワハイジのようなただの話題性で終わるとは思えない

牝馬だからダービー勝てないってのは[悪しき思い込み]

ダービーは強い馬が勝つレース
桜花賞を負けたことによって人気落ちはかえって陣営には良かったのではないか?

理由はともあれ皐月賞で連にも絡めない馬が単勝1倍台ならギャンブルとしての馬券はウォッカから入るのが本道だと思う

不肖ダルマ
ジャングルポケットの二番煎じなどいらない

それよりも64年ぶり3頭目の牝馬のダービー馬を観てみたい

そろそろ四位にダービーを…

◎ウォッカ
○アドマイヤオーラ
△ヴィクトリー
注フサイチホウオー

馬券は単勝と馬単・ワイド・三連単

日本ダービー考察 (2007/05/24)
サンデーサイレンスは偉大な種牡馬でした

どんな牝馬に付けても産駒は走った
やがて競馬場ではサンデー産駒の勝たない日はなくなるくらい勝ちまくりました

社台グループはノーザンテーストに続いて大成功を納めます
サンデーサイレンスと時期を前後してトニービンも走る子を出します
トニービン産駒からウイニングチケットとジャングルポケットがダービー馬になってトニービンの後継種牡馬になりました

社台Fにはサンデーサイレンス系、トニービン系の繁殖牝馬が多数になりました
社台Fだけではない
サンデーサイレンス産駒が走るってんで中小生産者はリーズナブルなサンデー系の種牡馬を種付けして、競争を終えて牧場に帰ってくる牝馬がサンデー系だらけになってきました

目先の利く人間なら何を考えるか?

サンデー系とトニービン系の繁殖牝馬に付ける種牡馬を探すでしょう
なんせ北海道の生産者でサンデー系の繁殖牝馬がいない方が珍しい

皐月賞はその流れなのかどうかわかりませんがブライアンズタイム産駒のヴィクトリーが勝って種牡馬価値を高めています

但し、ブライアンズタイムはもはやこの世に無く、代表産駒といえば三冠馬ナリタブライアンですが、ナリタも早世してブライアンズタイムのダービー馬といえばサニーブライアンとタニノギムレットの2頭のみ

サニーブライアンは二冠を制しながら繁殖牝馬に恵まれたとは言えず産駒成績も下がり気味に対し
タニノギムレットはカントリー牧場谷水雄三氏の持ち馬にもかかわらず社台F入りして種牡馬となった

社台Fで種牡馬になるということは優秀な繁殖牝馬に恵まれることを約束された訳でブライアンズタイムの後継種牡馬としてこれからの飛躍が期待される

社台グループとしては繋養する種牡馬の子がダービーを勝てばそれに越したことは無いだろう

フサイチホウオーが勝てばジャングルポケットの種牡馬価値が上がるし、アドマイヤオーラが勝てばアグネスタキオンの種牡馬価値が上がるというもの

しかしそれはただ単にサンデー系、トニービン系の新種牡馬を生むということに他ならない

社台グループとして、今年のダービーを勝って欲しいのはブライアンズタイムの後継種牡馬としての価値(サンデー、トニービン系繁殖牝馬への種付け)を高めてくれるタニノギムレット産駒ではないか?

タニノギムレット産駒のダービー優勝によってブライアンズタイム産駒の後継種牡馬としての地位を盤石のものとする

社台グループのこの先10年を見据えれば、今回のダービーを勝つのはタニノギムレット産駒の気がしています

アドマイヤの近藤氏は夫人の英子氏がヴィクトリーでクラッシック1冠勝って一丁上がりです

オーラに関しては、この期に及んで主戦騎手の乗り替りはダービーのためには百害あって一理無しと言わざるを得ない

ヴィクトリーが勝っても種牡馬としては母父トニービンがネック

フサイチホウオーが勝てばジャングルポケットの評価は上がりますが、馬産に関しての現状は何も変わらない

社台グループの生産馬が勝つ前提で書いてますが、実際勝つでしょう

春のクラッシック1冠は大手オーナーブリーダーの前田幸治氏が手にしました、
フェブラリーSは日高のヤナガワ牧場、
高松宮は平取の稲原牧場、
天皇賞は浦河の林考輝氏、
NHKマイルCは新冠パカパカファーム

障害を除くG1戦8戦中5戦が非社台です

社台グループは種牡馬事業を生業としてる最大手です
クラッシック2勝を含むとはいえ8戦中3勝では規模としては少なくないか?

