負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
月別ログ_2007年04月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎エリモエクスパイア/天皇賞予想 (2007/04/29)
阪神大賞典が終わった時点では
[デルタブルースは天皇賞(春)ではアイホッパーに先着できる競馬をした]と感じました
休み明け、59kgを背負って直線行き場を失ってロスのある競馬でしたが、ドリパス徹底マークして交わしたアイホッパーに0.1差なら本番での乗り方ひとつで逆転は可能だと…

菊花賞のような乗り方をすればいいのですが…

よくよく考えてみたら菊花賞での競馬ってのは人気薄のノーマークが故に成功した奇襲戦法ではないのかという疑問がもたげてきました

早め抜けだしでアドバンテージを取って先着を果たす
スタミナが豊富なだけに後続にマークされていない馬が取れる戦法です
今回は岩田Jも角居Tもそういう戦法ほのめかしていますが、奇襲戦法ってのはノーマークでこそ成功します。

オッズ上では三強を形成する人気馬ですから後続からマークされるでしょう、デルタが動くとレースが動く

後続のマークを受けてなお勝ち切るほどの競馬ができるなら既にG1の二つや三つ勝ててます

メルボルンC勝ちはあるが、2着にはデルタの特色を熟知していたポップロックに頭差まで迫られました

今回は手の内がわかっている日本の馬が相手

デルタが勝ちを目指すなら4角前で動く
後続が無為にやり過ごすことはありえない

人気薄なら奇襲、人気背負ってれば単なる早仕掛けです

デルタは後続の差し馬に呑み込まれる流れを作ってしまいそうです

展開を考えれば考えればほどデルタに◎を打つのを躊躇してしまいます

G1馬が2頭出ています
G1レースはG1馬の入った枠がよく連に絡むってのがワシの経験則です

メイショウサムソンの3枠?

サムソンは買えない
大阪杯の相手は勝って当たり前の相手関係でしたし、転厩初戦で負けられないレースでした(2、3着はハンデG3クラス)

なにより昨年の菊花賞でズブズブ食らってます
いかに人気になろうと3200の天皇賞では1円も買いたく無い

同枠のアドマイヤタイトルって手もありますが[下拵え]で消えています
日経賞を差して4着は怖いんですが、データ上3000以上の距離経験の無い馬は買いたくない

残ったのがデルタブルースの8枠同居馬

エリモエクスパイアです

日経賞は折り合いを欠きました、ペースが落ち着くべき2角でインテレットに絡まれてペースアップ、連勝中のマツリダゴッホ横山典に早めに交わされるころには脚が残っていなかった

横山典は何故早めにまくりに出てしまったか?
ダイヤモンドSでエリモに騎乗していたのは横山典
53kgの軽ハンデでしたが東京の直線を早め抜けだして粘りに粘ってトウカイトリックのクビ差2着

横山典はエリモエクスパイアをつかまえるために日経賞は早めに仕掛けたのでは無いだろうか?
脚を余していなかったが、エリモは4角手前まで持ったままで来ていた
エリモを熟知する横山典が早めに潰しに行ってともとれる

3400でバテない馬なら3200もバテないでしょう
大外枠ですから揉まれて折り合い欠く心配も軽減されました

鞍上は逃げさせれば1流騎手の福永
いや、逃げなくてもいい

2、3番手で折れ合って3角坂下から早めに抜け出してスタミナに任せる競馬が理想
(昨年のオークスでのフサイチパンドラのような競馬)

[出し抜け]ってのは奇襲戦法ですから、デルタより先に抜け出してしまえば前が残る京都コースが味方します

後続がデルタをつかまえた時に先にゴールを切っているのはエリモエクスパイアかも知れません

デルタブルースもアイホッパーもメイショウサムソンも勝てないと思ってますから、狙うべきは4歳馬です

デルタの早仕掛けに乗って4歳の差し馬が来ることも考えられますが、マツリダゴッホには距離の不安、ネヴァブションには鞍上への不安があります

[G1馬の同居枠]
日本のG1は枠で買えってのがマイルール

不肖ダルマ

先週とは打って変わって自信度Dです(爆)

【歴史は繰り返す】
エリモジョージで親父・福永洋一が勝った昭和の天皇賞(春)に続き息子・祐一がエリモの勝負服で平成の天皇賞を征す競馬を観てみたい

奇しくも4月29日

[みどりの日]などと訳分からん休日にされた[昭和・天皇誕生日]が今年から[昭和の日]にリニューアル

サイン好きなら【昭和の日】に何かを感じなきゃいけない(笑)

エリモを買いながら【昭和】に想いを馳せたいダルマです

◎エリモエクスパイア
○ネヴァブション
▲トウショウナイト
△デルタブルース
注アイホッパー
注マツリダゴッホ

馬券は単勝・馬連と三連複が本線、三連単流しを少々

予算1万円でどう買いますかな?

