負けても終わりではない、あきらめたら終わりだ。
月別ログ_2006年11月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャパンカップ予想 (2006/11/25)
競馬の面白さってのは1年を通して楽しめるところにあるんじゃないだろうか

金杯から始まって有馬記念で1年の競馬が終わる

2歳戦は春のクラッシックに向けて佳境に入りますが
一般の馬券ファンとしては、やはり金杯から有馬記念

その締めの有馬記念へ向けての大事なレースがジャパンカップですが、
この1年を物語風に読むと、牝馬の予想が好きなワシとしてはやはり★フサイチパンドラが印象に残ってる

桜花賞でオークスまで見越して◎を打ちましたが、桜花賞は失速、オークスは最終的に印落として本線的中とは行きませんでした

ワシは馬券を名前で買うことがあります

《フサイチパンドラ》

開けてはいけないパンドラの箱からの命名かと思います

桜花賞では開かなかった

オークスでも開きかけて結局は開かなかった

開かれることは無かったはずの秋華賞で無理やり開いてしまいました

開けられてはこの世に厄災をもたらすパンドラの箱

ジャパンカップに出走してきました

1度開けられたなら災いがおこっても不思議ではない

今年のJC

ディープインパクトが勝つでしょう
東京コースならハーツクライには負けない

凱旋門賞で差されたとはいえ世界を相手に勝つ競馬をして僅差の3着の事実は失格になろうと、その実力は証明されました

勝つはディープインパクト

しかし◎にはフサイチパンドラ

3歳牝馬が来るのかい?と思う?

詳細は省きますが、JCDには外国馬の出走は無かった

無いから馬券にはなりません

今回のJCには2頭だけの参加です

外国馬の入った枠が二つある
ワシの法則には
【同じファクターを持った枠が二つあれば、そのうちの一つが連対する】というのがあります

オカルトですね
根拠は無に等しい
外れる時もあります

今回は《外国馬》の枠で行ってみようと思います

JCDでは外国馬枠は無かった

ならばJCで狙ってみる

ディープの相手はウィジャポートかも知れません

しかし、ワシはあえて物語にしてみたい

もう1頭の外国馬と同居したフサイチパンドラ

本命党に災いをもたらす厄災の馬(笑)

繰り上がりでもG1馬です
枠順を見た瞬間に決まりました

時には新聞なんかいらなくても予想ができるのがG1のいいところ

不肖ダルマ

忌明けの一発はフサイチパンドラで勝負します

◎フサイチパンドラ
○ディープインパクト
×ハーツクライ
×ウィジャポート
×スウィフトカレント

◎○の馬連とワイドが勝負馬券

三連単・複はもちろん◎○から

明日はいいドラマが見れるといいな
(予想になってないw)
スポンサーサイト
ジャパンカップダート (2006/11/25)
買いません

わかりません

だから予想しません(笑)

ていうか考えてる時間が無い

日曜のJCは決まってます
今夜フェリーで原稿書きます

もちろん《Dの法則》で(爆)
マイルCS予想 (2006/11/19)
人気は天皇賞馬ダイワメジャー

ようやくG1で1番人気を背負います
だいたい天皇賞で4番人気だったことが不思議で仕方無い
天皇賞上位人気馬の中で《有資格者》はダイワメジャーだけだったことを思えば[人気]というものの頼りなさといい加減さよく解る

毎日王冠と天皇賞を連覇してようやく堂々たる1番人気ですが・・・

人気で期待を裏切り、人気薄で激走するタイプの馬って不思議といますね

いや、不思議でもなんでも無いんですけどね
競馬全般そういう傾向です

2倍台の単勝1番人気で勝つのと人気薄で勝つのと馬券が買える貴方が馬主ならどちらが嬉しいですかって話です

馬主だけではない
その馬に関係する人にとっては人気にしっかり応えて勝つのがもちろんですが、人気があるよりは無いにこしたことは無い

ダイワメジャーはまさに教科書通りの勝ち方をしてきた馬です

断然の1番人気が予想される今回は一番単勝を勝ってはいけない馬ということです

株価といっしょ
人気になってから追いかけてるようじゃ利益は薄いし、売り時間違えて大損こくのが関の山

よしんば勝たれたらしょうがない
今回きりの損で済む

吉岡司じゃないけれど
今回のマイルCSで1番買ってはいけないのがダイワメジャーの単勝です

さてダイワの単勝を買ってはいけないってことは1着は2番人気以下の馬ということになる

ダンスインザムード?

武豊に乗り替ったとはいえダイワメジャーと同じ路線歩いてきて2戦共にダイワより下の着順だった馬の単勝は買う気にはならない(笑)

それに今回が引退レースと言う話もある
牝馬の引退レース買うべからずって格言もありますから今回は切ります

ハットトリックは昨年の勝ち馬ですが、昨年のマイルCS以降の成績が惨憺たるもの

人気薄なら美味しい単勝ですが、掲示板にも乗れなくなった馬はちょっと頭では買いにくい
昨年の勝ち馬で京都マイルで飯を食ってきた馬ですからおろそかにはできませんが、ワシは頭では買いたくない
ていうかキャロットの連覇は無いと診てます。

では外国馬のコートマスターピース?