社台グループはG1を勝つことによって種牡馬価値を高めて馬を売る

時にG1の着順さえ変わってしまうほどの[運の強さ]です(笑)

昨年のエリザベス女王杯で大手とは言えない三石川上牧場のG1三連覇を阻んだのは福永ではなく、進路妨害の申告をした四位です

フサイチ関口氏はG1エリザベス女王杯を手にしました
(7番人間単勝2620円)

タニノギムレット産駒で桜花賞はおろかダービーまで見据えるほどな馬が何故新馬から武豊でなくて四位なのか?

昨年暮れに阪神JF後に武豊の残した
『来年の三歳で牡牝で一番強いのはウォッカ』
と言っていたことを忘れてはいけない

オーナーブリーダーでもある谷水氏が何故社台とタッグを組んだか?

今年のG1が奇妙な荒れ方をしてきたのは何故か?

[ダービー馬はダービー馬から]の格言は今年も生きていると思う

不肖ダルマ

ダービーの◎は決まりました
今年も神の見えざる手に挑みます。
金鯱賞の下拵え (2007/05/23)
ダービー前日の重賞戦
土曜にバッチリ決めて日曜への軍資金増やしたい

★重賞未勝利馬

★1週前登録時に騎乗者未定の馬

★2戦連続して掲示板を外している馬

★前走二桁着順馬

以上に該当する馬を消して残ったのが

・ヴィータローザ
・スウィフトカレント
・トウカイトリック
・マチカネオーラ
・ローゼンクロイツ

枠順確定後に以上5頭の中から連軸決定します
目黒記念の下拵え (2007/05/23)
ダービーの後の最終Rに設定しやがって、軍資金があるのか心配ですが、うまくホップ・ステップ・ジャンプと行きたいところ

ハンデ戦のG2ですから線引きが難しい

★1週前登録時に騎乗者未定の馬

★2戦連続して掲示板を外している馬

★前走が重賞以外のレースで負けている馬

★ハンデ戦出走経験があるハンデ戦未勝利馬

以上に該当する馬を消して残ったのが

・アドマイヤタイトル
・エアセレソン
・センカク
・チェストウイング
・トウカイトリック
・ポップロック
・マイネルネオス
・ローズプレステージ

枠順確定後に以上8頭の中から連軸決定します

◎ベッラレイア/オークス (2007/05/20)
20070520052736
ベッラレイアの新馬戦のビデオ見て一発で惚れこんでしまいました


出走馬レベル云々は別にして上がり3Fが尻上がりのラップ
ゴールに近づくにつれて加速するといった表現でわかってもらえないでしょうか


新馬戦のビデオ見ただけで今年のオークスはこの馬と心中しようと決めました。


その後は除外続きで桜花賞出走はなりませんでしたが、かえってキャリアを積めて良かったのではないか

すみれSで牡馬相手に3着に負けてしまいましたが、目標のレースを除外されて使わざるを得なかった2200m戦
少頭数とはいえスローに流れた後方待機では届かないのも仕方ない

3戦目のあざみ賞は小回り中京での最後方待機策
直線だけで前の14頭ブッこ抜きました
中京であんなレースを見たのはダイイチボーイ以来です。
あざみ賞で負かしたザレマが直後にOP忘れな草賞を快勝していますし
フローラSでは完璧に近いラップを刻んで勝ちパターンに入っていたイクスキューズを残り300mだけで差し切るパフォーマンスを見せてくれました
イクスキューズは桜花賞5着馬ですから単純に考えれば足りませんが、完璧なラップを刻んだイクスキューズを2F足らずで葬った末脚は驚異です