スポンサーサイト
天皇賞の下拵え (2007/04/25)
週末に迷わないように過去の傾向から、ある程度の下準備

☆5歳以上で3勝以下

☆前走が非重賞戦で複勝圏外
☆重賞勝ちの無い馬、または3000?以上の重賞連対の無い馬

上記に該当する馬はすべて消し
残ったのは
★アイホッパー(7)
★エリモエクスパイア(4)
★デルタブルース(6)
★トウカイトリック(5)
★トウショウナイト(6)
★ネヴァブション(4)
★マツリダゴッホ(4)
★メイショウサムソン(4)

以上8頭が3着以内候補
快心の一撃2 (2007/04/22)
20070422194130
10万1点買ったのは何年ぶりだろう?

自信はあった

トウカイテイオーの皐月賞以来の自信ですよ

14時の時点で単オッズが2.3倍でした
銀行へ走って10万降ろして、そのまま阪神競馬場へ走りました(笑)

馬体重確認してから、複勝にしようかと迷ったんですが、10年に1度の自信度[特S]ですから単勝にブチ込んだ

外れたら単勝勝負は二度としないと心に誓って買った馬券です

たかが1.8倍の馬券当てて何を舞い上がってると笑われそうですが、今のワシには10万は貴重です
危ない博打を打てる境遇でも無い

それでも動かずにはおれなかった、買わずに後悔するよりも買って後悔しようと

心臓がバクバクする感覚を味わったの何年ぶり?

100円多点買いを楽しむのも馬券なら
分を超えた乾坤一擲の1点買いも馬券の醍醐味

秋山が直線向いて前が詰まった時には一瞬あきらめました、外に回して伸びてきた時でさえ届かないと観念しました

それが差し切ってくれた…

皐月賞を外して自信を失いかけていた1週間でしたが、勇気と自信を取り戻すために買った馬券です

毎日子供のために一日を過ごしてます
親だから当たり前なんですがフラストレーションも溜まる訳です
単に競馬だけでは無いですよ

明日を生きるチカラ

馬券で自信と勇気を取り戻すってのも情けない話ですが、他に取り柄の無い中年男なもんで(笑)

馬単馬券は予想に書いたから買ったまで
○以下の自信度は千円程度(笑)

今日は単勝がすべて
結果論として三連単買ってたら当たってたでしょう

しかし、今日はどうでもいい

自分の目を信じて買った馬券が的中した

満足です。

◎キクノアロー/アンタレスS (2007/04/22)
平安Sと違ってわりと堅めの決着が多いアンタレスSです
下拵えで残ったのは6頭でしたがアルドラゴンは騎乗者が決まっていなかった
しかも出走回避してます
残った5頭の中から4歳馬を中心に馬券組立てます

◎はキクノアロー
鬼より怖い安藤で

安易に安藤頼みかいって笑われそうですが

ハイそうです(笑)

◎キクノアロー
○タガノサイクロン
▲メイショウトウコン
△ワイルドワンダー
注トーセンブライト

◎キクノアローが3着は外さないとみて馬券は三連複流しを本線にして馬連まで

◎ベッラレイア/フローラS (2007/04/22)
ワシはラップタイム以前に自分の見た眼を信じる

まあ、ラップタイムを分析する能力も時間も無いからなんですけどね(笑)

ベッラレイアの新馬戦観て、桜花賞とオークスはコイツがブッこ抜くと直感しました

アーリントンC、フラワーC、クイーンSと除外を連続して食らって賞金加算ができなくて無理やり挑んだのが、すみれS

勝てると思ってましたが、牡馬相手の中距離戦、開幕週を後方から外回しては届かないのも仕方ないか

桜花賞は奪れませんでしたが、息の長い末脚はむしろ東京でこそ生きる

出走馬を見渡しても半数以上が1勝馬
桜花賞に出走したのはイクスキューズ唯1頭

勝つか負けるかの次元のレースでは無い

クイーンC勝ちがあって、桜花賞で1秒負けたイクスキューズにどれくらいの差をつけられるかが焦点です

前日単勝オッズは1.7倍でした

ワシ的には7割も配当がつくのか!って感じです

レースは生き物ですから何があるかわかりませんが

秋山が落ちさえしなければ勝てるレースです。

◎ベッラレイア
○ミンティエアー
△ホクレレ
注イクスキューズ
注ランペイア

馬券は単勝と馬単を4点
アンタレスSの下拵え (2007/04/18)
登録が43頭ですか…

消し甲斐がある(笑)