日本で種牡馬入りが決まってるそうです
日本の馬場でのG1タイトル引っ提げて種牡馬入りが理想でしょうが、既に買い手のついてる馬で、ここで目一杯の競馬して故障でもしたらエライこと

能力上位はJRAのレイティングからも明らかで
鬼より怖いデットーリ騎乗も魅力ですが、ワシは外国馬を◎にするのは懲りてます

では◎は何か?

さっぱりわかりません
┐(´ー`)┌

天皇賞組、外国馬買えないとなると狙うべきは3歳馬

◎はキンシャサノキセキ

もはや奇跡を願うしかないね(笑)

狙える材料としては南半球生まれのマル外ということ

春の成長が半年遅れの馬にしてはNHKマイルCで3着に食い込んでます

夏に成長したとみえて、開催週こそ違え前走はスワンSより時計が速い

時計勝負になっても対応は可能でしょう

重賞も勝っていない馬をG1で◎打つのはスタイルに反しますが・・・

なぁに、マイルCSなんてのはB級のG1

1枠1番に外国馬が入ったってことは[外国馬]の暗示ともとれる

不肖ダルマ

今回もオカルトまがいの予想で攻めてみる
迷った時は名前で買え(笑)

どうかひとつ

奇跡を起こしてくんなさい。

ワシのために(爆)

◎キンシャサノキセキ
〇ダイワメジャー
△ハットトリック
注コートマスターピース
×マルカシェンク

馬券はキンシャサノキセキかの馬単と三連単フォーメーションを買います

馬単
◎→〇△注(3点)

三連単フォーメーション
14→01.08.10→01.08.10.15 (9点)

神の見えざる手 (2006/11/17)
今年のエリザベス女王杯は、なんとも後味の悪い結末でした

久々に『やられた』と感じたもんだ

前日から怪しかった

前日は11月11日

きれいに1が並んだゾロ目の日

京都メインがメイショウ丼
東京メインがマイネル丼

こじつけのサイン屋さんもビックリの10年に1度有るか無いかのゾロ目デーでした

いつも後から気がつくんだよね(笑)

明けて12日エリザベス女王杯デー

14番ヤマニンメルベイユが取り消したから何かあるかと思ってたら
福島メインで勝ったのが5番人気14番ブランネージュ…

あわててオーロCのM単投票を14番に変更したら柳の下に二匹目は居なかった(爆)

サイン派も大変ですよ
先見の明が無いと通用しませんな

無敗の女王が降着食らって繰り上がり1着が開けてはいけない禁断の【パンドラ】とはデキ過ぎです

稀代のスピード馬サイレンススズカが故障した天皇賞で勝った馬が
【オフサイドトラップ】だった時も震えが来たものです

競馬には筋書きはありませんが
《神の見えざる手》が有るんじゃないかと思い始めたのは【サンドピアリス】のエリザベス女王杯

なんであの馬が勝てたのか?今もってわからない

今でこそ、Mの法則にダート→芝変わりで激走ってのがありますが、そもそも900万下の平場戦を勝てなかった馬がいきなりG1勝つんですからダート→芝、だけでは片付けられない問題です

サンドピアリス

馬主は前年に北海道・日高の中小牧場が集まって社台に対抗しようとして設立されたヒダカブリーダーズユニオンのクラブ組織

ユニオンオーナーズクラブです

サンドピアリスが勝ったG1エリザベス女王杯を
『100回やり直してもコイツは買えない…
なんでサンドピアリスなんだ?』と思いながらテレビ観てた

表彰式で童顔の勝利ジョッキー岸滋彦のインタビューが映される後ろではためく旗を見て
『アッ!これか…』と愕然としました

画面に映し出されていたのはエリザベス女王の英国旗

ユニオンジャック

ユニオンオーナーズクラブ1期生としてクラブの存在価値を高める役割を背負って生まれたG1馬です

こじつけと思う人には理解できないでしょうな

エリザベス女王⇒英国⇒ユニオンジャック⇒ユニオン

これがワシの感性

競馬はラップ分析だろうとデータの積み重ねだろうと、パドック眼力があろうと予想は当たる時もあれば外れる時もある

サインもしかりです

いや、サインなんてものは存在しない

思い込みです

極端に言えばエセ宗教みたいなもんです

信じる者だけ救われる(笑)

ただ・・・

後付けがあるなら先付けを見つければ馬券は1点で的中できる

ワシは1点的中を追い求めるから思い込みで馬券を買う

厩舎作戦・攻め馬・展開・パドック・馬場状態・前走比較・語呂合わせetc…

ワシが取り込める情報すべてを分析して1着、2着馬を読み切る

最終決断にオカルトを多用する癖はありますが(笑)