桜花賞以外からオークスへ向かうトライアルではフローラSとNHKマイルCが秀逸

2年連続でスイートピーS組は来ないと決め付けていいんではないだろうか

忘れな草は負かした相手が勝っていることからもフローラSを上に見ました


ピンクカメオがG1勝ちのタイトル引っ提げてオークス参戦ですが、生涯最高のレース(適性と馬場、相手関係)からの中1週で連続好走できるか疑問です


桜花賞の1・2着馬は出ませんからいきなり波乱含みになったように感じられますが、オークスへのレースをつぶさに検討すればハイレベルな桜花賞も0.8秒千切られた3着以下は普通の馬

流れや展開次第で3着以下の着順は変わります
抜けていたのは1・2着馬のみ


そうなると浮上するのはトライアルのフローラS組

フローラSで余力を残した勝ち方をしていればベッラレイアの頭で決まりだったオークスですが、
秋山の騎乗は馬に負担の残るレースをしてしまいました

フローラSから中3週でどこまで回復しているかが最大のポイント
3歳牝馬の春に再度の長距離輸送がどうでるか馬体重を確認しなければなりません

グリーンチャンネルの最終追い切りを見れば細化は無いように見えます
ただ、いかにも馬体維持のためか軽いように思えました

持てる能力は桜花賞1・2着馬に劣ることは無いとみていますから後は秋山の乗り方次第ということでしょう



最後は自分の眼を信じるしかない
新馬、あざみ賞、フローラSの末脚は追えば追うほど伸びるといったもの
展開もクソもひっくり返すような末脚を見てみたい。



蛇足ではありますが、ワシが牝馬クラッシックを好むのは牡馬クラッシックのように混沌としないからです

牡馬クラッシックには人の動き(騎手・調教師・生産者)の思惑を読まねばならないのと、馬の能力差をラップタイム、血統、戦歴・戦責などと検証しなければならないことが山積みです

牝馬のクラッシック予想で重要なのは




[見た目](笑)




これだけでかなり的中に近づける

3歳春の限定戦ですから比較もしやすい



この時期の女は結局見た目なんだ

中身がともなって味が出てくるのはひと夏超えていろんな経験を積んでからというのは人間も馬もそう変わらない


熟女が一筋縄で行かないのは先週のヴィクトリアMで証明済み(爆)

桜花賞が高校生の運動会ならオークスは女子大生の学園祭みたいなもんです

日々成長する牝馬のクラッシックは時計の比較なんてナンセンス


如何に勝ってきたかが重要です


1番人気に応えて1着で重賞勝ってきたベッラレイアがようやく桧舞台に立てる

連続除外で桜花賞馬の夢は絶たれましたが、オークストライアルを勝って自力でオークス出走権利を掴んできました



夢は与えられるものではなく自分の手で掴むもの



ウォッカが回避し
ダイワスカーレットまでもが直前で回避したということはレースで言えば4角回って直線で前がガッポリ空いたに等しい


あとは秋山が馬の力を信じて追い出せば68代目のオークス馬です。



ミンティエアーは2戦のキャリアで挑んだフローラSで一旦はイクスキューズを捕らえました
ベッラレイアの鬼脚に敗れはしましたが馬ごみにひるむことなく折れ合いがついて騎手がGOサイン出してからは狭いところをこじあけるように伸びて来たことを評価しました

今回はダイワスカーレットが回避したためにレースの主導権を握る馬がわかりません
先週に引き続いて柴田善がハナ切るような展開になればスローはミエミエ
どの陣営も色気が出てきましたから4角まで淡々と流れていきそうです

スローの上がり勝負になればベッラレイアは苦しい競馬を強いられそうです
前が楽して行くと後方からの競馬しようもんなら33秒台の上がりを求められます

片やミンティエアーは馬ごみを割ってこれる馬
先に抜け出してくるのは蛯名ミンティエアーかと思います
勝負根性のある女は怖いよ


NHKマイル勝ち馬のG1馬ピンクカメオが中1週で出走して来ましたが、2400mなら逆転できるスタミナとスピードを兼ね供えているのは今回の出走馬ではベッラレイアとミンティエアーの2頭のみ

戦前の見立て通りスローに流れて上がりの勝負になればマイル女王の出番も出てきます
牝馬クラッシックは中1週ではどうかと言った[常識]は通用しない
直線だけで17頭をゴボウ抜きできる脚はフロックでは使えない。