別定戦になって4年しか経ってませんから消し方も荒っぽいですが

☆前走がG2以下のレースで掲示板を外した馬

☆7歳以上

☆1800ダート戦未経験

☆1回登録時、騎乗者が決まっていない馬

上記の条件に当てはまる馬を消し

残ったのが
アルドラゴン
キクノアロー
タガノサイクロン
トーセンブライト
メイショウトウコン
ワイルドワンダー

連軸候補は上記6頭の中から決定します

皐月賞の反省とダービーで狙う馬 (2007/04/15)
完全に展開の読み違えでした
まさかヴィクトリーが単騎でスンナリ逃げさせてもらえるとは思わなかった

2角で先頭にたったらすぐに隊列が決まってあとは淡々と流れて3~4角でも後続有力馬は動かない
逃げてるのが近藤奥様の馬だから武は動けなかったのか?
安藤はハナから皐月賞は叩き台風の位置取りだし…

4角回って勝ちパターンのヴィクトリーに迫ったのはやはり先行して番手につけていたサンツェッペリン

完全に見切ってたから松岡が2着に来れる展開では悔しくもなんともない

悔しいのは若葉Sに目が行きながら注目したのが2着馬のサンライズマックスだったってとこ

昨年のフラワーC→桜花賞の二の舞いでした
力勝負で負けてた馬を◎にしてどうするって話ですね

ヴィクトリーは万全でなかった若葉Sを強い勝ち方をした馬
良化度を加味すれば当然狙わないといけない

順調さを欠いて、気性難の馬で折れ合いを欠くと思ってしまったミスです

◎サンライズマックスはさすがに狙いすぎ

今回は針の穴が通りませんでした。

ダービーへ向けて
フサイチホウオーは頭で買わないの決まりました

今日は下げてから後方一気の末脚に目を見張るものがありました
いかにもトライアル的な乗り方

が、馬体重はマイナス10kg

ダービー狙いにしては仕上げ過ぎではないかい?

着順からはジャンポケと同じ道を歩んでます
これでダービー勝つようなら二番煎じ

【歴史は繰り返す】とともに日本の競馬にはもうひとつ格言がある

【同じことは起らない】

ダービーではおそらく1~2番人気でしょうが、確信をもってダービー馬にはならないと思ってます

現時点でのダービー馬候補は
ココナッツパンチです

馬体重がマイナス14kgと聞いて時点で皐月賞は終わりました

ダービーでフサイチホウオーに勝てる馬としてはヴィクトリーとアドマイヤオーラがいますが、近藤家としては婦人の馬がクラッシック制覇して一丁上がりでしょう

アドマイヤオーラは武豊です
ちょっとダービー勝ち過ぎでしょう?

ココナッツパンチは皐月賞での敗因が明らかです
新馬勝ち直後の馬に今年の弥生賞は厳し過ぎた

ダービーで馬体戻してきたらの条件付きですが、もう一度見直してみたい

2戦目の弥生賞で見せたパフォーマンスは3歳牡馬のトップクラスであることを物語ってます。
◎サンライズマックス/皐月賞 (2007/04/15)
枠順の意図が読み切れない

JRAは、父・ジャングルポケットが3着に破れ、昨年もフサイチリシャールが複勝圏内から消えた1枠1番に4連勝中のフサイチホウオーを入れてきました

近年1枠1番で皐月賞を勝ったのは三冠馬ナリタブライアンまでさかのぼらないといません

ラガーレグルスの歴史的な膠着出遅れがあったように、この10年余り皐月賞で、取り消しあり、除外あり、出遅れありと、1枠1番は忌み嫌われた馬番です

馬の能力だけなら最内枠だろうと断然買いですが、最終追い切りの遅れ、不振の続く共同通信杯からの直行ローテーションと、切りたくなる材料もしっかりあるわけです

桜花賞でダイワエルシエーロの仇討ちをした管理人としてはジャングルポケットの仇討ちといきたいところですが、松田国師と関口オーナーの狙いはダービーにあるとしか思えないようなローテーションでは、積極的に買えない