1200M以上の距離を走ってハナの差で勝負が決まるんですから、そこはもはや神の領域

馬券の理想は◎○の1点的中です

今年の天皇賞(秋)の予想は○◎で決まりましたが、ワシ的には失敗予想です
2週連続クラブ馬が基幹G1を勝てる筈が無いのに…

詰めの甘さなら日本一かよ(笑)

肝心なのは自分の予想スタンスを確立すること

サンドピアリスは読めない

しかし配当が出たからには的中させた人間がいるってことです

エリ女もしかり
ワシの中では勝つ馬はカワカミプリンセスかキストゥヘヴン以外考えられなかったし、スイープトウショウの連絡みもありえなかった

降着になって確定着順は狂いましたが、予想のスタンスは、そう間違ってなかったと思ってる

間違えたのは読みです
カワカミプリンセスに無敗で3冠目を与えないという
【神の見えざる手】を読み切れなかった

ワシはG1ってのは大手の馬主が持ち回りで勝つものだと思ってる
稀に無名の馬主の馬が勝つこともありますが、
やはり投資に見合ったリターンがあるべきです

牧場主が馬主の馬が1年に三つもG1を勝てると思うのが間違いなんだよね

ディープインパクト級の馬が毎年現れたんじゃ馬主はたまったもんじゃない(笑)

競馬はギャンブル

しかし、出走全馬に勝つチャンスがあると思ってちゃいけない
全馬に勝つチャンスがあるのはG1未満のレースです

少なくともG1においては、どんなに人気しようが勝ってはいけない馬が存在するレースがある

そういう意味ではG1ってのは予想が面白いレースです

不肖ダルマ

今週も能書き垂れながら【神の見えざる手】に挑みます

 
エリザベス女王杯予想 (2006/11/12)
人気面では5戦無敗の3歳女王カワカミプリンセスと昨年の勝ち馬スイープトウショウとの一騎打ちの様相ですが、今年のエリザベス女王杯はこの2頭では決まらないように感じています

危険な人気馬はスイープトウショウ

昨年と似たローテーション、天皇賞5着からエリザベス女王杯へ
昨年勝ち馬ってのは翌年も連対するってのが基本なんですが、それでも今年のスイープには危険な香りが漂います

昨年は毎日王冠→天皇賞→エリザベス女王杯と3戦共に馬体重に大きな変動が無かったが、今年は京都大賞典が470kg
天皇賞が前走比-12kgの458kg

栗東から東京へ輸送をかけて-12kg、更にレースをしてから輸送して帰っての中1週でのG1

競争馬ってのは消耗品です

昨年と同じ体調でエリザベス女王杯に挑めないのは明らか

いかに実力馬であろうとも競争馬は(牝馬は特に)体調が命
この秋のピークが京都大賞典と仮定すれば、今年のエリザベス女王杯はスイープ本来の走りが見れないかも知れない

確信とまでは言えないが、感性からはスイープ無印の予想をしてみます

さて、かたや5戦無敗のカワカミプリンセス

西浦師にとっては秋華賞は過去にテイエムオーシャンで勝っています
この秋、カワカミプリンセスで狙うのは取り逃したエリザベス女王杯のタイトル

秋華賞は4角手前から動いて自ら先行馬を捕まえて突き放す横綱相撲の競馬っぷり

ちょっとモノが違いますね

陣営の青写真どうり(以上かも?)に順調に来れたカワカミプリンセスが連から外れるシーンは想像できない

世代交替の意味も含めて鉄板の○進呈です

勝負の◎はキストゥヘヴン

秋華賞は完敗でした
4角までモタモタ、直線も内を追い上げましたがエンジンがかかる前にゴール

位置取りとコース取りも不満ですが、なによりもフラワーC、桜花賞と連勝していた時は共に418kg

秋初戦は本番秋華賞への輸送減りを考慮して東のセントライト記念
442kgは成長分を含めても明らかに太めの秋初戦

ひと叩きして満を持して挑んだ秋華賞は436kg

数字上もレースからも春からの成長分を考慮してもまだ若干太めが残ってるようなモタつきぶりでした

4戦目で初勝利をあげたところから叩いて、叩いて良くなるタイプ馬のようです

再度の西下でどこまで絞れてくるかが問題ですが
2冠馬カワカミプリンセスを破る馬がいるとすれば
《桜花賞馬》をおいて他に無い

不肖ダルマ

もう一度桜花賞馬から勝負します

今年の3歳馬のレベルが高いと言われていますが、ならばその世代の桜花賞が弱い訳が無い

◎キストゥヘヴン
○カワカミプリンセス
△ディアデラノビア
注シェルズレイ

天皇賞(秋)来年へのメモ (2006/11/03)
外枠発走
1枠2番カンパニー

出走取り消し
3枠6番トリリオンカット

サンデーサイレンス産駒3連覇
ページ上部に戻る▲
マルチの帝王  © 達磨 2006. (http://darumapapa.blog10.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。