強い馬が勝つのが競馬ですが、勝った馬が強いのも競馬



不肖ダルマ



今年も自分の眼を信じて馬券を買います
ウォッカがいないからとか、ダイワスカーレットが出ないから勝てた、なんて勝ち方はして欲しくない


どうか


秋山君にはメリーナイスのダービーみたいな競馬をしておくんなさい


ベッラレイアならできる。



◎ベッラレイア
○ミンティエアー
△ピンクカメオ



馬券は三連単ベッラレイア流し2点と三連複1点
馬単は適宜
自信度Aですから予算はそれなりに

ってか、もう買ってしまいました(馬体重は?)w

 
オークスの枠順 (2007/05/17)
手前味噌ですがオークスとの相性が良いです

馬券を逃した年もありますが、ワシが桜花賞で◎を打った馬が5年連続でオークス連対を果たして来ました

02年スマイルトゥモロー
03年チューニー
04年ダイワエルシエーロ
05年シーザリオ
06年フサイチパンドラ

今年は桜花賞◎ダイワスカーレットでした
珍しくというか、ようやく◎が桜花賞を勝てた

その流れに乗ってダイワスカーレットをオークスでも本命視するつもりでしたが木曜午前に感冒のためオークスを回避するというニュースが飛び込んできました

桜花賞で◎を打った馬がオークスに出て来ないという非常事態です

一見[ダルマ危機一髪!]みたいな感じなんですが

週始めには3頭まで絞れていましたからダイワスカーレットが出て来ないとなると、どう転んでも2頭しか残らないわけです

神様が与えてくれたチャンスか?

かっちゃんの陰謀か?(爆)

ワシはチャンスだと思う

不肖ダルマ

今年のオークスは○▲繰り上げての◎○1本でいきます

さて枠順が出ました
JRAの枠順にはほとほと感心しますな

2頭しかいない重賞勝ち馬が仲良く4枠に同居です

先週はG1馬の同居した3・4枠が馬券になりませんでした

【同じことは続かない】
【G1はG1馬の枠を買え】を予想のポリシーにしているワシからみれば、今週の4枠も買いです

今回のオークスで4枠を絡めない枠連を買うのはドブに金を捨てるようなものと、2週続けて書いておこう(笑)

800円あれば4枠から100円づつ流せば当たり馬券にありつけるでしょう

今回4枠が来ないようならワシはブログ閉めて頭丸めましょうぞ(魂)

東海Sの下拵え (2007/05/16)
小回り中京の長距離ダート戦
G2ですから少し線引きも難しい

★1週前登録時に騎乗者未定の馬

★2戦連続して掲示板を外している馬

★前走が重賞以外のレースで負けている馬

★前走が地方交流重賞で複勝圏外馬

以上に該当する馬を消して残ったのが

・オリンピアナイト
・キクノアロー
・クワイエットデイ
・サカラート
・タガノサイクロン
・メイショウシャフト
・メイショウトウコン

上記7頭の中から枠順が出てから連軸決定します

オークスの下拵え (2007/05/15)
痛恨のオークスから1年

ついにオークスウィークがやってまいりました

前日予想でフサイチパンドラ
当日予想でカワカミプリンセスに◎を打ち直すという予想をしながら馬券はカワカミ⇔キストゥヘブンの1点勝負に出て散りました

不肖ダルマ

リベンジあるのみです。

◎○は既に決まっていますが、いつものように1円もいらない馬をあぶり出していきます
先週はコイウタ消してしまって失敗しましたから今週は念には念を入れてやります

★1勝馬で重賞連対経験の無い馬は消し
アメジストリング
アルティマトゥーレ
ヴィアラクテア
ヴィヴィッドカラー
ウインナワルツ
スマートカスタム
ボレロビート
ラストベガ
ラブカーナ
レインダンス

以上10頭消し

★前走桜花賞以外のレースで複勝圏外の馬
トウカイオスカー
マイネルーチェ
ミルクトーレル

以上3頭消し

★芝1600以上の距離で連対経験の無い馬
アマノチェリーラン
ハロースピード
べりーべりーナイス

以上3頭消し

★年明け5戦以上出走した馬
スマートカスタム
ザリーン

以上2頭消し

★前走500万下、未勝利戦出走馬

アドマイヤスペース

以上1頭消して、残ったのが7頭

カタマチボタン
ザレマ
ダイワスカーレット
ピンクカメオ
ベッラレイア
ミンティエアー
ローブデコルテ

上記7頭が3着以内候補
ヴィクトリアマイル覚え書き (2007/05/14)
アサヒライジングがマイペースに逃げ、馬場の内が荒れていたせいもあって内ラチから3~4mはガラ空き