掲示板には載ってくるでしょうが、今回は軸にしたくない馬です

◎はサンライズマックス
今年は弥生賞組が強そうですが、1、2着馬は少し外目の枠がどうなのか?
弥生賞が14頭立て
今回はフルゲートの18立てですから直線向くまで死んだふりのできる内枠の馬を狙いたい
中でも若葉Sで際立つ脚を見せたサンライズマックスに穴の匂いを感じます
レースレベルが抜けて高い訳ではありませんが、若葉Sのレースリプレイ見て惚れ込みました

G1では通用しないかも知れませんが、ワシ的には底を見せて無いようにも思える
人気馬で是非とも買いたいと入れ込む馬もいませんから、今年の皐月賞は人気薄の内枠差し馬で勝負してみます
高松宮に続いてサンライズ松岡オーナーってのもアリかな?(笑)

○はナムラマース
休み明けのラジオN賞で不利があってホウオーの0.2差なら叩きつつ調子上げてきての今回はホウオーに先着できると見ました

▲ドリームジャーニー
こちらも弥生賞で不利
先着した2頭と着差ほどの力差はありませんし、ビデオ見る限り中山のコーナリングが上手いです
同枠には[フェラーリ]がいて馬券初心者なら赤のフェラーリは目が止まります
G1は馬券の初心者が枠連で取れるレースってのがワシの持論
速い馬が勝つのが皐月賞なら赤いフェラーリの枠は外せない

△アドマイヤオーラ
注フサイチホウオー

【歴史は繰り返す】

競馬を長くやってると嫌でもそう思う
今回はジャングルポケットの負けた1番枠に入ったフサイチホウオーのレースぶりに注目が集まる皐月賞でしょうが、能力・臨戦態勢から父を超えるとも思えない

ならばこそ歴史は繰り返す

ジャングルポケットを破った皐月賞で勝ったのは
4枠7番アグネスタキオン

ワシが解いた枠順のマジックの答えです

◎サンライズマックス
○ナムラマース
▲ドリームジャーニー
△アドマイヤオーラ
注フサイチホウオー

勝負馬券はもちろん枠連(笑)枠連
4⇒4・3・7・1

皐月賞の枠順 (2007/04/12)
温故知新

昨年の皐月賞予想を読んでくやしいやらアホらしいやら

66回桜花賞が[キス・キッス馬券]で決着したのに続き66回皐月賞でもキーワードは【同じ】ってことで7枠ゾロ目を買ってました

ご丁寧に『フサイチ丼で決まったら泣きますが…』とまで書いてた

結果はメイショウサムソン⇒ドリームパスポートで決まって、一見的外れな見解でしたが…

1枠
1番フサイチリシャール
2番ドリームパスポート

3枠
5番メイショウサムソン
6番フサイチジャンク

枠連は見事なフサイチ丼でした(笑)
[G1の馬券は枠連で買え]ですな

皐月で【ムーン】かと思ってた1番人気の武豊アドマイヤムーンは馬券にもならない4着どまり
1枠と3枠の人気薄同士で決着して枠連配当は1000円なのに馬連配当は13980円と、詐欺にでもあったような結果でした

さて、昨年の枠連フサイチ丼から導き出される今年の皐月賞は?

ご丁寧に今年もJRAは難問ふっかけて来た

1枠1番フサイチホウオー
(昨年・フサイチリシャール)
7枠15番アドマイヤオーラ
(昨年・アドマイヤムーン)

枠順が抽選ってホンマかいな?

デキ過ぎでっせ!(笑)

快心の一撃 (2007/04/08)
20070408234800
3年前のダイワエルシエーロの忘れ物を取り返した気分です

単に馬券が当たっただけの嬉しさではないね

競馬の面白さが、ここにある

JFの時には桜はウォッカて決まりと思ってました

ベッラレイアのデビュー戦を見て
(いや、桜はこっちだ)とも思い直した

ダイワスカーレットが桜花賞を勝つイメージはチューリップ賞が終わってからは微塵も無かった
安藤の連覇もどうかなって思ってましたが、枠が出て一気にスカーレットに魅かれた