逃げた馬が突っ突かれずに行けたら残るわな~

それでも◎キストゥヘヴンなら差せると思ってガッツポーズしかけたのに全く伸びず

東京コースは向かないのかな?
理想の競馬はキストゥヘヴンではなくコイウタにされてしまいました

コイウタは完全にハンデキャップホースだと軽視してしまいました
オーロCとダービー卿の結果から軽ハンデでしか勝ち負けは無理と思ってたので、55kgで走られてはお手上げ
三連単のトリでは買っていたんですが…

格下と見切ってただけに悔しくも無い
何回やってもコイウタ⇔アサヒライジングの連勝馬券は買えません。

枠連3―4か、4枠のゾロ目だと決め打ちしました
母の日はゾロ目がよく出るってオカルトがありますが、てっきり4枠のゾロ目だと思ってた(笑)

G1は初心者が取れるってのが持論ですが、枠連3―4と見せかけて馬連3―4で来ましたか
しかも新潟、京都のメインで立て続けにゾロ目が出た後の東京メイン

2―2ですか_| ̄|○

締切り5分前に4―4買い足ししちゃったのに…

まあ2着タイプの馬に勝たれてしまったんではどうしようもない

せめてもの救いは自信を持ってカワカミプリンセスを切れたこと。

2回終えて傾向が出てきましたね
1着コイウタは桜花賞3着馬
東京マイル戦で重賞勝ちの実績(クイーンC)があって、直前のレースで牡馬相手に連対していた

2着アサヒライジングは展開に恵まれたとはいえ勝ちきれないのはやはり
戦績に重賞勝ちが無いためか?
牝馬限定戦しか経験していないためか?

3着デアリングハート
これも桜花賞3着馬
府中牝馬Sの勝ち馬で、やはり東京コースでの重賞勝ちの実績があった
休み明けを叩いて2戦目の理想的な臨戦態勢でした

これで2年連続して6番枠が1番人気背負って飛んでます(来年はどうなるか?)

◎キストゥヘヴン/ヴィクトリアマイル (2007/05/13)
第2回目のG1レースですから傾向が掴めません


しかしながら古馬牝馬の春の最大目標になるであろうレースということはわかります


昨年は牡馬相手に好勝負を繰り広げてきたダンスインザムードが勝ちました
2着以下は4歳馬が独占の形
1番人気のラインクラフトの敗因は距離の壁と臨戦課程だとワシは考えています


古馬牝馬の定量マイル決戦ですから実績馬、強い馬が勝ちます


奇しくもG1勝ち馬が3、4枠に集中しました
いつもながらのデキ過ぎの枠順です
もちろん1番人気はカワカミプリンセス
6戦5勝の強い馬です

では強い馬がいつも勝つのかと言えば、そうでも無い
強い馬でも負けることはある


エリザベス女王杯でカワカミは負けました
勝負に勝ってJRAに負けました


[実質6連勝]なんて言葉に惑わされてはいけない
競馬ってのは興業主が認定しなけりゃ勝たせてもらえないんです



ワシらは馬主でもなければ、厩舎関係者でもない
大事なのは馬券になったかならないかです

JRAから勝ち馬であることを拒否された馬から勝負しようなんて思わない
カワカミが次に勝たせてもらえるのは今年のエリザベス女王杯と思ってます


臨戦態勢にも疑問があります、帰厩した時には馬がガレてたそうで、馬体を戻しながらの調整だったようです
西浦師は最終追い切りの後に『完璧!』と言ったそうですが、厩務員は追い切り前のインタビューで
『昨秋の7・8分のデキで出せれば…』と答えています

どちらの言うことが本当かわかりませんが、圧倒的に人気集める馬ですから重箱の隅をつつきたくなる

主戦騎手だった本田でさえ
『乗り難しい馬』と言ってる馬にテン乗りで武幸四郎です、幸四郎がダメだとは思わないが、過度の期待ができない騎手であることは間違い無い


新設2年目のG1で傾向がわかりませんが、昨年の勝ち馬も2着馬も牡牝混合戦出走戦歴がありました


3歳秋のエリザベス女王杯以後は牡馬に揉まれてきています
ヴィクトリアMの勝ち馬に求められるのは牡馬との対戦経験かも知れない




古馬牝馬(おばはんの日本一)の頂点を極めようかって馬が男を知らないでいいのかな?




◎はキストゥヘヴン

G1は狙って奪るものと思ってます
ハイレベルの明け4歳牝馬の唯一のマイルG1勝ち馬
昨年オークス以来結果を出せないでいますが、敗因は距離に求められます
オークス→セントライト→秋華賞→エリザベス女王杯と二千を超える距離ばかり

フラワーC勝ちはありますが、ベストはマイル戦のように思える
エリザベス女王後に京都牝馬Sでなく牡馬相手の東京新聞杯を使ってきたのはヴィクトリアMを見据えてのこと

56kg背負っての中山牝馬Sでの末脚は復調を感じさせましたし、横山典の連続騎乗3戦目
エリザベス女王杯以後はヴィクトリアMから逆算したかのようなローテーションです



ハイレベルの世代の桜花賞馬が不当に人気を落としているように思えてならない



不肖ダルマ、

秋華賞・エリザベス女王杯に続いて(中山牝馬Sも)敢然と本命視です。



○はフサイチパンドラ
3枠ならコチラ
この馬もエリザベス女王後の最大目標は牝馬のG1戦
JC後の使われ方は一見支離滅裂ですが、狙ってG1を奪りに来る白井厩舎らしい臨戦課程です
昨春は気性に難があって潜在能力を発揮できませんでしたが、強い相手、異なるコースを使うことによって心身ともに成長してきました

思えば昨年桜花賞で◎を打った馬、繰り上がり1着で終わる馬ではありません

▲スイープトウショウ
そりゃ5歳時よりは能力にも陰りはあるでしょうが、強いおばはんであることに変わりは無い
池添でなく武豊か、安藤が乗ってたらエアグルーヴやヘヴンリーロマンス級の結果を残せていた馬ではないかと考えてます
今回も大外一気でしょう、天皇賞(秋)よりはるかに軽いメンバーですから突き抜けておかしくないが、毎度のように2、3着も充分考えられる


馬券本線(馬単表裏)は上記3頭


◎キストゥヘヴン
○フサイチパンドラ
▲スイープトウショウ
△デアリングハート
注ディアデラノビア



自信度Aで予算は2万円と5千円



ヴィクトリアマイルの枠順 (2007/05/11)
いつもながらG1の枠順てのは面白い

ある者は内枠外枠の有利不利を感じ

ある者はサインは無いかと鵜の目鷹の目になる

先週のNHKマイルCで17番人気で14番ピンクカメオが勝った日の同日に京都メインで03年の勝ち馬ウインクリューガーが14番枠で出走、前日の新潟メイン新潟大賞典では06年の勝ち馬ロジックが14番枠で出走と
偶然にしては出来過ぎの枠番となってました

偶然と診る人には偶然でしかない
必然と診る人には必然です

[サイン]てのはそんなもんです。

さてヴィクトリアMの枠順ですが…

ひとつ質問しましょう

馬券を初めて買う女の子に
『1点だけ買ってみるなら何買ったらいいですか?』って聞かれたら、今回のヴィクトリアMで何を推奨しますか?

ワシなら3―4の枠連です。

3枠の2頭でG1を3勝
4枠の2頭でG1を4勝

他の枠でG1勝った馬はありません

[G1はG1馬の枠を買え]

天皇賞がものの見事に2頭のG1馬の枠で決まりました

ヴィクトリアMは3枠と4枠流しで当たります

但しガミるかも(笑)

ワシの枠順サイン読みはここまでです

この枠順で1―2や7―8など3、4枠を絡めない枠連を買うのは金をドブに捨てるようなものとだけ書いておきましょう。
ヴィクトリアマイルの下拵え (2007/05/09)
古馬牝馬のマイル女王決定戦ですから軸馬へのハードルは少し高いです