このあたりは理屈ではないよ

コース改修したとはいえG1のフルゲートで大外枠ってのはやっぱり不利です

3年前にダイワエルシエーロで勝負していなかったらスカーレットからの馬単は買わなかったでしょう

馬単18―14 5000円
三連単は
18―14―15 2000円
18―14―4 2000円
複勝4番 1000円w

ワシの◎は勝つよりも2着になることが多いから馬連で買うのが正解なんですが、流石にG1で2倍台の馬連買う気はしませんから今回は乾坤一擲の馬単です

三連単と複勝外したから1万が5万になっただけで快心とはおこがましいんですが、桜花賞を◎○で的中できたのが嬉しい

オークスへ向けてモチベーションが上がりましたよ~(笑)

◎ダイワスカーレット/桜花賞予想 (2007/04/07)
馬の実力から言えばウォッカです
素直になれば◎はウォッカに打つべきでしょうが、枠順が出て気が変わりました

18番枠のダイワが本命

思い起こせば3年前の桜花賞で、勝つであろうと◎を打ったのがダイワエルシエーロ

改装前の阪神競馬場のフルゲートのマイル戦で致命的ともいう大外18番枠に入れられて撃沈しました

同じダイワの馬をまたもや18番枠に入れて来たJRAの思惑は何か?
歴史は繰り返すとみればダイワスカーレットは1円もいらない

しかしワシは改装後最初の桜花賞に敢えて18番枠に入れられたダイワを買ってみたい

チューリップ賞はウォッカに完敗でした
脚を計るとみて差し損ねもあるかと思ってましたが、小細工無しの横綱相撲でダイワスカーレットを叩きのめしたレースっぷりです

脚を計ったレースをしたのは安藤ダイワでした
4角先頭に立ってからウォッカが来るのを待って追い出した
安藤は並んだら勝ち目が無いことはチューリップ賞で解ったはずです
4角で待たなくても差し切られたかも知れない
軽く追っただけのウォッカと鞭入れながら懸命に追うスカーレットとの力量差はありありです

本番で安藤がどう乗るのかはわからない
少なくとも同じ位置から追い出したのでは勝てないことは解ってます

強い馬が勝つのが競馬ですが、ダイワスカーレットも弱い馬では無い

不肖ダルマ、
名手・安藤のひと工夫に賭けてみたい

下馬評通り3頭の競馬で終わる気がしていますが、3強レースってのはえてして1頭が崩れることが多い

穴中の穴なら勝負づけの終わった馬よりも未知数の馬を

桜花賞は何年も前から阪神コースを経験したことのある関東馬が複勝の穴を出してきました
阪神コース経験済みの関東馬は
ショウナンタレント
クーヴェルチュール
イクスキューズ
ピンクカメオ
フローラルカーヴ

このうちの重賞勝ち馬はいらないし、ローテーションのおかしな馬も買いたく無い

3着穴候補には
クーヴェルチュール
フローラルカーヴ

◎ダイワスカーレット
○ウォッカ
▲アストンマーチャン
△クーヴェルチュール
注フローラルカーヴ

◎コイウタ/ダービー卿CT予想 (2007/04/01)
下拵えで残った5頭から
インセンティブガイ
コイウタ
サイレントプライド
デアリングハート
の4頭が出走してきました

ここがヴィクトリアマイルへの叩き台のデアリングハートは割引です

実質3頭

この中ではコイウタに食指が動きます
注目したのは4走前オーロC
53kgの軽ハンデで2着に来てます、その後は別定戦55kgで凡走続き

コイウタは別定戦では通用しません、戦歴・戦績から明らかにこのダービー卿を狙って来てます

[重賞は狙って取るもの]
[弱い馬でも勝てるのがハンデ戦]
ってのがワシの予想の根幹です

松岡に乗り替って2戦目の53kg、、癖もつかんで中山マイル戦で絶好の内枠
ここで狙わないでいつ狙う?
4歳馬が毎年連絡みするレースですからサイレントプライドかとも思いましたが、案外人気です
昇級戦で人気になる馬ってのはまず来ません、中京記念がいい例(トウショウパワーズ)
消去法から残った4歳馬で買ってみたいのは断然コイウタです

◎03コイウタ
○08インセンティブガイ
×07デアリングハート
×13ダンスインザモア
×10ピカレスクコート
×15ニシノデュー
×02サイレントプライド

馬連・ワイド3―8

三連複軸2頭流し
3―8⇒7・13・10・15・2

ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2007. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。