歴史の無いG1ですから消去馬項目は独断と偏見でいきます

☆重賞未勝利馬

☆G1レース未連対馬

☆G1馬以外で2戦続けて掲示板を外している馬

上記の条件にあてはまらない馬が連軸候補馬

★アサヒライジング
★アドマイヤキッス
★カワカミプリンセス
★キストゥヘヴン
★スイープトウショウ
★デアリングハート
★フサイチパンドラ

枠順確定後、以上の7頭の中から連軸決定します

※昨年1番人気3枠6番
ラインクラフト6着

3枠6番に福永か、あるいは桜花賞馬が入れば特注
◎ダイレクトキャッチ/NHKマイルC (2007/05/06)
混戦に輪をかけるように未明からの雨で馬場状態も流動的
例年と違ってマイラーで抜けた馬がおらず、前哨戦NZTも人気馬総崩れで評価できるのは勝ち馬のみです

その勝ち馬トーホウレーサーも府中のマイル戦となると全幅の信頼はおけず…

人気どころは皐月賞組ですが、過去に皐月賞使ってマイルCに連対を果たしたのはわずかに04年のコスモサンビーム(G1朝日杯勝ち馬)のみ

今年の皐月賞組ではわずかにローレルゲレイロがG1連対馬ですが、皐月賞が惜しい競馬とはいえ掲示板にも載れなかった馬が勝てるほどjpn1は甘くない?

トライアル組と皐月賞組がアテにならない時は別路線

◎はダイレクトキャッチ

共同通信杯の後は東京コースに照準を合わせて皐月賞を回避
フサイチホウオーをクビ差まで追い詰めた脚は今年の牡馬の一線級のモノ

休み明けですが調整放牧、ダービーを逆算しての仕上げだから目イチとは思いませんが、このメンバーで連対できないようではダービーは出走さえおぼつかない

鞍上の北村Jは京都なら割引ですが東京コースなら安心して見ていられる
自厩舎のイクスキューズを捨ててこの馬に賭ける北村Jに賭けてみます
強い馬なら雨は克服できるでしょう

○はイクスキューズ
データだけなら消しようが無い
唯一の東京コースのマイル重賞勝ちはこのメンバーなら牝馬といえど互角です
桜花賞→オークスの路線を捨てたような印象ですが、過去にもラインクラフトの例もあり牝馬の一線級なら牡馬のレベルによっては通用するのがマイルCです
桜花賞の末脚はこのメンバーなら充分通用します。
強行ローテですが使う度に馬体重が増えていますからデキ落ちは考えないでいいでしょう。

▲トーホウレーサー
デビューからダートばかり使って来て目立つ結果は残せていませんでしたが、初重賞挑戦で掲示板、距離短縮のNZTで控える競馬で2着以下を完封しました
走って無いから東京コースがどうか?だけで、走ってみなきゃわからん期待感があります
新馬から20kg以上体重を減らしての好走はようやく絞れて本物になってきたということでしょう
雨で後続がまごつくようなら突き抜けがあっても驚けない

△ピンクカメオ
桜花賞は惨敗でしたが1月以来のぶっつけでG1では致し方無い
血統からはマイルはギリギリでしょうが、それだけに桜花賞は捨てゲームでここ狙いという感も捨て切れない
桜花賞から直行は過去に良績アリです
牡牝混合の菜の花賞勝ちもありますから人気と比較すれば、蛯名Jから内田博Jなら鞍上強化ですから押さえておきたい1頭です

注ローレルゲレイロ
皐月賞最先着馬で銀メダルコレクター
押し出された1番人気なだけにアテにはできないがどんなレースになってもいい脚使ってます、三連系の馬券には加えておきたい1頭

◎ダイレクトキャッチ
○イクスキューズ
▲トーホウレーサー
△ピンクカメオ
注ローレルゲレイロ

馬券は単勝と馬連主体で押さえに三連複のボックス

自信度Bですから御予算は6~9千円です(流動的)
◎ナスノストローク/新潟大賞典 (2007/05/05)
G1の谷間のローカルハンデ重賞戦で難解なメンバーがそろいました

ハンデ重賞戦ですからハンデ比較してみます

既に重賞勝ってる馬は57kgですね
ダンスインザモア
マイネルレコルト
エアセレソン
ヴィータローザ

ひとつ重賞を勝ったばかりにハンデ重賞戦では57kgを背負わされます
このテの馬は単勝が買いにくいタイプ

ハンデG3戦ってのは一流ハンデキャップホースへの登竜門(笑)

ここが重賞初制覇って馬を狙わないといけない

ハンデ吟味したら
シルクネクサスが中京記念2着時と同じ斤量です
55kgならハンデ重賞で2着に来れる斤量ってことです
連軸にはいいんですが、勝ち切るかと聞かれたらわからない

単勝狙ってみたい馬は2頭
ダンスインザモアが蛯名から松岡へ乗り替りです

単純に考えて日本一の出遅れ野郎からの乗り替りですから2kgくらい斤量でトクしたようなもんです
あとは新潟二千で切れるかどうか?

もう一頭はナスノストローク
小倉大賞典で連対していないのに1kg増の54kg

ハンデ上げられたってことはJRAが強さを認めた証拠でしょう

間を開けて京都を1回叩いての新潟記念狙いは明白

不肖ダルマ

小倉大賞典に続いてナスノストロークから勝負します
新潟コースなら脚を余すことは無いだろう

◎ナスノストローク
○シルクネクサス
▲ダンスインザモア
△ブライトトゥモロー
注サイレントプライド

自信度Bで御予算6000円
◎タスカータソルテ/京都新聞杯 (2007/05/05)
恐ろしく貧相なメンバーが揃いました
重賞連対馬が1頭もいない

重賞に出走したことのある馬が5頭

1勝馬でも通用しそうですが、とりあえず[jpn2]ってことで強い馬に揉まれて来た馬でいきます

◎はタスカータソルテ
弥生賞の負け方は不可解ですが、京都・中京の2000M勝ち
特に福寿草は外から1頭違う脚色でした
直線平坦向きの馬と理解できる近二走ですから京都に変わって見直し

○サンライズベガ
1戦1勝馬でデータ的には不利なんですが、未勝利戦の勝ち方にキラリと光るものがありました、ちょうどレースを観ていたんだよね
遅れてきた大物であって欲しいという願望込めて○印

▲フェザーケープ
とりあえず前走特別戦勝ち

△クレスコワールド
福永で折れ合う

注フェルヴィード
並んだらしぶといみたい

わからんレースですわ
重賞じゃなけりゃ予想もしたくないレース(笑)

◎タスカータソルテ
○サンライズベガ
▲フェザーケープ
△クレスコワールド
注フェルヴィード

自信度Dで御予算3000円
NHKマイルCの下拵え (2007/05/03)
☆最終登録時騎乗者未定の馬
☆休養明けで前走複勝圏外馬
☆重賞実績(3着以内)が無い馬で前走NZTを掲示板外の馬

☆マイル戦以上の距離未経験馬

☆3勝馬で重賞未連対馬

☆前走が500万下勝ちで前々走連対を外している馬

☆NHKの受信料未納の馬

上記の項目に該当する馬を消して残ったのが12頭

★アサクサキングス
★イクスキューズ
★オースミダイドウ
★スズカコーズウェイ
★ダイレクトキャッチ
★トーホウレーサー
★マイネルシーガル
★マイネルフォーグ
★マイネルレーニア
★ヤマニンエクレール
★ローレルゲレイロ
★ワールドハンター

枠順決定後に連軸決定します


上記12頭は受信料払ってるんかい!ってツッコミは無しでお願いしますw



※覚え書き※

桜花賞8枠18番ダイワスカーレット
皐月賞8枠17番ヴィクトリー
天皇賞8枠16番エリモエクスパイア

8枠か、あるいは15番注意

京都新聞杯の下拵え (2007/05/03)
☆前走が500万下で連対を外している馬

☆1週前登録時に騎乗者未定の馬

☆前走未勝利勝ちの馬

上記に該当する馬を消して残ったのが

★クレスコワールド
★スズカコーズウェイ
★タスカータソルテ
★フェザーケープ
★ヤマニンエクレール

枠順出てから連軸決定します
ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2007. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。